リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

特別区の面接は倍率や配点や難易度は?受かりやすいがプレゼンの対策はしっかりと!

【スポンサードリンク】

特別区人事院面接は比較的簡単で、誰でも受かるみたいなことが言われますが、あまりなめているとガチで落ちる可能性があります。落ちる可能性があるっていうか、全員受かるのは不可能です。これは理論上不可能です。特別区人事院面接の倍率はかなり低いという言い方ができると思いますけど、だからといって確実に受かるとまでは言えないでしょう。特別区人事院面接の倍率は年々下がり続けている印象で、今は1.3~1.4倍くらいじゃないでしょうか?この傾向は今後も続くと思われます。特別区の難易度は全体の公務員試験の中では低い方にはなると思いますけど、面接に関しても難易度が高くはないです。言ってしまえば、相対的に特別区の面接は受かりやすい試験種と言えるとは思います。だから、そういうイメージもあってか、特別区人事院面接は簡単みたいな印象なのかもしれないです。でも、絶対に受かる保証はないですからね。何百人っていう受験生が毎年特別区の二次試験で落ちているわけです。

 

特別区人事院面接は圧迫面接とかもほぼないです。聞いたことがないです。特別区人事院面接はほとんどが和やかで、まったりとした雰囲気の中で進んでいきます。予想外の質問もそんなにないですし、たいていは面接カードの中からの質問になるので、予想もしやすいので、特別区の面接は対策が容易ということも言えるでしょうか?ただ、1つポイントになるのが特別区人事院面接におけるプレゼンです。これは以前はなかったものの、特別区の面接の回数が1回になったときに導入されたみたいで、面接の中でプレゼンをしてもらうということになっています。特別区の面接落ちになるケースでは、このプレゼンが1つ鍵になることもあると思います。プレゼント言うと何をするのか?と思う人もいるかもしれませんが、基本的にはそんな大掛かりなプレゼンというわけではないです。特別区人事院面接の面接カードが届けば分かると思いますけど、時間は3分なので、そんなに大掛かりなプレゼンはできません。また、何か機材を使用したりということでもないと思います。その場で口から話すというだけであり、それが3分という長い時間になっているというだけだと思うのです。特別区人事院面接におけるプレゼンは始まったばかりなので、あまり情報がありませんから、分からないことも多いですし、その年になって変更になる部分もまだあるかもしれませんから、確実なことはいえないものの、そんなに恐れる必要はないと思います。

 

特別区の面接の難易度ではこのプレゼンがかかわってきます。特別区人事院面接におけるプレゼンは合否結果、評価の点数において非常に重要な位置を占めるでしょう。実際、このプレゼンで聞かれる項目は志望動機とか、自己PRの内容みたいなので、かなり面接の中でもしっかり見られている部分になりますからね。特別区の面接でのプレゼンの評価基準としては、やはりいかに面接官から見て分かりやすい、理解しやすい説明か?ということではないでしょうか?でも、結局のところは、プレゼンって考えると難しいかもしれませんけど、基本的には面接におけるその他の質問と性質を異にするものではないと思います。だって、普通の面接の質問だって、相手にとって分かりやすく話すはずですから、やることは大して変わらないと思います。そういった理由もあり、特別区人事院面接におけるプレゼンの評価基準に関しても、深く考える必要はない気もします。でも、面接カードに書く時点から、考えて工夫して、いかに相手に言いたいことオ伝えるか?が大切になります。そういう意味では、そこをより意識させられる特別区人事院面接のプレゼンは導入の目的としては良いかもしれないですね。特別区人事院面接におけるプレゼンの対策は、より丁寧に構成や話す内容を考えないといけないものの、他の質問と同様にやっていくと良いと思います。

 

特別区の面接の配点はちょっと分かりません。しかし、例年の感じだと筆記試験と比較してもかなり高いと思いますよ。特別区では筆記試験でかなり高い点数をとった人が二次試験で落ちているという現象があるみたいですから、特別区の配点は筆記試験よりも人事院面接の配点の方が2倍程度は高いと思います。特別区は論文試験の配点も高いですけど、面接も恐らくかなり配点が高いです。だから、特別区は基本的に面接重視だと言えると思います。特別区は筆記試験は配点も倍率もそこまで高くありませんから。特別区の難易度はほとんどが面接試験です。特別区の面接試験の倍率は物凄い低いけど、恐らく多くの人は筆記試験よりも面接試験の方が難しいと感じるんじゃないか?と思うんですよね。特別区の公務員試験は人物重視になると思いますから、相対的には特別区の面接は受かりやすいとは言えるものの、油断していると、というか油断していなくても落ちる人はいると思います。何百人も特別区の面接落ちの人がいれば、油断していなくても落ちると思いますから。そうならないためには特別区の面接対策をしっかりやって、あとは運に任せるしかないです。とにかく面接対策をしっかりと行いましょう。特別区の面接は非常に受かりやすい方ではあるけどけれども、特別区の面接は倍率が低い方だけれども、特別区は面接の配点がとても高いと思うので、面接ができない人は受からないと思っておいた方が良いでしょう。特別区も人物重視になってきた感じですから。

 

あわせて読みたい記事