リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

指定校推薦の成績の出し方と関係ある期間はいつから?いつまで?高校1年生から関係してくる?

【スポンサードリンク】

指定校推薦って、いつからいつまでの成績が使われるのか?よく分からなかったりしますよね。指定校推薦の成績っていうのはいつまでのが考慮されるのでしょうか?これはできるだけ早めに知っておいてほしいことなのですが、実は高校1年生からの成績が使われることが多いとされています。詳しくは大学ごとに違いますけど、多くの指定校推薦は成績はいつから見られているのか?というと、高校1年生の1学期から。つまり、高校入学後すぐにということになりますね。だから、指定校推薦を利用する場合には、高校入学時点からそれを視野に入れて、定期試験を受けていかないといけないのです。だから、高校2年生とか、3年生の段階で指定校推薦を利用しようと思ったときには、それまで真面目に勉強してきて、それなりの成績を残してきた人は良いですけど、そうじゃない人は、すでに遅い場合もありますね。一般的には指定校推薦の成績の出し方はいつからか?というと、高校1年生からになると思うので、早めに知っておきましょう。

 

そして、指定校推薦の成績はいつまでが関係あるのか?というと、すでに書きましたけど、多くの場合で高校3年生の1学期まででしょう。これは2学期途中に学内で希望者を募って選考をし、大学ごとに受験をしていくため、その時点で2学期の成績は出ていないのです。だから、指定校推薦ではいつまでの成績が見られているのか?というと、基本的には高校3年生の1学期までということになるでしょう。指定校推薦の成績はいつまでのが関係あるのか?という部分はどの大学でも共通だと思うのですが、いつから?の部分は多少大学ごとに変わる可能性があります。基本的には高校1年生の1学期からということになると思いますけど、そうじゃないケースもありますから。一部の大学の指定校推薦は成績は高校2年生からとか、高校3年生からとか、例外があると思うのです。だから、自分が入りたい大学の指定校推薦の条件を確認するときには、評定平均だけではなくて、いつからいつまでの成績が見られるのか?を確認しておいた方が良いでしょう。これは本当に早めに行ってほしいと思います。

 

指定校推薦の成績はかなり長い期間見られることになるので、これは結構重要ですよ。私は高校は推薦入試で入りましたけど、3年生の2学期のみの成績だけ見られていた気がします。厳密に言うと、中学3年生の2学期の成績は1学期分の含めるとされていたと思いますけどね。だから、中学の推薦入試と比べると、大分期間が長いので、その中で毎回良い成績を残して評定平均を上げていかないといけないということになります。指定校推薦の成績の出し方は、恐らく多くの高校生は知らないと思うので、指定校推薦に興味がある人は早めにそのことを知らないといけません。多くの大学では、指定校推薦の成績として評定平均が3.5~4.0くらいを要求しているのではないでしょうか?3.5はそんなにきつくないかもしれないけど、4.0って結構きついです。得意科目で引き上げて、苦手科目でも最低3はとっていかないといけないくらいだと思います。指定校推薦では1年の成績や2年の成績まで考慮されるケースが多いのが特徴だと思うので、やっぱり大変だなと思います。一般入試とかは1年生、2年生サボっていても、3年生から本気出して勉強ができれば、巻き返すチャンスはありますから。もちろん、1年生、2年生からやっておければ良いに越したことはないですけど。

 

指定校推薦は確かに楽に見える側面もあるかもしれないですけど、1年生の1学期からコンスタントに継続して一定程度の成績を収めていかないといけないので、それはそれで難しいことのように思います。大学受験は一般入試も難しいですけど、指定校推薦も良い大学に入りたいならばライバルが一杯いますし、一般入試とは違う苦労があると思いますよ。指定校推薦はそうやって長期的に頑張っていかないといけないので、まずは指定校推薦について知ることが大切です。そのうえで指定校推薦の成績の出し方や期間について知っておくことが大前提となります。指定校推薦の成績はいつからなのか?いつまでなのか?というのは指定校推薦の成績の出し方はできれば入学当時から知っておいてほしいですし、早めに調べて、こういったページにたどり着いてほしいと思います。あとは高校にどういう指定校推薦の枠があるのか?それぞれの大学の指定校推薦の条件は?などを調べておけると良いのです。指定校推薦の成績の期間や出し方の方法などは基本知識として、受ける可能性がある方は必ずチェックしておきましょう。

 

あわせて読みたい記事