リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

南山大学経済学部の難易度は成成明学レベル?倍率は低いが評判と就職は良い

【スポンサードリンク】

東海地方では1番の私立大学として知られているのが南山大学です。この南山大学は外国語学部は非常に偏差値も高く、看板学部として知られていますが、それ以外の学部もそこまで落ちるわけではないのです。十分難しいです。この南山大学には経済学部もあります。南山大学経済学部の偏差値は55~56くらいかな?という印象ですが、南山大学経済学部に受かるには?受かりたい人、入りたい人はまずは南山大学経済学部のレベルを確認しましょう。関東地方でいうと成成明学くらいのレベルになるのではないでしょうか?南山大学経済学部は経済学科のみが存在しており、非常に多くの学生がここで学んでいます。南山大学を狙っている人はここを受ける可能性も高いかもしれませんね。この南山大学経済学部はセンター利用入試でも受けられますけど、センター利用入試は3科目と5科目、そして、併用型があります。3科目が73%、5科目が72%というデータが出ているため、5科目で受けるメリットがあまりありません。南山大学経済学部のセンター利用入試のボーダーは7割台前半で、75%あれば受かる可能性が大分出てきます。南山大学経済学部の難易度を示す1つの指標にはなりそうですね。

 

そして、センター試験併用型の方はボーダーが78%となっています。こちらは恐らくセンター試験で受けないといけない科目数が少ないので、それだけボーダーが高くなっているのです。南山大学経済学部のボーダーは3科目で73%程度なので、この数字は関東で言えば、日本大学東洋大学あたりのランクでも十分ありえるボーダーです。そう考えると、意外と入りやすい、穴場的な学部かもしれません。南山大学経済学部はセンター利用入試で7割代前半で合格できるというのは大きいですね。センター試験で3科目で7割とるのは簡単ではないですけど、勉強をすればいける数字ではあるでしょう。南山大学をセンター利用入試で受かることができれば大きいですよね。南山大学経済学部は一般入試でも狙えますから、そちらの勉強もしていきましょう。南山大学経済学部の入試科目は、A方式、B方式、全学部入試の3つがあります。A方式は1番オーソドックスなもので、英語、国語、地歴数学の3科目です。国語は現代文と古文と漢文のどちらを選択するみたいです。地歴数学は日本史、世界史、数学(数Ⅰ、数Ⅱ)です。国語に関しては古文と漢文の選択というかなり珍しいタイプの構成になっています。そして、選択科目の数学は意外と範囲が狭いですね。配点がやや特殊で英語200点、国語150点、地歴数学が100点となっています。

 

そして、B方式は英語と数学の2教科入試です。数学の出題範囲がちょっとややこしいのが特徴です。数学は「数Ⅰ、数Ⅱ、数A、数B」と「数Ⅰ、数Ⅱ、数Ⅲ、数A]no2つの出題範囲から選択できるとされています。数学に関して範囲が選択できるというのも非常に珍しいですけど、このあたりはややこしいので、南山大学のホームページで自分でもチェックしていた方が良いと思います。英語が200点、数学が250点なので、割と数学重視の配点ですね。2科目入試なので、国語や地歴が苦手な人にとっては、割と受けやすい入試方式になると思いますが、たいていの文系の受験生は数学が必須だと受けられないでしょう。A方式に恐らく人気が集中すると思います。そして、一半入試では1番最後になるのが全学部入試です。こちらは英語、国語、地歴数学の3科目です。地歴は日本史と世界史で、数学は出題範囲が数Ⅰ、数Ⅱ、数Aとなっているので、数学がどこまでの範囲になっているか?というのが入試方式ごとに違うのでややこしいですね。ちなみに国語は先ほどと同様に古文と漢文を選択できます。ちなみに英語に関しては、特定の資格を持っていると、満点になるみたいですね。その辺も気になる方はホームページ等で詳しく見ておいてください。

 

南山大学経済学部はこの3つの入試形態とセンター利用入試になります。どれも簡単には受からないでしょう。南山大学経済学部はこのあたりの大学の中では評判も高いですし、愛知県内では特に人気です。それだけ南山大学経済学部の難易度も高いことになりますから、そう簡単には受からないと思った方が良いですが、南山大学経済学部の偏差値は55前後くらいだと思いますから、勉強次第では大分可能性が上がると思いますよ。どの入試形態で受けるか?にもよりますが、センター試験と一般入試は両方受ける人もいると思います。南山大学レベルになると恐らく一般入試の方が可能性は上なんじゃないか?と思います。南山大学経済学部の倍率に関して言うと、2015年入試の場合には、A方式が2.8倍、B方式が2.1倍、全学部統一入試が3.0倍なので、高くても3倍程度って感じですね。2倍台が多いってことは、チャンスはそれなりにたくさんあるということでしょうか。倍率が低ければ簡単というわけではないですけど、高いよりは低い方が良いですからね。南山大学経済学部の倍率はこんな感じですが、センター利用の倍率は1倍台です。併用型が2.2倍ですが、3教科は1.4倍、5教科は1.2倍ですから。意外と南山大学経済学部のセンター利用の倍率は高くないのです。南山大学経済学部のレベルを示すうえで倍率は1つ重要ですからね。

 

南山大学経済学部はこのエリアではとても評判が高いので、就職実績なども割と良いと思われます。知名度が高く、早慶とかよりも南山の方がイメージがしやすいって人も多いのではないでしょうか?地元の学生を欲しがっている企業からしてみれば、南山大学経済学部の学生は非常に理想的な大学と言えるでしょう。愛知県内ならばかなり就職状況や就職実績は良いと思うんですよね。南山大学経済学部は愛知県での評判や就職先の点においては強力な力を発揮するでしょう。そういう意味では、南山大学経済学部の難易度や偏差値は無茶苦茶高いわけではないけど、得られるものは非常に多い大学と言えるかもしれません。南山大学経済学部は倍率は高くないので入りたい人、受かりたい人は一生懸命勉強すれば可能性はかなりあると思います。

 

あわせて読みたい記事