読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

面接官の態度が悪い、失礼と合否に関係はある?あくびや咳払い、無表情、無関心がきたらチャンスか?

公務員試験 就職活動
【スポンサードリンク】

就職活動や公務員試験の面接を受けていると面接官の態度が悪いという状況に遭遇することがあります。これは明らかに演技っぽい感じがするケースが多い場合もあり、わざとやっているのかな?と思えることもあると思います。具体的に言うと、面接官があくびをする、咳払いをする、無関心や無反応だったりするケースがそれに当たります。これらは一例なので、他にもケースがあるかもしれません。私も以前、そういう面接官に当たったことありますよ。私の場合には記憶は曖昧ですが、確か面接官が複数人いて、そのうちの1人の面接官が無表示であくびをしていたような記憶があります。あと、落ち着きのない感じで、こちらの回答に面接官がずっと無関心のような、そんな感じでしたね。その面接官は最初からそうだったわけではなくて、途中からそういう態度に変わったんですよね。だから、これは演技しているのかな?と思いましたが、結局その面接は落ちました。だから、面接官の態度が悪い場合に不採用になるのか?どうか、その傾向とやらはよく分かりません。

 

しかし、面接官がそういう態度に出るってことは、受験生を見極めようとする表れではないか?と思います。何を見極めようとしているか?は確実には分からないものの、あえてそういう態度をとる理由があるとすれば、普通に面接をやっていては分からない部分を見極めようとする以外に考えづらいのです。公務員試験や就活での面接官の態度が悪い場合、それはある意味こちら側に関心を寄せているとも言えます。何かを見極めようとしない限り、そういう態度には出ないと思うので、そういう態度が失礼とも思える面接官がいたら、それはチャンスかもしれないのです。結果的に受かるとは限りませんが、面接官の態度が悪い場合、受かるケースもあると思います。逆に落ちるケースもありますけど。面接官の態度で合否が分かれる可能性は十分にあるでしょう。面接官の態度が悪いとしても不採用になったケースが、私の場合はありましたから。面接官の態度が悪い場合で見極めた結果ダメだと思われたら落ちるのでしょう。だから、面接官の態度と合否の相関関係はあまりないかな?と思います。

 

面接官の態度が悪くなくても、受かるときもあれば落ちるときもあるわけですから。そして、面接官の態度が悪いときでも受かるときもあれば、落ちるときもあるわけですから、基本的には面接官の態度があからさまに変な感じのときには、逆にこっちに関心を持っていると思ってチャンスと捉えていくと良いかもしれません。受かるとは限りませんが、チャンスではある気がします。面接官の態度にイライラしたり、むかつくという感情を覚えても、基本的に顔や態度に出してはいけないでしょう。何を見ているのか?確実なことは言えませんが、とりあえずは今まで通りに普通の感じで、面接を続けていくのが良いと思うのです。その変な態度をとっている面接官は基本的に空気だと思って、スルーする感じが良いでしょう。たいてい会話をしていない面接官がそういう態度に出る気がするんですよね。そうじゃないケースもあるかもしれませんが。私のときにはそうでした。話をしていない別の面接官がそういう態度でした。面接官にイライラしたりすることは多々あると思うんですよ。それは向こうもあえてそういう風に仕向けている場合もあるでしょうし、意図していないけど、そういう風に思われたりする場合もあるかもしれません。だから、面接官の真意が分からないと何とも言えない部分もありますが、基本的には公務員試験や就活の面接官の態度が失礼とか、無表情、無関心のような感じでも、こっちとしてもその面接官の態度に無関心、無表情でいましょう。それが正攻法になるのかな?

 

面接官の態度が悪いと殴りたいと思っている人もいるかもしれませんが、そこは耐えましょう。ある意味、ストレス耐性を見ている面もあるかもしれませんから。ストレス耐性を見ている場合には、当然、ストレスに弱いなと思われたらいけませんから、面接官の態度が悪いとしても殴りたい気持ちなどは抑えて、冷静に受け答えをしていくのがとりあえずは良いと思います。圧迫面接とかだと、侮辱されたり、けなされることもあって、そのときには素直に認めえることが必ずしも正解とは限らず、ときには反論した方が良い場合もあるかもしれませんけど、面接官の態度がよくないときには基本的には、こちらから仕掛けるのが良い結果を生むとは思えないので、冷静に無視するのが良いと思いますよ。「あなた態度悪いですよ!」と指摘して、合格の可能性が上がるというのはあまり考えづらいかな?分からないですけどね。面接官の態度によって合格するか?どうかの可能性も変動するというのはあるでしょうけど、基本的には普通の態度でこちらは面接に臨んでいくのが良いと思います。

 

就活や公務員試験の面接官があくびをしていたり、腕組みをして無表情だったりしたら、非常に分かりやすいケースかと思います。こういう場合には、面接官は演技をしている可能性が高いと思うので、無視して面接を続けていければ良いと思います。面接官の態度が無表情っていうのは意図していなくてもたまにあると思いますけど、面接官の態度が無関心みたいな感じ、頷かないで聞いているのか?どうかも分からない場合には演技している可能性もありそうですね。あと、面接官が咳払いをするケースも、もしかしたら偶然もあるかもしれませんから、それも知っておきましょう。面接官の態度で合格や不採用が分かれる基準がはっきりすれば良いですけど、そうもいかないですからね。就活や公務員試験の面接官の態度が失礼や悪い場合があるということを知っておかないと、いきなりそういう場面に遭遇して狼狽することがありますから、そういうケースが存在することは知っておきましょう。

 

あわせて読みたい記事