リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大学の定期試験やテストはサボるのは損!カンニングや替え玉はオススメできない

【スポンサードリンク】

大学の定期試験において替え玉って行う人はまずいないと思いますが、実際替え玉は不可能なのでしょうか?私はもちろんやったことありませんが、その辺の対策は大学側はあまり徹底していないように見受けられます。他の大学はどうか?分かりませんけど、私の大学では本人確認みたいなのはしません。している余裕なんかないという事情もあるかもしれませんけど。教室によっては受験する学生がとても多いですから、1人1人そんなことをやっている時間もないでしょう。だから、私の大学では机の上に学生証を出すだけでOKでした。忘れた人は大学の教務課だったかな?そこに行くと学生証の代わりとなるものをもらえて、それで受験ができるようになっていたと思います。つまり、学生証さえ手に入れば、私の大学の場合は替え玉ができたということになると思うのです。意外とハードル低いなという感じですね。だって、学生証を渡してしまえば、替え玉が簡単に頼めるわけでしょう?

 

つまり、替え玉をやってくれる人を探しさえすれば、替え玉は事実上可能になってしまます。私は替え玉を使った人は知らないですけど、もしかしたらいたかもしれないですね。私が知らない間に替え玉を使って、良い点数をとって、単位を取得していた人たちもいたかもしれません。他の大学でも、替え玉のチェックはそんな厳重ではないと思います。強いて言うならば学生証の写真と受験者の顔が違えば、替え玉はできないとなりますが、そこまでチェックしていた記憶がないんですよね。ちゃんとチェックしていたケースもあったような気もしないでもないですが、だいたい試験中って、学生は下を向いていますから、普通の角度や姿勢では学生証の顔は見えても、その学生証を持っている学生の顔まではよく見えないと思います。私も下から、または前から覗き込まれた記憶もあまりありません。そうなると、学生証やその学生の顔をちゃんとチェックしていたのか?と思うと、微妙ですね。替え玉はバレたら、リスクがデカすぎますから、もちろんオススメはしませんけど、大学側の監視体制は案外緩いのかもしれません。大学によるかもしれませんけどね。大学の試験では替え玉が可能か?どうかはともかく、やる方としてもリスクあるわけですから、まず引き受けてくれる人はいないと思います。

 

就職活動のWEBテストとかの場合には、まずバレないので、引き受ける側にはリスクありません。おまけに報酬がもらえることも多々あるため、良いバイトくらいにしか思っていないかもしれませんが、大学の定期試験の替え玉は、基本的に同じ大学の人になるでしょうか?そうなると、バレた場合にはその人も単位没収とかになりやすいですし、仮に別の大学の人に頼んだとしても、バレたらその学生の大学に連絡がいきますよね。そうなると、仮に報酬がもらえたとしても、リスクでかすぎるでしょう。だから、バレる確率の問題を考えると、大学の定期試験の替え玉はまず引き受けてくれる人がいないと思います。そして、大学の試験ではカンニングという手段もありますが、こちらはやり方次第ですけど、やり方によっては替え玉よりもリスクが高まるものもありますし、逆に低いものもあると思います。でも、大学の試験では替え玉もカンニングも恐らく不正行為になるでしょうから、やらない方が良いのは言うまでもありません。あと、中には大学の試験をサボるという人もいると思いますが、もったいないです。受けたらそこでチャンスが生まれますから。

 

大学の定期試験をサボる人の理由としては、もう単位をとれる望みがないと感じている人もいるのではないでしょうか?出席をとる授業で、明らかに出席が足りていないという場合はともかく、まだ可能性が残っているならば一応受けた方が良いです。私は134単位をとって卒業しましたが、そのうちの8単位くらいはほとんど単位とれないだろうなと諦めた授業です。でも、一応念のために試験は受けました。授業でも何を言っているのか?よく分からないような授業でしたが、試験刃ちゃんと受けたんです。案の定、その授業の試験は問題も難しくて、何を書いたら良いのか?さっぱり分からないような状況でしたが、授業には一応出ていたので、そこで言っていたようなことを思い出す限り書いていったら、何とも単位がきたんですよ。一応、相場としては最低6割程度は点数がないと、単位はもらえないというのがよく言われていますが、それは授業によりけりです。6割に届かなくても単位がもらえるケースはあります。私の場合にはそのケースでしょうね。というのも、授業が難しかったりして、試験の平均点がとても低いようなケースでは、従来の6割を最低ラインにしてしまうと、単位を落とす人が続出してしまうという事態が考えられます。

 

それはマズイのでしょうかね?平均点がとても低い授業のテストは、単位がもらえるラインが下がりますから、意外と点数がとれていなくても単位がもらえることもあります。だから、あなたが諦めているその授業のテストも、同じような人が多くて、平均点が下がり、低い点数でも単位がもらえる可能性があるかもしれないので、少しの可能性にかけて受けてみると良いのではないでしょうか?大学のテストはサボるのはもったいないのです。大学のテストを替え玉やカンニングをするのもよくないと思いますけど、大学の定期試験をサボるのはすっごいもったいないと思いますから。こういった事実を知っておくと、大学のテストをサボる気持ちはなくなるかもしれませんね。単位が実際にとれる可能性は少ないと思いますけど、そういう授業が何個もあれば、それぞれの授業のテストを全部受けていくと、1個くらいは単位がとれるものがあるかもしれないです。そういった感じで大学の定期試験を受けていってください。大学のテストはカンニングや替え玉はしないで、真面目に勉強をするのが1番ですが、仮に望みが薄いと思っても、大学の試験はサボるのはもったいないと思います。いくつかの単位をとるのが厳しい授業のうち、わずかな可能性にかけると、1個くらいは単位がとれるかもしれない!

 

あわせて読みたい記事