読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

内定式の出欠の返信や返事はメールか?電話か?手紙か?添え状はいるのか?

【スポンサードリンク】

内定式のお知らせ、案内が届いたらそれに対しての返事を書かないといけません。問題はその内定式の出欠の返信はどうやって書くか?ということではないでしょうか?内定式の出欠の返事は基本的にはメール、電話、手紙の3つの方法が考えられるでしょう。この中でどれが良いのか?というのは、正解があるわけではないですが、急ぐ必要がないようなケースではメールが1番良いと思いますけどね。電話と手紙には欠点がありますから。電話はそれに対応をする人が必要で、そのときに少しの手間がかかってしまいます。つまり、そのときにやっていた仕事を中断して、電話を受け、内容を確認し、改めてその人の内定式への出欠予定を記録する必要があるということです。これが少しだけですけど、企業の人間に対して負担になるということです。手紙の場合には、単純に封を開けて、中を見る手間がいるとともに、その手紙を処分しないといけない手間もあります。メールの場合には、こういった問題点が生じません。強いて言うならば、電話よりもラグがありますね。相手に伝わるための。

 

だからこそ、急ぐ必要がない場合に限ってはという前提にしたわけですが。急がないといけないときには手紙はもっと時間がかかりますから、電話が望ましいと思いますが、そうじゃないならば、メールが良いと思います。メールは社内の人間が都合の良いときに見られますから。だから、他の仕事をやっていないとき、忙しくないときに見られるので、都合が良いと思うのです。だから、私の意見ではメールが1番良いかな?と思います。ただ、内定式のお知らせや案内が着たときの媒体と同じもので返信をするのも自然だと思うので、それでも構わない気はしますけどね。ただ、注意すべきこともあります。電話ならば時間帯に気をつけ、手紙ならば急ぐ必要がないケースに限って選ぶことです。内定式の返事はメールでも、電話でも、手紙でもケースによっては使い分けても羅手構いませんが、問題は何を書くか?です。内定式のメールの出欠の返事というのは、何を書くのか?これが問題というか、気になる方もいると思うのですが、基本的には宛名、こちらの名前、そして、出席なのか?欠席なのか?出席の場合には軽く一言、欠席の場合にはその理由を簡単に、書いておけば良いと思います。

 

宛名は絶対に必要で、名前も必要です。そして、出席か?欠席か?も分かりやすく明確に書いておきましょう。そして、出席の場合には軽く一言ということで、楽しみにしているとか、そういった豊富や期待の言葉を軽く述べていくと良いと思います。逆にそういうのがなくて、出席か?欠席か?だけしか書いていないのは、なんか印象がよくないと思われますから。内定式のの出欠の連絡はこういった内容を書いておければ良いと思います。ただ、内定式の案内はいつ来るか?は企業によりけりですけど、返事は早めに出した方が良いです。内定式の出欠の返事はいつまでに出せば良いのか?というと、内定式の案内が着てから1週間以内に出すのが良いと思います。内定式の案内が届いてからあまりにも遅いと、これも企業の印象が良くないです。だから、遅くても1週間以内には内定者懇親会の出欠の返事を出しておきたいところです。手段は先ほど言ったように、内定式の返事の連絡はメール、電話、手紙などで良いです。しかし、ここで問題なのは、先の予定がまだわからない場合です。内定式の開催日に出られるか?出られないか?という都合がまだ分からない場合、現時点で分からない場合には、とりあえず返信自体はした方が良いです。出席とも、欠席ともいえないという旨の返信を1度して、企業からの指示を仰いだ方が良いと思います。

 

予定が分からないからといって、内定式の返事のメールや電話や手紙を先延ばししていると、案内が届いてないのか?届いてはいるが、返事をまだしていないだけなのか?忘れているのか?など、分からないですから。企業の方としても心配になってくると思います。だから、とりあえず内定式の案内が着てから1週間以内に先の予定がまだ分からないので、どうしたら良いのか?という返事を1度送りましょう。そのうえで、じゃあどうすべきか?ということを企業から改めて指示されると思うので、それをもとに行動していきましょう。ただ、内定式を欠席することが社会通念上許される理由というのは、あまり多くないでしょう。本来は内定式は企業の都合で日程が決まるものですから、出ないといけない性質とは言い難いとは思いますけど、あくまでも社会通念上では、内定式を欠席する場合には、それ相応の理由じゃないといけないといったことが言われています。出ないといけないものではないですし、出なくても困るわけではないと思いますけど、一般的には出た方が良いと言われていますね。

 

内定式の出欠の連絡はとにかく早めに。そして、内容としてはすでに述べたような感じで簡潔に。ポイントとしてはそんなに多くないと思います。あと、内定式の出欠の返事には添え状は特にいらないでしょう。添え状をつけるほど内容があるわけではないですし、そもそも内定式の出欠の返信を電話やメールでするならば、添え状はつけられませんから。だから、内定式のメールや電話での返信では添え状はいりませんし、手紙でも必要ないと思いますけどね。内定式は内定を貰った後に企業の人たちと最初に会う瞬間なので、いろいろと不安もあるでしょうし、悩みも尽きないでしょう。内定式の出欠の返信のメールや電話などで粗相のないようにした方が良いですから、細心の注意を払っておきましょう。

 

あわせて読みたい記事