読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

映画館のバイトの仕事内容はきつい?忙しい?評判は深夜は大変で楽かもしれない!

【スポンサードリンク】

映画館に趣味で通っている人も多いんじゃないか?とは思いますが、映画館では働いている人も多くいます。バイトがいるということです。映画館のバイトというと、仕事内容の種類が結構あります。だから、どれを担当するか?できついか?きつくないか?も変わってくるのです。映画館のバイトの仕事内容というと、代表的なのはボックスというチケットの販売を担当する人たちです。そして、映画館の中でポップコーンやジュースなどを販売するコンセと呼ばれる人たちもいます。さらには映画が上映される部屋でチケットを確認してお客さんを入れたり、部屋を相違したりするフロアと呼ばれる仕事をしている人もいます。これらが映画館での代表的な仕事内容になると思いますが、どれが1番きついか?というと、どれも同じくらいかな?という気はしますが、ボックスの場合にはチケットを売っているとき以外は基本的に暇なので、映画館のバイトの中では楽に感じる部分もあるかもしれないです。

 

ただ、接客業で、この3つの中ではお客さんと1番接する機会が多いと思いますから、そういった対応のある程度慣れている人の方が向いているとは言えるかもしれません。映画館に関するクレームがくるとすれば、このボックスの仕事になると思いますから。1番対人能力が必要という意味では、映画館のバイトでは1番きつい、大変と感じるものではないでしょうか?逆に接客が好きな方にとっては、結構楽しい、やりがいのある仕事内容かもしれないですね。しかし、このボックスは映画館のバイトの中でも覚えることが多いということでも有名です。それを知っておいた方が良いですね。そして、フロアのバイトの仕事内容は、館内での多少の接客とあとは映画館の中のいろいろな施設の掃除などです。いろいろな施設というのは、上映をしていない部屋の掃除、上映している部屋が終わった直後の掃除、そして、トイレやその他の場所の掃除などです。映画館のバイトの中では割と肉体労働が多く、きついと肉体的に感じる瞬間もあるかもしれません。そして、コンセの仕事内容はすでに紹介したいように食事やパンフレットなどの販売なので、基本的にはボックス同様にほぼ接客業です。でも、コンビ二の店員などとやることはそこまで差はないと思いますから、始めやすい仕事だとは思います。コンビニほど商品の種類もないでしょうから。

 

接客中心か?雑用中心か?でどついう仕事をやって、どれくらいきついか?というのが映画館のバイトの場合には大分違いますから、応募するときにはどの仕事内容を任せられるのか?全部担当する可能性もありますけど、そういったところを事前に見極めて求人に応募していきましょう。この映画館のバイトの評判としては、それぞれの担当する部門ごとに違いますから、それも覚えておくと良いでしょう。映画館のバイトに共通する口コミとしてはやっぱり休日ほど忙しくなるということですね。どうしても平日よりも休日の方がお客さんが多く、夏休みやゴールデンウィークなどは特にお客さんの出入りが激しいです。だから、どの部門もこの時期には映画館のバイトは忙しいと思った方が良いです。そうなると、貴重な休みの時期ほどシフトを入れられて、出勤しないといけないことになるかもしれません。これはどの映画館でバイトをしても共通の評判になると思いますし、ボックス、フロア、コンセ全ての共通する部分でしょう。したがって、大学生などで映画館のバイトをするときには、夏休みやゴールデンウィークは、大分バイトで潰れるということは知っておくと良いと思います。

 

あとは勤務する時間帯によっては、かなり遅い時間になることもあります。映画館によって営業時間というのは違いますけど、ナイトショーなどをやっているところは、日付が変わっても営業しているケースもあるので、勤務する時間帯によっては、それがとても厳しく感じられることもあるでしょう。間違いなく眠いです。日付を跨いだあたりか?その前後くらいの時間帯になると眠いはずで、それをこらえるのが大変というのが映画館のバイトの仕事内容の厳しいところ、きついところにもなると思います。しかし、一方で、やる遅い時間帯や深夜はお客さんも少ないために映画館のバイトも楽に感じるケースはあるでしょう。どの部門もお客さんが少なければ仕事自体も少なくなりそうです。ということは、映画館のバイトの深夜勤務は一長一短ということでしょうか。こういったところが映画館のバイトの評判や口コミとして実際に挙がっています。体験した人はこういう感想を持っているということなので、知っておくと良いでしょう。

 

映画館のバイトは映画が好きな人にとってはかなり楽しいと思いますが、映画館のバイトは仕事は楽なほうではないと思うので、それも同時に知っておくべきでしょう。映画館のバイトは休日ほど忙しいですし、厳しいということです。逆に映画館のバイトが楽になるのは深夜勤務でしょうか。それでも眠気との戦いになると思いますけどね。楽なバイトはなかなかないので、最低限きついのはしょうがないでしょう。映画が好きならば、他の度のバイトよりも楽しいと思いますから、そういう人はまず向いていると思いますが、それ以外の方でも映画館でバイトの仕事内容や評判、口コミを理解したうえで自分に向いていると判断したらやってみても良いのではないでしょうか?そのときにはどの映画館の求人に応募するか?というのも1つポイントになりますから、慎重に吟味して決めていきましょう。

 

あわせて読みたい記事