読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

二松学舎大学の偏差値やレベルはどれくらい?受験科目の難易度や倍率は低いので受かりやすい?

【スポンサードリンク】

二松学舎大学は学部が2つしかない大学ですが、少人数の学生でそれなりの人気を誇っている大学になります。この二松学舎大学はキャンパスが割と都心に近い場所にあることから、学生からも人気で、受験生からも支持されている面はあると思います。その二松学舎大学はどうも知名度があまりない印象です。東京の大学ではあるものの、東京の人でもどこまでの人が知っているか?は微妙なところだと思います。東京の二松学舎大学はやはり規模が小さくて学生が多くないため、OB、OGが少ないというのも影響しているかもしれません。そういった事情のため、どうしても二松学舎大学の難易度が分かりづらいというケースがあると二松学舎大学の難易度は実は学部によっても大分違うので、その点を考慮して見ていかないといけないでしょう。二松学舎大学は文学部と国際政治経済学部がありますけど、偏差値がそれぞれで結構違います。二松学舎大学の文学部は偏差値が高く、相対的に国際政治経済学部は偏差値がやや劣ります。二松学舎大学のレベルは学部によって違いが大きいのです。

 

二松学舎大学では文学部の偏差値が特に高いです。偏差値だと55弱くらいあるのかな?と思います。学科によって多少は異なるものの、偏差値が55弱ということは、日東駒専レベルはあるということでしょう。したがって、それなりの難易度ということが言えると思います。しかし、二松学舎大学の偏差値は文学部はそれくらいあるものの、二松学舎大学の国際政治経済学部の偏差値はやや劣ります。こちらは50弱くらいですから、大東亜帝国くらいということになります。二松学舎大学の偏差値は全体で言うと、52、3くらいだと思うので、大東亜帝国以上、日東駒専未満ということになるでしょうか。この間の大学って結構あるんですよ。二松学舎大学もその1つかな?と思います。玉川大学とか、文教大学とか、神奈川大学とかはこの2つの大学群の間に位置づけられています。二松学舎大学の難易度はだいたい分かってもらえたと思いますが、客観的な二松学舎大学のレベルはセンター利用入試のボーダーを見れば分かるでしょう。

 

二松学舎大学の文学部のセンター利用のボーダーは結構高いんです。70~75%くらいです。学科によって違うんですけど、国文学科の方が中国文学科よりも高いとされています。文学部も学科は2つしかないのですが、やっぱり学生数は多くないということでしょうね。二松学舎大学文学部のレベルや難易度は高いということになります。一方、二松学舎大学国際政治経済学部のセンター利用のボーダーはというと、こちらは60%強くらいなので、大分差があります。二松学舎大学の国際政治経済学部は国際政治経済学科しかありません。そして、一般入試の方はどうなっているのか?というと、A方式とB方式が主にあります。二松学舎大学のA方式の受験科目は、国語が必須で、英語、日本史、実技から1科目選択します。だから2科目になるのかな?実技は中国文学科のみみたいですし、国語は現代文が必須で、古文と漢文が選択みたいです。そして、B方式は英語、国語、実技から1科目選択なので、1科目入試になります。実技は中国文学科のみ選択可能です。国語は現代文、古文、漢文から選択になります。そして、二松学舎大学文学部のS方式があって、こちらは英語、国語、日本史の3科目入試で、成績優秀者は奨学金を受給できる権利が得られるとされています。そして、国語は現代文、古文、漢文から1科目選択となっています。さらには国語のみの1教科入試もあり、こちらは現代文のみです。

 

そして、二松学舎大学国際政治経済学部の受験科目としては、まずはA方式があります。こちらは英語、国語(古文、漢文を除く)、地歴公民数学の3教科入試です。地歴は日本史、世界史、公民は政治経済、数学は数Ⅰと数Aとなっています。このA方式の成績優秀者は奨学金を受給できる権利を得られるようです。そして、B方式はA方式の3教科の中から1教科だけを選んで受験できる1教科入試です。こちらは大分負担が楽ですよね。そして、D方式もあります。こちらは英語のみの1教科入試になります。二松学舎大学の受験科目は文学部と国際政治経済学部で違いがありますし、入試方式も異なる部分があります。バリエーション豊かで、選択肢が多いので、自分に合った入試方式を選んで受験することが可能になります。1教科入試とかもあるので、二松学舎大学の難易度は上手く入試方式を選べればより簡単になります。二松学舎大学は受かりやすい大学と言えるかもしれません。二松学舎大学のレベルはそこそこなんですけど、受験科目が少なかったりして、上手く自分に合った入試方式で受けられれば、二松学舎大学に受かりたい人の望みは叶いやすいと言えるでしょう。二松学舎大学の偏差値はそこまで高くないですし、受験科目に柔軟性があるので、受かりやすい大学の1つじゃないか?と思います。倍率に関してもそんなに高くないですから。二松学舎大学に入りたい人はチャンスが多い、受かりやすいと思われる入試方式を調べて、そこを選ぶということが重要ですし、あとは学部でどっちを受けるか?ということもかなり大切です。文学部と国際政治経済学部では難易度が違いますから。

 

二松学舎大学を目指している方、興味があるという方はスタディサプリ進路から大学案内が請求できます。この大学案内は二松学舎大学の入試情報や大学生活に関する情報について詳しく書かれており、とても参考になると思います。入試情報については学部別、入試方式別に必要な科目、配点、募集人数、日程などを詳しくまとめてくれていると思いますし、過去の入試結果で倍率や合格最低点なども載っている可能性があります。また、二松学舎大学に入学したらどういう4年間を過ごすのか?についても気になるでしょう。そういった人のために、二松学舎大学の学生が日頃どういう授業を受けて、何を学んでいいるのか?ゼミやサークルなどはどういう雰囲気か?卒業後の進路はどうか?などを学部別に紹介している可能性もあります。そういった情報を見ると、今まで知らなかった二松学舎大学の魅力に気付けたり、自分が二松学舎大学に入ったらどういうキャンパスライフを過ごすのか?が想像できたりして、今まで以上に二松学舎大学に入りたい気持ちが強くなるかもしれません。スタディサプリ進路のトップページから「二松学舎大学」と検索して、「パンフをもらう」のリンクをクリックすると、必要事項を入力する画面になるので、そこを記入して送信すると、自宅に届くはずです。無料ですから、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事