読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

寝屋川市の公務員試験の難易度は人物重視か?倍率は高いが筆記のボーダーは低い?

【スポンサードリンク】

大阪府寝屋川市の公務員試験は、行政職というくくりではあるものの、大卒、短大卒、高卒の人たちが同じ枠内で争う形になっているようです。行政職は細かく分けて、さらに分類ができるものの、その中で事務職になるのでしょうか?大卒、短大卒、高卒が同じ募集になっており、10~15人程度が採用されるようになっています。大阪府寝屋川市の職員採用試験の難易度はここがやや特殊なところと言えるのではないでしょうか?寝屋川市の公務員試験は倍率がかなり模様です。恐らく毎年9月の市役所C日程あたりの時期に採用試験をしていると思いますけど、倍率は20倍以上あります。例年こうなっているか?どうかは分かりませんが、やはり大卒、短大卒、高卒を一食丹にまとめて採用しているため、倍率も上昇傾向にあるのかもしれません。寝屋川市の公務員試験の倍率は、事務職に限っては平成27年度は20倍以上あるので、かなり難しいと言えます。筆記試験からすでに競争率が高いですから。

 

寝屋川市の公務員試験の筆記試験の倍率は、平成27年度を参考にすると、283人中80人が合格となっており、倍率は3倍以上あります。筆記試験の倍率としては普通くらいかもしれません。しかし、問題は面接試験です。寝屋川市の職員採用試験における二次試験以降はやはり倍率高いです。どうしても一次試験から最終合格までの倍率が20倍以上あると、面接試験などの人物試験は倍率が一気に上がりがちですから。寝屋川市の二次試験について見てみると、平成27年度は66人が受験して23人が合格なので、3倍弱くらいです。でも、また終わりではないのです。寝屋川市の場合には三次試験もあります。三次試験は20人受けて12人合格なので、2倍弱ですかね?三次試験は倍率的には普通かな?という感じがしますが、寝屋川市の二次試験の倍率は高いです。寝屋川市の面接試験は1回目なのかな?二次試験がピークになっています。二次試験、三次試験合わせての寝屋川市の人物試験の倍率は66人から12人なので5倍以上ということになり、これは相当高いです。寝屋川市の面接の倍率はこれがだいたい目安になるのかな?と思います。寝屋川市の公務員試験は難易度としては人物重視と言えなくはないくらいですけど、筆記試験でもそれなりに絞っていますから、バランスはある程度良い感じだと思います。

 

筆記試験が得意な人も、面接が得意な人もそれなりにメリットがある自治体になるでしょうか。でも、寝屋川市の公務員試験は面接などの人物試験で倍率がトータル5倍以上はあると考えられますから、結局は筆記試験ができても、面接ができないとなかなか合格は難しいと言えると思います。現実的には、寝屋川市の公務員試験は面接重視と言えなくはないですが、そこまでって感じでもないと思います。寝屋川市の公務員試験の受験案内は必ず最新版を自分でもチェックしておいてほしいです。そして、どういう試験内容になっているのか?を自分でも把握しておきましょう。寝屋川市の公務員試験の一次試験は筆記試験のみですが、二次試験は集団面接、グループワーク面接、適性検査があると書いてあります。集団面接もそうですけど、グループワークもまた難しいです。グループワークをやる自治体って、そんなに多くないんですよね。民間企業では割と見る採用方法になりますけど、公務員試験ではグループワークはあまり見ません。だから、対策をするのが難しいので、ここは合否を分ける鍵になる部分だと思います。寝屋川市の公務員試験の難易度という意味でも、ちょっと難しいと感じる人もいるのではないでしょうか?そして、三次試験は小論文と個人面接です。ここで小論文の試験があるので、対策はしていかないといけませんが、割と遅いですね。小論文は一次試験や二次試験でやるケースはありますけど、三次試験はあまり見ないです。小論文と個人面接なので、1番の山場ですね。でも、三次試験は倍率がそれほどではないので、個人面接は配点は高いと思いますけど、寝屋川市の公務員試験の最終合格になるまでにはもう少しという感じですね。

 

今いったのは前年の試験内容なので、変更があるかもしれませんから、必ず自分でも1番新しい、自分が受ける年の受験案内を見ておきましょう。寝屋川市の公務員試験はどちらかというと人物重視っぽいですが、全体の難易度はそこそこだと思います。全体の倍率が高いので、難易度は低くはないですけど、やっぱり勝負は二次試験以降の面接やグループワークになると思います。ちなみに、寝屋川市の公務員試験の筆記試験のボーダーに関しては予想は難しいですが、倍率が3倍程度ということで、平均くらいになると思います。寝屋川市の筆記試験のボーダーは確実には分かりませんが、問題のレベルは高くはないと思いますから、対策をしっかりやっておけば一次試験は通る可能性が高いと思います。寝屋川市の筆記試験の倍率は高くないですし。あと、今は寝屋川市の公務員試験は大卒、短大卒、高卒が同じ採用枠で採られていると言いましたが、平成26年度は「大卒」「と短大卒、高卒」で2つに別れていたので、またこのあたりの変更があるかもしれませんので、ご注意ください。寝屋川市は面接試験などの倍率が特徴的なので、とにかく二次試験以降の対策次第で合否が分かれると思った方が良いでしょう。簡単ではないと思いますから。

 

あわせて読みたい記事