読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

神奈川大学経済学部の偏差値は約50で、倍率や難易度も高くないが評判がよくて人気?

【スポンサードリンク】

神奈川大学の経済学部は偏差値は中堅くらいで、大東亜帝国よりも上だが、日東駒専よりは下という感じになると思います。しかし、神奈川大学経済学部は評判も高いと思いますし、難易度は簡単とまでは言えないと思うので、しっかりと勉強をしないといけないでしょう。神奈川大学経済学部の偏差値は50~52くらいになるでしょうか?センター利用のボーダーを見れば1番分かりやすいかもしれません。神奈川大学経済学部のセンター利用入試の合格最低点の割合は65%前後になっています。神奈川大学経済学部は経済学科と現代ビジネス学科に分かれますが、どちらもそこまで差はありません。神奈川大学経済学部の純粋なセンター利用入試の合格最低点の割合はどちらも66%という数字が出ているので、神奈川大学経済学部のセンター利用は何割で受かるか?というときには、7割弱で合格ということになります。一方、センター利用入試と神奈川大学独自の入試を組み合わせたC方式は、若干ボーダーが下がります。65%弱ですね。

 

神奈川大学経済学部はある程度センター利用入試でも合格が狙える範囲じゃないか?と思います。日東駒専レベルになると、最低7割くらいは必要ですし、場合によっては7割後半くらいとれないと受からないケースも多々ありますから。そういう意味では、神奈川大学は6割台でもチャンスがあるので、学部によっては比較的受かりやすいと言えると思います。さて、神奈川大学経済学部はある程度受験生にも人気で、毎年受けにくる人が多くいると思いますから、入試科目を見ておきましょう。神奈川大学経済学部の入試科目は経済学科と現代ビジネス学科で入試方式が分かれているみたいです。経済学科は前期日程と後期日程のA方式、現代ビジネス学科は前期日程のA,B方式と後期A方式です。経済学科と現代ビジネス学科の前期のA方式から紹介しますが、こちらは英語、国語(漢文を除く)、地歴公民数学(日本史、世界史、政治経済、地理、数学)です。数学の出題範囲は数Ⅰ、数A、数Ⅱまでですね。文系学部ということもあるのか?数学の出題範囲は若干控え目という印象を受けます。他の大学はどうなのでしょうか?配点は全科目100点満点で、300点満点になります。ちなみに後期A日程も前期A日程と入試科目は同じです。

 

そして、次が現代ビジネス学科が受けられる前期B日程になりますが、こちらは大きな違いがあります。それはまず2科目ってことですね。現代ビジネス学科は英語と国語(漢文を除く)の2科目なので、地歴公民数学は受けられません。それらが苦手な人にとってはありがたいですが、得意な人にとっては厳しいですね。経済学科を受けるしかないかもしれません。そして、特筆すべきなのは英語はリスニングの試験があるということです。そして、英語の配点だけ200点、国語は100点です。神奈川大学経済学部の入試科目はこれだけ学科によって大きな違いがあるというのを覚えておきましょう。どちらの学科を選んで受験するか?によっても合否がかなり変わる可能性もありますから、自分の得意科目、苦手科目を把握した上で、どちらの学科を受けるか?を決めていきましょう。現代ビジネス学科は、学科名からして経営学部に近い内容を扱うのでしょうかね?そういった授業内容に関しても視野を広げながら、受ける学科を選択しても良いのではないでしょうか?神奈川大学経済学部の入試の倍率に関しては、経済学科の方は前期入試は2~3倍の間なので、来年もそれくらいになると思いますよ。2.5倍くらいですからね。しかし、後期入試は4倍程度あるので、ちょっと難易度が上がります。そして、経済学科のセンター利用の倍率も3倍くらいでしょうかね?

 

そして、現代ビジネス学科の倍率は前期A方式が3倍程度、前期B方式が5倍程度なので、こちらは2科目入試の前期B方式の方が倍率がかなり上がります。やはり入試科目が2科目で特殊なので、募集人数も少ないのだと思います。その分倍率も上がりやすいですし、英語と国語が得意だという受験生が多く受けてくると思うので、なかなか簡単には受からないということになります。そして、現代ビジネス学科の後期A方式の倍率は同じく5倍弱くらいです。こちらも高いですね。現代ビジネス学科のセンター利用入試の倍率は3倍くらいとなっているので、来年もそれくらいになるのではないか?と予想されます。神奈川大学経済学部の経済学科と現代ビジネス学科の倍率はだいたいこんな感じで、多くは3倍前後ですが、一部4~5倍くらいの高いものもあるので、しっかり知っておきましょう。神奈川大学経済学部の難易度はそこまで高いようには思えませんが、入試方式の選択次第では合否も変わってくる可能性があります。神奈川大学経済学部はすでに紹介したように学科ごとに受ける入試日程や方式が異なる部分もあって、ややこしいです。経済学科は前期B方式が受けられませんから。そういうのもちゃんと自分の目で神奈川大学のホームページを見て再度確認しておくと良いでしょう。

 

神奈川大学経済学部の偏差値は50強くらいになると思いますけど、決して油断をしないでちゃんと勉強をしていきましょう。神奈川大学経済学部はそれぞれの学科ごとの評判も良いと思うので、その点に関しても同時にネットで調べておくと在学生や卒業生の声が分かりますから、よりモチベーションのアップにつながるかもしれません。神奈川大学経済学部に受かりたい方は、偏差値50以上をまずは確保できるように勉強をしていきましょう。神奈川大学経済学部の難易度はそこまでではないですが、ちゃんと勉強はしていかないといけないと思います。頑張りましょう!

 

神奈川大学に入りたいと思っている人、興味がある人は「リクナビ進学」から大学案内の資料請求ができます。この資料は神奈川大学を受験するかもしれない人たちにとって、ホームページなどにも記載されていない有益な貴重な情報が載っていると思います。例えば、神奈川大学の入試制度について、学部ごと、入試方式ごと、入試日程ごとなど、複雑化している制度を分かりやすく詳しく解説してくれて、それぞれごとで必要な入試科目、配点、募集人数などが非常に分かりやすくまとめられていると思います。また、過去の入試結果のデータから倍率や合格最低点などの情報も載っていると思われます。そして、神奈川大学に入学後のキャンパスライフについても紹介されているでしょう。神奈川大学に入学するとどういう4年間を過ごすのか?神奈川大学での普段の授業やゼミ、サークル、卒業後の進路などの情報が学部別などで紹介されているでしょう。こういったものを見ると、自分が神奈川大学に入学すればどういう大学生活を送るのか?が想像できて、今まで以上に神奈川大学に入りたい気持ちが強くなるかもしれません。リクナビ進学のトップページの検索窓に「神奈川大学」と入れて検索し、「パンフをもらう」のリンクをクリックして必要事項を記入して送信すると家に届きます。大学選びで、受験先選びで後悔しないように、より多くの情報や判断材料があった方が良いでしょう。そのときにこの大学案内は役に立つのではないでしょうか?無料なので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》リクナビ進学で学校パンフをまとめて請求

 
あわせて読みたい記事