リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

映画館のバイトの面接の志望動機は?服装や髪型、髪色と時給は安いの?

【スポンサードリンク】

映画館でバイトをしたいと思っている人も多くいるのではないか?と思いますが、映画館のバイトの面接を迎える前に志望動機を考えたいという方もいるでしょう。志望動機はどういう風に作っていけば良いのでしょうか?映画館のバイトの仕事内容などはすでに理解したうえで、応募してくれたのではないか?と思いますが、映画館でのバイトをする場合には、この志望動機をちゃんと考えないといけませんが、その考え方のヒントを書いていきたいと思います。バイトなので、そこまでたいそうな志望動機でないとダメなわけではないと思いますから、結局は面接をしてみた結果、適性があると判断されれば採用されると思いますよ。映画館のバイトの志望動機としては、単純に映画が好きだというものがありますが、これはどうなんでしょうね?こういった志望動機では面接官の心に響かないということを言っているサイトもあります。

 

しかし、バイトの面接は心に響いたから採用されるとか、そういう類のものでもない気がします。それは正社員も同様でしょうけど、心に響けばそれに越したことはないかもしれないが、とってつけたような、明らかに作ったとバレバレの志望動機を言うよりは、本音を話した方がすがすがしい感じがすると思いますけど。ある程度若い人が映画館のバイトをすると思うので、そういう意味では若者らしい志望動機で構わないと思います、だから、単純に映画が好きというのは、面接官としては印象は悪くないはずで、その人が採用されるか?どうかは面接を通しての話し方、見た目、雰囲気などを通じた総合評価になるでしょう。だから、結局、面接をやってみた感じで、この人を採用して大丈夫そうか?という判断に委ねられると思います。だから、映画館のバイトに採用されるか?どうかはほとんどそこですね。映画館のバイトの面接で志望動機を聞いても、それが採用に大きな影響を与えているとはあまり思えません。おかしなことを言わなければ、あまり差がつく気がしません。映画が好きな人ならば、長く働いてくれそうだ。真面目に仕事をしてくれそうだという見方もできるでしょう。

 

それを印象を良くするために、とってつけたような、作ったのがバレバレの志望動機だと、結局何が本音なのかも分からないのです。本音だと分かるような志望動機で、かつ映画が好きだというシンプルなものならば、先ほどのように、映画が好きならば映画館のバイトを真面目にやってくれそうとか、そういう想像もできますが、何が本音なのか?分からないと、そういう想像もできず、雇おうか?どうか非常に迷うケースも生じそうです。だから、これは1つの例に過ぎませんけど、映画館のバイトの面接での志望動機で、「映画が好きだから」というものは悪くないと思いますよ。あと、映画館のバイトの仕事内容は多くが接客になります。全部が全部ではないものの、接客の要素が多分に含まれているのです。だから、接客業のアピールが志望動機にあれば、映画館のバイトに採用してもらえる確率が上がるかもしれません。映画館のバイトでは接客をしないといけない機会があるので、接客業に向いていない人はまず雇われないでしょう。

 

そうなれば、過去に何かしらの接客業のバイトをしていたことがあるとか、接客業の要素のアルバイトをしていたことがあるとか、そういう経験がある人は、それを映画館のバイトの志望動機に入れて、過去にそういう経験があるから、同じく接客の機会の多い映画館のバイトでは役に立てると思い、志望しました。と話せば、面接官としても接客業の経験がある人の方が安心感もあるので、割と好印象になるのではないでしょうか?映画館のバイトは特殊な仕事内容はそんなにないと思います。慣れれば、接客に向いていればある程度こなせるものが多いと思うので、要は面接においては接客への適性や人前で働かせて大丈夫か?という点が主に見られていると思います。だから、映画が好きだという志望動機以外では、接客に関して自分は戦力になるというアピールも有効だと思うのえ、それが使える方は映画館のバイトの面接でそういった志望動機を構築していくと良いと思います。映画館のバイトは時給はそれなりです。でも、安いという声も聞きますね。これは求人によりけりとしか言いようがないでしょうけど、安いと700円くらい、高いと1000円近くくらいはあるのではないでしょうか?だから、映画館によっても差があるし、地域によっても差があると思った方が良いと思います。

 

100円、200円くらいは平気で変わる可能性があるので、映画館のバイトの時給は安い場合もそれなりの場合もあるということです。そして、映画館のバイトの服装はどうでしょうか?映画館のバイトの面接時の服装はそこまでこだわる必要はないでしょう。派手な格好を避けていけば私服でも大丈夫かと思います。映画館のバイトの勤務時の服装については、制服になることが多そうです。映画館のバイトの勤務時の髪型や髪色は派手じゃなければ染髪もOKだと思います。長さも常識の範囲内ならOKでしょうけど、男性の場合にはあまり長いとマズイかもしれません。特に映画館のバイトの面接のときの髪型や髪色は気をつけたいですが、これも奇抜じゃなければ茶髪もOKだと思いますが、金髪は厳しいと思います。映画館のバイトは接客業なので、髪色や髪型にはある程度限度があるんですね。映画館のバイトの服装や髪型、髪色に関してはこんな感じでしょうか。映画館のバイトの面接に受かるには志望動機も大切ですが、それ以外の部分もかなり考慮されるので、話し方、態度、過去のバイト経験の有無など、全体として採用の可否が決まると思いますから、志望動機以外にも重要なことが多くありますから、本番の面接までにはそこを意識して練習していくというか、話す内容や面接の臨み方についての対策を練っていきましょう。

 

あわせて読みたい記事