読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

専修大学では偏差値、難易度、倍率が高くない経済学部は狙い目?センター利用のボーダーもそこそこ

【スポンサードリンク】

専修大学はレベル的には中堅クラスで看板学部がどれか?っていうのがいろいろと分かれやすいですけど、その中でも経済学部が1つ有名となっています。専修大学日東駒専の1つとして、中堅大学の代表だと思いますが、偏差値は50~54くらいでしょうか?その中でも専修大学経済学部の偏差値は52か53くらいだと思います学科によっても微妙に違いますけどね。専修大学の偏差値の中では真ん中くらいです。経済学科と国際経済学科があり、若干経済学科の方がレベルが高い印象です。しかし、どちらもそこまで差はないと思います。専修大学経済学部の難易度はセンター利用入試で見ると、経済学科が70%程度、国際経済学科が67%程度という数字が出ています。別途AS方式というものもありますが、こちらはセンター利用の併用の形式になると思います。専修大学のセンター利用のボーダーはだいたい6割台後半から7割台前半だと思うので、やっぱり真ん中くらいですかね。

 

専修大学の難易度はこういった感じですけど、経済学部の難易度は高くはないと思うので、きちんと勉強をすれば可能性はあるでしょう。日東駒専日本大学東洋大学専修大学駒澤大学の2つのグループに分かれつつあります。前者の方が最近は偏差値やレベルが上がってきており、専修大学駒澤大学は相対的に入りやすい状況にはなってきていると思うのです。そのため、勉強を頑張れば専修大学には入りやすいと言えますし、特に看板学部と言われることもある経済学部はチャンスあるでしょう。専修大学の入試科目は多様化しており、専修大学経済学部の受験科目は入試方式ごとに結構違いがあります。専修大学では全学部入試、全国入試、前期個別A方式、前期個別C方式、後期入試があります。学科によって受けられる入試方式も違うので確認しておいてほしいですが、全学部入試と全国入試と前期個別A方式はどちらも受けられます。しかし、前期個別C方式は国際経済学科のみ、後期入試は経済学科のみが受けられます。

 

専修大学経済学部の入試科目で、全学部入試、全国入試、前期個別A方式、後期試験は全部科目と配点が一緒みたいです。英語、国語(漢文を除く)、地歴公民数学です。地歴は日本史、世界史、地理、公民は政治経済、数学は数Ⅰ、数Ⅱ、数Aの出題になっているので注意してください。配点は全科目100点の300点満点です。基本的にはこれが中心になっています。国際経済学科のみが受けられる前期個別C方式は出題科目はさきほどと一緒ですが、配点が英語のみ150点の合計350点満点です。こういった微妙な違いが入試方式によってはあるので、それを知っておかないといけません。専修大学経済学部でも、どちらの学科を受験するか?で勉強する科目が特に変わるわけではないですけど、配点が違うので英語の重要度が増すということがあるということになります。専修大学の受験科目はだいたいこんな感じですが、中でも経済学部の入試科目については知っておきましょう。そして、専修大学の倍率はどうなっているでしょうか?

 

特に専修大学経済学部の倍率に関しては、2015年のデータになりますが、全国入試が2.3倍、全学部統一入試が2.8倍、前期個別A方式が2.7倍、前期個別C方式が2.3倍、後期入試が8.8倍とかなり高いです。こういった状況のため、後期入試を除いてはチャンスは大きくあります。専修大学の倍率はどこもこういった感じだと思います。専修大学経済学部のみの傾向ではないでしょう。後期入試以外は2倍台なので、チャンスは大きいと思いますから、しっかりと勉強をしていくことが大切になります。専修大学の難易度はこうして見ると、やっぱり日本大学東洋大学とは差があるのかな?という気がしてきます。でも、簡単に受かるわけではありませんから、しっかりと勉強をしていきましょう。ちなみに専修大学のセンター利用の倍率は前期が2.7倍です。センター利用入試の後期は4.5倍と少し高いです。センター利用入試のAS方式は2.3倍ですから、専修大学のセンター利用のボーダーも高くないですし、倍率もそこまで高くはないので、センター利用でもチャンスはあると思います。専修大学経済学部の難易度はだいたい分かってもらえたのではないでしょうか?

 

専修大学の偏差値はそこまで高いわけではないものの、レベルは中堅大学なので簡単には受からないということ、入りたい人はそれなりに勉強が必要ということですね。専修大学経済学部は偏差値が55くらいあれば受かる見込みがかなり生まれそうな気がします。専修大学の難易度を理解して、特に経済学部に入りたい人は入試方式ごとの受験科目、配点、倍率などを理解しておいて、専修大学経済学部の難易度も理解しておくと良いでしょう。専修大学経済学部は看板学部として受かりたい人も多いと思いますから。ライバルはそれなりにいるということですが、先ほど言ったように、専修大学経済学部の倍率はそこまで高いわけではないので、やればできる!と思って勉強をしていくのが良いでしょう。

 

あわせて読みたい記事