読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活の面接などであなたの強み、あなたの弱み、あなたの性格を聞かれたときの考え方の例やヒント

就職活動
【スポンサードリンク】

就職活動のエントリーシートや面接で割と聞かれる頻度が高いと思われる質問が、「あなたあの強みや弱みはなんですか?」というものです。これは結局は長所と短所を聞いているのに等しいと思うので、それについて答えれば良いと思います。あなたの強みや弱みを就職活動の面接などで聞かれたら、できるだけ会社の業務を意識して答えたいところですね。これって、ある意味自己PRをする瞬間でもあるのです。自己PRをしてください。と言われているわけではないが、自己PRをすると有効な質問になると思います。というのも、あなたの強みに関しては、単純に自分の長所を述べれば良いというものではないからです。よりアピールをしたいのであれば、自分が受ける企業の業務に生きるものを取り上げて、それを話していくようにしましょう。これが就活のエントリーシートや面接におけるあなたの強みです。あなたの弱みに関しては、これも短所という捉え方もできますが、短所ならば何でも良いというわけではないと思います。言ってはいけない短所というのが必ずあるはずです。

 

これは企業ごとというよりは、社会人全般としてです。それが短所だと、君は社会人としてやっていけないぞ!と思わせてしまうようなものは短所として挙げないようにしましょう。これを踏まえて、就活でのあなたあの強みとあなたの弱みについて考えていきましょう。先ほどあなたの強みを語るときには実際の業務を意識したうえで考えた方が良いと言いましたが、これの具体例を説明すると、例えばアルバイトでクレーム処理をやっていた経験があり、お客様の気持ちを第一に考えて、心理面を読みながら会話をしていったことがある。といった場合、これを自己PR風に話すと、私はアルバイトでクレーム処理の経験があり、お客様の気持ちを踏まえて、適切にコミュニケーションをとることを学びました。その経験は御社で営業をするときにも、他社の人間と会話をして、契約をとる際にも生かせるのではないか?と考えます。といったものでしょうか。クレーム処理の経験ってなかなかないですけど、普段話さないような人たち、お客さんと会話をして、ある程度控え目に接して宥めながら会話をしないといけません。つまり、思っていることをそのまま口に出す前に頭で考えて、その場での合理的な言葉を発しないといけないのです。

 

営業をするときにも実は同じようなことが必要で、単純に普通に商品を売り込んでもダメですよね。売り込む相手の心理面を読んで、テクニックなどを使って話をしていかないといけません。考えている内容自体は違いますが、話している相手を望ましい方へ導くという意味では、クレーム処理も営業での話術も共通点はあると思います。これはあくまでも例えなので、実際のエントリーシートや面接で話さないといけないわけではありません。また、自己PRみたいに実際の業務と関連させて、実際の業務で生かす場面があると思われるものをあなたの強みにしないといけない理由としては、「あなたの強みを生かすことで、当社にどのような貢献ができると考えますか?」といった追加質問がありうるからです。そういったことを聞かれる可能性があるので、あらかじめ就活におけるあなたの強みは何ですか?という質問には、自分が受ける会社の特定の業務で実際に生かすことができる、それによって会社に貢献ができるものを選んでおいた方が良いのです。あなたの強みをどう生かすか?という部分まで考えておいた方が、追加質問にも答えられます。

 

そして、就活におけるあなたの弱みは何ですか?という質問は、特定のものを答えなければ、あとはどういったものでも良い気がします。というのも、先ほど少し言いましたが、社会人として、その弱みは致命的だろうと思われてしまうものでなければ、基本的には何でも構わないと思うのです。社会人として致命的なものというのは、時間にルーズなんです!と堂々と言われたら、そういう人間を雇いたいと思える会社はすくないでしょう。したがって、そういうものでなかれば、就活のエントリーシートや面接のあなたの弱みはなんですか?という質問には、どういうものを答えても許容範囲というか、有利、不利はあまり関係ないのではないか?と思います。就活でのあなたの強みやあなたの弱みの考え方の例やヒントになればと思います。特にあなたの強みに関しては、「あなたの強みを生かすことで、当社にどのような貢献ができると考えますか?」という部分まで考えておくのがポイントです。この質問に関連して、就活では「あなたの性格を教えてください」という質問も考えられますが、これもあなたの強みと考え方は一緒です。単純に自分の性格を話すのではなく、自分の性格のうち、良い部分を取り上げて、その性格があることで、業務にどのような良い影響があるか?またはその性格がどのように業務に生きるか?先ほどと同様に就活の面接やエントリーシートであなたの性格はどのようなものですか?と聞かれたら、その性格をどのように生かして、どういう貢献ができるか?まで考えて、どういう性格を話すべきか?考えていきましょう。就活の面接やエントリーシートであなたの性格はどういったものですか?と聞かれる可能性はまあまああると思うので、考えておきましょう。

 

あわせて読みたい記事