読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大東文化大学外国語学部の偏差値、難易度は?評判は高い!センター利用のボーダーは中国語学科が受かりやすい

【スポンサードリンク】

大東亜帝国の中でも中堅という感じでしょうか?結構、人気のある大学だと思いますが、大東文化大学があります。ここは偏差値でいえば50弱くらいになるかと思いますが、学部によっても結構違いがあります。特に外国語学部はちょっと有名かもしれません。外国語学部は女子学生に人気ですし、設置している大学がそこまで多くありませんから。そうなると、当然外国語学部を受けにくる学生も多くなるでしょう。大東文化大学の外国語学部は英語学科、中国語学科、日本語学科の3つがあります。日本語学科があるというのはやや珍しいですが、人気はやはり英語学科になると思います。でも、大東文化大学の英語学科や日本語学科は偏差値が中国語学科に比べて高いです。中国語学科は相対的にやや低いんですけど、この2つは学部内ではやや高い印象ですね。大東文化大学の難易度は特にセンター利用入試のボーダー、最低合格点を見れば1番分かりやすいと思います。大東文化大学のセンター利用のボーダーは英語学科が60%強くらいです。日本語学科は前期A~C方式までありますけど、55~65%くらいで、日程によって合格の難易度が変わります。大東文化大学国語学部は学科によって倍率も違います。

 

一方、大東文化大学国語学部の中国語学科はセンター利用のボーダーは前期A~C日程の全てで約4割ほどで合格となっており、難易度が明らかに違います。ちなみに英語学科のセンター利用は日程は1つしかないようですが。大東文化大学国語学部の中国語学科は偏差値や難易度では大分差があるので、大東文化大学国語学部の中では1つ狙い目の学科になるのではないでしょうか?外国語学部は自分が学びたい言語によって学科を選ぶケースが多いと思うので、あまり受かりやすさで選ぶケースは少ないかもしれませんけど、今や中国語は英語に匹敵するほど不可欠な言語になりつつあります。大学に入学すると第二外国語というのをとる機会があると思うんですけど、中国語は人気ですね。中国語は決して簡単ではないと思いますけど、中国語を選択する学生の割合は非常に高いです。それは将来のことを考えてのことだと思います。就職後に海外で仕事をする機会があれば、英語圏の国以外だとやはり中国が筆頭候補になると思いますから。

 

そういったことも見据えて中国語人気が高まっているわけですけど、第二外国語の勉強のみで中国語が身につくとは思えず、継続的に自分でも勉強をしていかないといけないでしょうから、第二外国語でどの言語を選ぶか?というのはあまり重要ではないのかもしれません。一方、大学の専門領域の中で中国語を選べば、それは4年間を通じて学習していきますし、何よりも大学での中心の学問として中国語を、または中国について学ぶわけですから、これは真面目にやれば有る程度は身につくと思います。完全に中国語が初心者という方も多くいるでしょうし、4年間ガチで勉強をすれば、ペラペラになるのは難しくても、自分の英語と同程度のレベルには持っていける可能性はあるのではないでしょうか?一方、大東文化大学国語学部で英語学科に入る学生は、すでに高校までに英語をかなり勉強しており、その下積みがあるので、それに上乗せして勉強をしていければ、さらなる成果になるでしょう。どの言語よりも1番勉強時間が長いはずですから、現時点でもそこそこ話せる人はいると思いますけど、さらに4年間真面目に勉強すれば、それは人並み以上の英語力となり、就職などでも受ける業界やアピールの仕方によっては有利になるかもしれないのです。

 

国語学部に入ると、英語学科や中国語学科はそれなりにメリットが大きいということになります。大東文化大学国語学部は偏差値が50程度だと思いますから、可能性としては大きいでしょう。難易度もそれほど高くないと言えると思います。問題は受かるか?どうかなので、大東文化大学国語学部に入りたい、受かりたいという方はまずは入試科目を調べておきましょう。学科によって、または日程によって必要な科目が違うので、自分はどれを受けるのか?を考えながら、必要な科目はどれか?どこまで伸ばしていければ良いのか?を分析しながら勉強をしていきましょう。大東文化大学国語学部の入試科目は全学部統一入試の前期日程、後期日程や一般入試それぞれによっても変わりますし、英語学科、中国語学科、日本語学科によっても違ってきます。3教科もあれば、2教科もありますから、選び方1つで本当に合否が変わると思います。大東文化大学国語学部は全学部統一入試と一般入試で偏差値や難易度も微妙に違いますからね。

 

そして、大東文化大学国語学部の評判はどうか?というと、これは在学生や卒業生の声を調べると出てきますが、例えば教えてくれる講師陣が経歴が良くて、ネイティブも多く、学びやすい、やる気が出やすいという意見もありますし、比較的少人数で学ぶ機会が多いので、勉強する環境としても良いというものがあります。語学系の学部はゼミなど、少人数で学ぶ機会が割と多そうですからね。英語にしろ、中国語にしろ、日本語にしろ、しっかりと勉強したいと思っている人にとっては過ごしやすい大学になるのではないでしょうか?知名度もありますから、大東文化大学は就職のときに不利になることも多くないと思いますよ。いくつかある学部の中でも大東文化大学国語学部は勉強しやすい環境として評判も良いですから、受かりたい方はセンター利用ボーダーや割合がそこまで高くないので、センター試験で合格を狙ってみてはどうでしょうか?大東文化大学国語学部は倍率はそこまで高いわけではないので、可能性は十分あると思いますよ。

 
あわせて読みたい記事