リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

公務員試験の上級とは?初級とは?大卒程度と高卒程度の違いで難易度、科目、年齢が異なる

【スポンサードリンク】

公務員試験における上級職という言葉がありますが、これは何を意味しているのでしょうか?別に中級職や初級職という言葉もあります。公務員試験における上級と初級の違いは明確ですね。大卒程度か、高卒程度か?ということです。一般的には公務員試験における上級と初級は難易度が違います。特に筆記試験の難易度です。初級は主に教養試験のみの場合が多いですけど、公務員試験における上級は専門試験まであるケースが多いと思います。そして、その間に位置する中級職というのは、短大や専門学校出身者が受ける試験ということになります。公務員試験の場合には小は大を兼ねることも多々あり、高卒の人が中級職や上級職を受けることも一部可能になることがあります。だから、逆に大卒の人は大卒程度の上級職しか受けられないことがほとんどですね。公務員試験における上級と初級の違い、中級との違いはこういったところになりますから、公務員試験における上級とは大卒の人が主に受ける試験ということになります。逆に公務員試験における初級とは高卒の人が主に受ける試験になります。

 

公務員試験における上級と中級と初級の違いはこういった感じです。すでに話したように、公務員試験における上級が難易度では1番難しいでしょう。逆に公務員試験における初級は相対的に簡単になります。筆記試験におけるレベルが上級よりも初級の方が簡単ですし、専門試験が出ないケースが多いと思うので、負担も少ないのです。では、似たような言葉で公務員試験における大卒程度とは何でしょうか?というのは、これは大卒の人じゃないと受けられない試験ではないのです。そう勘違いしている人もいるかもしれませんが、公務員試験における大卒程度とは?出題される筆記試験の問題のレベルが大卒程度ということであって、高卒や短大卒の人でも受けられるケースが多いと思います。公務員試験の場合には学歴よりも年齢で受験制限をしていることが多いです。だから、公務員試験における大卒程度のの試験は21~30歳くらいが多いのかな?と思いますけど、この場合には21歳以上の高卒の人でも、大卒程度の公務員試験を受けられるケースが多くあると思います。全部が全部そうというわけではないですけどね。

 

だから、公務員試験における大卒程度とは大学生じゃないと受けられないわけではなくて、出題される筆記試験のレベルの話をしているということになります。でも、年齢で区切られているということは、さっき説明したことが起きるわけです。高卒の人は大卒程度の採用試験を受けられるが、大卒の人は高卒程度の試験はほぼ受けられない可能性が高いということですね。公務員試験における高卒程度とは年齢制限がだいたい20歳くらいまでになっているのではないか?と思いますから、現実的に四年制大学の出身者は受けづらいです。そういう意味では、実は高卒者の方が公務員試験の受けられる選択が多いということになります。公務員試験における大卒程度と高卒程度の違いというのは、筆記試験の問題のレベルと年齢制限ということになります。公務員試験における大卒程度の年齢制限と公務員試験における高卒程度の年齢制限は違いますから。そして、公務員試験における大卒程度と高卒程度では受験資格が違うので、両方受けられる場合もあれば、受けられない場合もあるということです。公務員試験における大卒程度や高卒程度の別は受験資格を表しているように見えて、そうでもないのです。だから、ややこしいのです。

 

公務員試験における上級と初級の違いもそうですけど、公務員試験の大卒程度と高卒程度の違いというのもちょっと分かりづらいので、ちゃんと認識をしたうえで受験先を決めましょう。でも、公務員試験における上級と初級というのは、大卒程度と高卒程度に対応している形なので、分かりやすいかと思います。高校生が受けるならば、公務員試験は初級の方が難易度は低い受かりやすいと思います。あえて大学生に混じって大卒程度の試験に挑戦するリスクをとる必要はないでしょう。公務員試験における初級の方が受かりやすいとは言えるものの、将来の出世においては違いが出てきます。一般的に上級職で入った公務員と初級職で入った公務員は将来的な身分や給料において差が出ます。上級職の方が出世しやすいので、給料とかでも上にいきやすいですね。公務員試験における上級と初級では出題科目や年齢制限の違いがあります。それは公務員試験における大卒程度や高卒程度でも同じ違いになります。上級を受けるか?初級を受けるか?では、本当に大きな違いになるので、しっかりと認識したうえでどちらを受験するのか?決めていきましょう。

 

あわせて読みたい記事