読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

京都府の公務員試験の難易度は人物重視!面接や筆記の倍率は低いが、一次試験から面接を実施!?

【スポンサードリンク】

京都府の公務員試験は、関西圏の方ではかなり大きな自治体になるので難易度もそれなりかと思いますが、京都府の公務員試験の倍率はそこまでは高くありません。ある程度募集人数が多いというのもありますけど、京都府の公務員試験の上級職は行政ⅠがAとBに分かれています。また、京都府では行政Ⅰが10月にも採用試験があるようです。行政ⅠのBや行政Ⅱの試験、そして行政Ⅰの10月の試験は採用人数がかなり少ないので、多くの人は行政ⅠのAの採用試験を受けるでしょう。したがって、ここでは上級職の京都府の行政ⅠAの採用試験について話を進めていきます。京都府の行政ⅠAの平成27年の試験を振り返ってみましょう。この年の京都府は受験者数404人で、一次試験合格者数が174人となっています。この数字で言うと、倍率は3倍もありません。2倍ちょっとということになります。したがって、京都府の公務員試験の筆記試験の倍率を見ると、かなり低い数字ということが言えるのではないでしょうか?

 

京都府の公務員試験の筆記試験は、問題のレベルはそこそこ難しいと思うので、決して簡単ではありませんし、簡単に通過できるわけではありません。だから、京都府の筆記試験の倍率が低いと言っても、一次試験が簡単ではないのです。でも、京都府の一次試験の倍率が低いということは、それだけ筆記試験に通りやすくなっているということは言えます。倍率が高いよりは低い方が相対的に通りやすいですから。京都府の公務員試験は地方上級の日程でしょうから、京都府の公務員試験の筆記試験のレベルは結構高いです。だから、しっかりと過去問で練習をして、対策を立てておかないと、京都府の公務員試の筆記のボーダーを越えられません。京都府の筆記試験のボーダーは何点か?っていうのは、予想が難しいですけど、この倍率を考慮するならば、6割あればほぼ合格じゃないでしょうか?55%前後が京都府の筆記試験のボーダーや合格ラインになると思います。京都府の合格最低点の付近を狙うのではなく、もう少し上を目指してほしいですけどね。余裕を持って受かりたいので。

 

そして、京都府の公務員試験の二次試験が最後です。この年は164人が受験して82人が合格していますから、倍率はぴったり2倍になります。京都府の公務員試験の面接の倍率としては普通程度になると思います。高くはないですし、低くもないでしょう。京都府の面接の倍率はそういった感じですけど、2人に1人は落ちることになるので、簡単とは良い切れません。京都府の公務員試験は人物重視と言えるでしょう。というのも、ちょっと試験制度が複雑なのですが、京都府の公務員試験の行政ⅠAでは一次試験から面接があります。二次試験でもあると思いますけど、それぞれの面接でもきっちりと受験者を見てくるでしょうから、多少なりとも京都府の公務員試験は面接重視の側面があると言えると思います。一次試験から面接を実施する公務員試験はなかなかないですからね。

 

そして、京都府の公務員試験では専門試験が選択制になっているようです。行政ⅠAでは、専門試験は法律、経済、総合政策の3つから選択していきますが、それぞれで科目が違います。ホームページに具体的なそれぞれの科目が出ていますが、法律、経済、総合政策で選択ができるということは、苦手な科目を解かなくても良いというのは大きいかもしれません。京都府の公務員試験は一次試験の倍率がかなり低いですけど、面接試験も含んでいますから、侮らない方が良いでしょう。京都府の公務員試験は面接重視という雰囲気がありますし、面接が一次試験からあるということで、京都府の公務員試験の難易度は結構高いと思います。面接が苦手な人にとっては、特に京都府の難易度は高く感じるかもしれないのです。京都府の上級職の行政ⅠAの職員採用試験の難易度はこういった感じです。トータルの京都府の公務員試験の倍率は平成27年度は4.9倍になっているので、全然高くありません。

 

でも、京都府の公務員試験は筆記試験の問題のレベルが難しいのと面接の倍率が低くはないので、一次試験も二次試験もそれぞれ対策をしっかりやらないとなかなか受からないでしょう。倍率だけでは測れない京都府の公務員試験の難易度の高さがあるような気がします。京都府の難易度はそこそこあると思うのです。京都府の公務員試験の一次試験の倍率と二次試験の倍率はホームページでさらに過去のものや最新のものが見られると思いますから、気になる方は見ておいてください。あと、京都府の公務員試験の上級職の受験案内も最新版をチェックしておいてほしいと思います。前年と変更点があるかもしれませんから。京都府の上級職の職員採用試験はそれなりに難しいです。筆記試験から難しいと思うので、何度も言いますけど、筆記試験の対策も念入りにやっておかないと、一次試験も通らないことがあると思います。京都府の公務員試験の一次試験の倍率は低いですが、面接もありますから。そして、京都府の公務員試験の二次試験の倍率も高くはないですが、面接重視の自治体になると思うので、気は抜けません。京都府の公務員試験の難易度は人物重視で、面接が鍵になるというのは覚えておきましょう。

 

あわせて読みたい記事