読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

年賀状のバイトの評判や口コミで仕事は楽?忙しい?しんどい?感想を見てみよう

【スポンサードリンク】

毎年年末、そして年始にかけて大量に募集される年賀状のバイトですが、これはやってみたいと思っている人は多くて、時給は安いんですけど、結構人気のバイトでもあります。この年賀状の仕分けバイト、配達バイトの評判はどうなんでしょうか?事前に実際に年賀状のバイトの経験者の口コミなどを見ておくと良いと思います。年賀状のバイトは仕分けも配達もしんどい、大変な可能性がありますから。この年賀状のバイトは主に内務と外務に分かれており、内務は郵便局内での仕分け作業がメインで、外務は配達作業がメインになります。この年賀状のバイトの仕事内容できついのは、どちらかというと内務かな?という印象もあります。というのも、ひたすら住所や名前、郵便番号などによって仕分けする作業を続けていくだけなので、時間が長く感じる人もいるかもしれませんし、身体が疲れそうですね。外務は配達をするだけなので、ある程度マイペースに行えますし、監視も緩いでしょうから。ただ、天候によっては外務も厳しいバイトになる可能性もあるので、注意して欲しいと思います。

 

というのも、季節的にはどうしても雪が降りますから。都内とか、近畿圏はともかく、雪が降りやすい地域でこのバイトをするときにはやっぱり天候に注意が必要です。雪が降るとどうしてもスムーズに配達ができづらいので、それが苦労につながることもありますから。年賀状の配達のバイトの仕事内容はただ配達するだけではあるものの、仕事内容はややきつい可能性もある。それを左右するのが天候ですね。年賀状のバイトは仕分けも配達もきつい要素はありますから。楽に見えるかもしれないけど、楽じゃないというのは覚えておくと良いと思います。でも、これも結局郵便局によるかもしれません。つまり、郵便局に届けられる年賀状の量によるからです。年賀状の量が多ければ、それだけ仕分け作業も配達作業も多くなるので、仕事内容がきつくなります。逆に少なければ、そういう郵便局での年賀状のバイトは楽に感じることもあるかもしれません。そうなると、どの郵便局で年賀状のバイトをするか?応募するかというのが1つポイントになりますね。

 

どちらかというと、大きな郵便局の方が年賀状は大量に届くでしょうから。年賀状のバイトの仕事は大変と言えるかもしれません。でも、そういうところは採用者も多くなると思うので、そこまで差はないかもしれませんが。どこで勤務をしても一定のきつさはあると思った方が良いでしょう。年賀状のバイトは忙しい、しんどいというのはどこもある程度は共通だということです。ただ、この年賀状のバイトの評判を見ると、勤務する場所によって感想が全然違う感じです。例えば、研修がしっかりしているところとそうじゃないところがあるようで、事前に年賀状のバイトをするにあたっての仕事内容をきちんと教えてくれる丁寧な郵便局とそうじゃないところがあるようで、仕事のやりやすさ、やりづらさがもろにあるようです。あとは勤務する時間帯にもよりますけど、割と残業が多くなるケースもあると思いますが、きちんと給料は払ってもらえるはずです。このバイトは高校生、大学生、フリーターの人などが多くを占めているため、ある程度若い人たちが一緒に働く機会が多く、うまくいけば友達などができるかもしれません。仲良くのびのびと働く環境は揃っているので、人によっては働くのが楽しいと感じる。そういった評判もあります。

 

一緒に働く人はどういう人になるのか?というのは入ってみないと分かりませんが、年齢層はだいたいどこの郵便局でも変わらないでしょう。変わるとすれば、それは先ほども言ったように郵便局の体質や姿勢です。つまり、バイトに対して丁寧に指導してくれるか?どうかといった点が郵便局によっても違うようなので、自信を持って働けるケースと戸惑いながら働くケースが必ず出てきます。年賀状の仕分けや配達のバイトがきついと、大変と感じる理由はそこにもあるかもしれません。だから、年賀状のバイトをする前には評判をチェックすることもそうですが、それぞれの郵便局に関する口コミなども見ていけると良いでしょう。そういうのがネット上に載っているのか?どうかも分かりませんが、きつい仕事は嫌だとか、バイトに厳しい郵便局は嫌だという方は、郵便局選びもちゃんとしないといけません。そういうのは面接を受けたときの感触でも多少は分かりそうな気はします。私も年賀状バイトの面接を1回だけ受けましたが、面接官役の職員の人の対応というか、喋り方がやや高圧的というか、口調が厳しい感じで、ここで働いて大丈夫かな?という気は多少していました。結局、そこは落ちたんですけど。だから、面接のときの感触も1つ参考にしてみると、良い郵便局で働ける可能性もあると思います。

 

ただ、一定程度はどの郵便局でも年賀状のバイトはしんどいはずですし、忙しいはずなので、完全に楽というケースはまずないでしょう。年賀状バイトで楽と感じる郵便局があったら、それはそれですごいです。だから、年賀状のバイトの評判や口コミを見て、自分でもできそうだと思ったらやってみましょう。体力面と根性があれば、内務なら務まるはずです。やるべき仕事内容は内務ならば未経験者でも全然大丈夫ですから。未経験でもOKという点は非常にありがたいですし、だからこそ多くの学生が応募してきているのでしょう。作業自体は単純で難しいわけではないですが、同じような作業を続ける傾向があるため、面倒に感じたり、身体のあちらこちらが痛くなってきたり、身体が疲れてくるケースは考えられますので、忍耐力や体力はある程度必要でしょう。それに年末年始は連続で勤務する日が多くなる可能性も高いですから。そういった点に注意しておければ良いと思います。年賀状のバイトは忙しいですけど、1年である時期にしかできませんから、せっかくの機会なのでやってみると良いと思います。

 

あわせて読みたい記事