読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

武蔵野大学の難易度、レベル、評判は上昇傾向!雰囲気も素敵で人気の大学

【スポンサードリンク】

武蔵大学とよく間違えられる大学ですが、武蔵野大学があります。大学名がややこしいので、混同するケースも多くあると思いますけど、偏差値がやや伸びてきているのが特徴でもあります。武蔵野大学は学部も最近増えてきていて、学生のニーズを満たした学部を設置して、今の社会に合った大学ということも言えるかもしれません。武蔵野大学はキャンパスが有明にあるのですが、あのフジテレビの本社があるお台場が近いです。したがって、割と都心に近い環境が魅力の1つになります。有明の街は独特の空気がありますからね。武蔵野大学のキャンパスの雰囲気もそれを受け継いだものとなっているのではないでしょうか?武蔵野大学の偏差値は最近上がってきて、全体では50~53か54くらいでしょうか。武蔵野大学は難易度が上がってきているのです。武蔵野大学は学部によっては日東駒専並の偏差値のところもありますからね。武蔵野大学では特に教育学部とグローバル学部の偏差値が高くてニッコマレベルにかなり近いです。理系だと看護学部も高いですね。武蔵野大学の難易度は近年かなり上がりつつあり、人気の大学の1つになろうとしています。その人気の理由の1つにはキャンパスの立地がそれなりに優れているという点も上げられるでしょう。

 

武蔵野大学のキャンパスはメインは有明キャンパスになります。有明にキャンパスがあるので、周囲の街全体がかなり開発されており、近代的な都市を印象付けています。言葉では言い表しづらいですけど、国際的な雰囲気も感じて、かなり先進的な街の中にキャンパスが存在している感じです。敷地の中もかなり広いように見えますし、綺麗ですね。有明キャンパスは文系学部を中心にほとんど学部の2年生以上が学びますが、本当にフジテレビの本社に行くような感覚です。最寄り駅はゆりかもめ国際展示場正門駅で、そこから徒歩6分なので、割と通いやすいでしょう。あと、りんかい線国際展示場駅からでも徒歩7分となっていますから、どちらでも利用可能です。あとは東京駅からも武蔵野大学駅前まで行くバスが出ているので、それに乗っていくという方法があります。東京駅ならば、JR山手線、東京メトロ丸の内線などが使えますから、こちらの方がアクセスはしやすいということも言えるかもしれません。しかし、東京駅からだと30分程度かかるとされています。あと、1年生のときには武蔵野キャンパスに通うことになりますが、こちらは成蹊大学の吉祥寺キャンパスに近いですね。吉祥寺駅三鷹駅からバスが出ているので、それで通学している学生が多いです。

 

キャンパスが有明だと、周囲に遊ぶ場所があるのか?どうか気になるかもしれませんが、東京駅までバスで直通ですから、そこまで行ければ渋谷、新宿、池袋、上野、恵比寿などなど、都内の主要駅へも楽にアクセスできますから、非常に立地的には優れている、多少時間はかかりますけどね。有明の近くにもお台場があるわけですから、楽しめるとは思いますよ。武蔵野大学有明にキャンパスがあるということと大学全体の偏差値やレベルが上がってきているということが1つ言えると思います。武蔵野大学のキャンパスの雰囲気や立地もそれなりに良いものの、大学全体の評判も気になりますよね。武蔵野大学は、以前と比べると学部も増えてきて学生数も伸びてきた印象です。しかし、少人数で行われる授業などもありますし、比較的授業はしやすい、勉強しやすい環境にあると言えるのではないでしょうか?あとは1年生のときにはとれる授業の選択肢が少ないが、2年生以降になると選択肢が広がるので、より自分の目的学びたい範囲に合わせて授業がとれます。一部の学部では成績が良いと、履修できる単位の上限が増えるシステムがあるみたいですね。文学部は少なくともこれがあるみたいです。

 

1年生は教養科目が多く、学部固有の専門科目の履修は2年生からがメインになると思われますが、他学部の授業もとれるようです。学年によって履修範囲が変わるというのはよくあることなのですが、武蔵野大学の場合も同様なのです。武蔵野大学の場合には1年生は武蔵野キャンパスなので、2年生以上がほとんどキャンパス内にいません。そのため、有明キャンパスは割と賑やかですが、武蔵野キャンパスは良い意味で落ち着いている、静かということも言えるでしょう。勉強する環境が整っていると言えると思います。武蔵野大学の評判はアットホームな雰囲気で、多くの学部の学生が同じキャンパス内にいるので、いろいろな人たちと仲良くなれて、それが1つの楽しみになっているみたいですね。武蔵野大学は文系、理系遇わせて10個近く学部がありますから、総合大学になっています。先ほども言ったように、武蔵野大学はグローバル学部、教育学部看護学部あたりの偏差値は高いですけど、それ以外の武蔵野大学文学部、法学部、経済学部、人間科学部、薬学部、工学部も偏差値は50以上ありますから、それなりの難易度ではあるでしょう。武蔵野大学の評判やレベルは今後も上昇していく可能性があります。

 

最後に武蔵野大学の就職状況について説明しますが、武蔵野大学の就職課は結構サポートが行き届いています。武蔵野大学では就職課が模擬面接の練習や書類選考の前の添削をしてくれます。こういった細かいサポートがあると、就活もやりやすいでしょうし、武蔵野大学の就職実績にも良い意味で影響を与えていると思います。武蔵野大学の就職先としては大手企業もありますが、中小企業が多いですね。大手企業に行けるのは有名大学であっても一部ですから、それは本人が頑張るしかないのですが。武蔵野大学の就職実績はそれなりには良いと思いますよ。ただ、就職実績は過去の学生が努力で掴み取ったものでもあるので、自分が頑張らないと同様の結果は残せないでしょう。武蔵野大学は就職、雰囲気、評判、学ぶ環境の総合的に見て優れている大学だと思いますから、オススメできる大学の1つになるのではないでしょうか?

 

武蔵野大学に入りたいと思っている人、入学したいと思っている人は「リクナビ進学」から大学案内を請求できるので知っておくと良いでしょう。ここで請求できる大学案内には入試情報や大学に入ってからの情報が盛りだくさんだと思います。武蔵野大学の入試に関しては、学部ごとや入試方式ごとに必要な科目、配点、募集人数や日程などを詳しくまとめていて、非常に見やすく、分かりやすいので、武蔵野大学の入試について非常に理解が深まるでしょう。それ以外には武蔵野大学に入学してからの情報も多く載っていると思います。武蔵野大学に入学したら自分はどういう4年間を過ごすのか?普段の授業やゼミ、サークル活動や卒業後の進路など、武蔵野大学では学部ごとなどにどういうことを学んで、何を得て、どういう充実したキャンパフライフを送るのか?在学生の証言などが詳しく載っているのではないか?と思います。そういった情報を知ると、自分が武蔵野大学に入学したらどういう4年間を過ごすのか?そこでどういった充実したキャンパフライフを送ることができるのか?の想像がしやすくなって、今まで以上に武蔵野大学の魅力に気付けて入りたい気持ちが強くなるかもしれません。リクナビ進学のトップページから「武蔵野大学」と検索して、「パンフをもらう」というリンクをクリックして、そこから必要事項を記入して送信すると大学案内が届きます。無料ですから、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》リクナビ進学で学校パンフをまとめて請求

 
あわせて読みたい記事