リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

那覇市の公務員試験の難易度はヤバイ?筆記も面接も倍率が高い可能性・・・筆記のボーダーも高いか?

【スポンサードリンク】

沖縄県那覇市は、圏内でも1番の都市になると思いますけど、この沖縄県那覇市の公務員試験は、どういった状況で行われているのでしょうか?那覇市の職員採用のページを見ると、過去に行われた試験結果が載っているので、それを見れば那覇市の公務員試験の難易度がだいたい掴めると思います。那覇市の平成27年度の公務員試験の上級の行政職の結果を見ると、一次試験を受けたのが517人で、そのうち合格者が71人とすごい少ないですね。那覇市は筆記重視の自治体なのか?と思えてきますけど、この受験者数ならば、150人くらいは一次試験に合格させても良い気もしますけど、那覇市の考えがあるのでしょう。この時点で那覇市の公務員試験は筆記重視の臭いが漂います。ちなみにこの年のデータを見ると、那覇市は中級行政と初級行政の筆記の倍率も同様に高いです。那覇市は毎年こういう感じなのかな?

 

那覇市の一次試験の倍率は7倍を超えるほどになっており、この年は本当に那覇市の筆記試験の倍率はヤバかったですね。この傾向が今後も続くのか?どうかは分からないものの、那覇市はある程度筆記試験で絞ってくる。面接試験に残れる人数は多くないという特徴があるのかもしれません。那覇市の筆記のレベルは物凄い高い可能性があるので、一次試験がクライマックスと言えるかもしれません。相当勉強しないと、この那覇市の筆記の倍率は突破できないでしょう。那覇市の上級行政の一次試験の倍率が7倍越えなんて聞いたことないですからね。これが那覇市の公務員試験の1つの特徴にもなります。そして、那覇市では二次試験以降はどうなっているのでしょうか?同じく平成27年度の上級行政の場合ですが、71人一次試験に合格して、62人が二次試験に臨んでいます。この62人のうち二次試験に受かったのは31人ですから、那覇市の二次試験の倍率はちょうど2倍です。那覇市の一次試験の倍率と比較すると大分低いなという感じがするかもしれません。実際、那覇市の公務員試験の上級行政のトータルの倍率は16倍以上となっているので、この年は本当に難しかったんですね。他の年も同様かもしれません。

 

那覇市の公務員試験の難易度としての評価は高いと言えると思います。全体の倍率が16倍以上あるっていうのは、これだけ大きな自治体の場合にはそうはないと思いますから。だいたい5~10倍くらいの間に収まるケースが多いと思うんですけど、那覇市の場合には前代未聞の倍率とも言えるかもしれません。那覇市は面接の倍率がそこまでではないので人物重視ではないとは思いますけど、那覇市の配点が分かりませんから、何ともいえない部分もあります。しかし、那覇市の面接の倍率が2倍、筆記の倍率が7倍くらいとすると、那覇市は筆記重視と評価することができると思います、那覇市は筆記試験が難しい。問題のレベルというよりは、突破するのが難しいですね。実際、ここまで那覇市の筆記試験の倍率が高いと、筆記試験のボーダーも予想できません。予想が難しすぎます。ここまで筆記の倍率が高いケースってなかなかないですから。でも、那覇市の筆記試験のボーダーは普通に考えてかなり高いでしょう。那覇市では行政職は教養試験も専門試験もあるので、それらを踏まえると、問題の難易度にもよりますけど、那覇市の筆記試験のボーダーは6割程度は最低いるかもしれません。那覇市の筆記の合格ラインや最低合格点というのは予想ができませんが、他の自治体と比べたら多少は高く見積もっておかないといけないでしょうね。

 

那覇市の場合には二次試験の内容がかなり盛りだくさんで、これは受けるだけでも疲れるなという印象です。那覇市の二次試験の試験内容は論述試験、口述試験(集団面接、個人面接)、適性検査、健康検査が行われます。だから、那覇市の試験実施の時期は9月みたいですけど、地方上級に試験の内容が似ていると思います。那覇市は市役所C日程になるのかな?という感じですけど、地方上級っぽい試験内容なんですよね。ちなみにこの年の那覇市の採用予定者数は若干名となっています。上級行政職もそうです。でも、この年の那覇市の最終合格者数は31人もいるんですよね。31人が全員採用されたってことはないでしょうけど、若干名ってことを踏まえると、ほとんどの人間は採用されなかった可能性もありますよね。那覇市の採用予定者数は若干名となっていますが、文字通り受け取ると2,3人くらいの印象です。31人のうち、2,3人だと大半は最終合格したが、不採用ということになってしまいます。実際に何人が採用されたか?は分からないのですが、那覇市の実質の倍率はもっと高いのかもしれません。こういった点を踏まえると、那覇市の面接の倍率は2倍くらいになっていますけど、実際はもっと高いと言って良いのかもしれませんし、那覇市の公務員試験の難易度はさらに高いと言えるでしょう。那覇市は筆記試験の倍率も高いが、実は面接試験の倍率も高かったかもしれないですし、那覇市は人物重視まではいかなくても、筆記重視という感じでもないかもしれません。那覇市の公務員試験は全体的に見て結構難しいと思いますから、筆記試験の対策、面接試験の対策ともに力を入れて、取り組んでいかないといけないでしょう。

 

あわせて読みたい記事