読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

神奈川県秋季チャレンジの筆記や面接の倍率が高すぎ!教養のボーダーも高すぎ!

【スポンサードリンク】

神奈川県秋季チャレンジは以前は神奈川県早期チャレンジという言い方をしていました。この神奈川県秋季チャレンジは毎年11月頃、公務員試験のシーズンとはちょっとずれた時期に実施しているのが特徴です。そのため、この時期にはすでに公務員、または民間企業から内定をもらっている人が多くいるため、受ける人はそこまで多くないか?と思いきや結構いるんですよね。だから、神奈川県秋季チャレンジの倍率は結構高いです。平成27年度の試験結果が神奈川県のホーページに載っていますけど、それによると、25倍くらいあるんですよね。ものすごい高いです。募集人数が少ないわけではないと思います。6月に行われる地方上級の日程のときと比べると、採用予定者数は少ないですけど、神奈川県秋季チャレンジでは採用予定者数として30人~40人くらいは募集しているみたいです。したがって、単純に受ける人数が多いってことなんですよね。

 

神奈川県秋季チャレンジの平成27年の試験結果を見ると1335人が受けています。11月という時期にもかかわらず結構多くの人が受けているのが驚きです。そして、一次試験は252人が合格していますが、倍率にすると5.5倍くらいはあるのかな?結構高いです。神奈川県秋季チャレンジは筆記試験の倍率だけで5倍以上あるわけですから、当然ボーダーも高いはずです。神奈川県秋季チャレンジの筆記試験は教養試験が中心で、あとはエントリーシート的なものと論文試験になると思われます。神奈川県秋季チャレンジの教養試験は国立大学法人と似たような難易度と問題構成になっているので、国立大学法人の過去問をやると傾向がつかめるかと思います。神奈川県秋季チャレンジの筆記試験のボーダーはどれくらいでしょうね?倍率が5倍以上あって、問題のレベルはそこそこだとすると、最低6割ないと難しいと思います。できるならば7割近くとりたいでしょう。神奈川県秋季チャレンジの教養のボーダーは7割あればなんとかって感じな気もしてきます。7割でも確実とは言えないものの、神奈川県秋季チャレンジの教養の最低合格点や合格ラインを予想するとしたら7割くらいかな?と思うのです。6割だと可能性はありますけど、あまり望みはないかな?という感じです。

 

神奈川県秋季チャレンジは教養のボーダーが高い傾向にあると思いますから、しっかりと教養試験の勉強をしないといけません。そして、神奈川県秋季チャレンジの教養試験の傾向は過去問が売っていないと思うので、なかなか難しいですけど、先ほど言ったように国立大学法人に似ている気がしますから、その過去問を探してやってみると良いのではないでしょうか?神奈川県秋季チャレンジは筆記試験の倍率が高いですから、この時点でかなり難しいと言えます。しかし、問題は二次試験以降の倍率になります。神奈川県秋季チャレンジの平成27年の二次試験の倍率は215人受けて52人が合格ですから、4倍以上あります。二次試験は面接などが中心です。また変更の可能性もありますけど、過去に実施された神奈川県秋季チャレンジの人物試験の内容はグループワークと個人面接みたいです。グループワークとか、民間企業の選考ではよくやりますけど、公務員試験では珍しいと思いますから、そこの対策がとれているか?が問題になります。神奈川県秋季チャレンジでは人物重視と言えるくらいに面接の倍率が高いです。筆記の倍率も高いですけど、ちょっと高いくらいの感じです。しかし、神奈川県秋季チャレンジの面接の倍率はかなり高い印象です。

 

神奈川県秋季チャレンジは普通に難しい試験種で、地方上級で神奈川県庁に受かるよりもかなり大変でしょう。地方上級の時期には専門試験もありますけど、神奈川県秋季チャレンジはその分を差し引いても倍率的に難しいなと感じます。神奈川県秋季チャレンジは筆記試験の倍率はやや高いかな?くらいですが、面接の倍率が予想以上に高いので、なかなか受からないでしょう。神奈川県秋季チャレンジは人物重視って言って良いのかな?面接重視の採用試験な気がしてきます。そういった感じで、神奈川県秋季チャレンジはトータルでも25倍以上の倍率なので、相当難しいとは思いますけど、神奈川県庁で働くチャンスがあるので、それを生かしてもらえればと思います。時期的にはすでに内定を貰っている人もいるかもしれませんが、神奈川県庁がその内定先よりもさらに希望順位が上の場合には、こっちを受けてもらっても良いでしょう。神奈川県秋季チャレンジは今年もそれくらいの倍率になると思うのですが、まずは教養試験のボーダーを越えて、合格ラインを越えて、面接試験に進んで、グループワークなどと合わせて人物試験をこなしていかないといけません。神奈川県秋季チャレンジは面接重視の気配があるので、面接の対策もしっかりとやっていきましょう。神奈川県秋季チャレンジは倍率が高いです。特に神奈川県秋季チャレンジは面接の倍率が高い、二次試験の倍率が高いので人物重視の試験種として認識して、対策をしていってください。

 
あわせて読みたい記事