読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

武蔵野市の公務員試験の難易度が高すぎる!筆記は普通だが面接の倍率が前代未聞!

【スポンサードリンク】

東京都の武蔵野市の公務員試験は例年かなりの大人数が受験しており、難易度も相当だと思いますけど、受かるのはかなり難しいと思った方が良いでしょう。平成27年度として行われた試験を見てみると、最終合格者数が24人なのに対して、受験者数が1531人ととんでもなく多いです。倍率を計算してみると、70倍くらいあるんですかね?武蔵野市の公務員試験の難易度の高さを象徴する数字だと思いますけど、この数字はなかなか越えられないでしょう。武蔵野市の倍率はかなり高いということが分かってもらえたと思いますけど、年度によって武蔵野市の倍率は多少変動すると思います。でも、極端には変わらないと思うので、この武蔵野市の公務員試験に受かるには、筆記、面接ともに相当対策をしないといけないと思いますが、それでも受かる人は限られているので、武蔵野市の公務員試験は超難関と言えます。

 

この年の武蔵野市の一次試験の合格者数は1501人中435人なので、こちらは普通の数字ということが言えると思います。3~4倍くらいでしょうか?でも、武蔵野市の筆記試験の倍率が普通程度ということになると、以降の倍率はとんでもないといとになりますね。武蔵野市の公務員試験の倍率としては、全体が70倍という数字にこの年はなっているので、二次試験以降の人物試験と思われる試験では、約20倍という数字になっています。一次試験が1番簡単ですけど、それ以降の試験が超難関になります。武蔵野市の難易度はすでにご覧になってもらった通り、非常に高いですけど、ここでは非常にバリエーション豊かな試験が実施されているので、それを乗り越えないといけないということになります。武蔵野市の公務員試験は一次試験が筆記試験で、二次試験から人物試験になります。二次試験は集団面接で、三次試験が集団討論で、四次試験が個別面接で、五次試験が理事者面接となっています。二次試験以降はほとんどが面接です。武蔵野市の面接の倍率は約20倍です。集団討論も入っていますけど、人物試験ということでトータルで見るならば約20倍ということで、とんでもない数字ということが言えます。受かる気しないですね。

 

武蔵野市に受かるには、筆記試験は倍率的になんとかなると思います。普通の数字ですから。勉強を丁寧にやっていけば、合格点は越えられると思うのです。しかし、武蔵野市の筆記のボーダーがどれくらいになりそうか?っていうのは、ちょっと予想が難しいです。武蔵野市の筆記のボーダーは何点か?問題の難易度にもよりますからね。でも、そんなに高いとは思えません。筆記試験は武蔵野市の場合には足きりにすらなっていませんから。そこから20倍の試験ということになれば、ここからが本番という感じかもしれません。ほとんど人物試験がメインのような自治体ですから、武蔵野市は人物重視ということが言えるでしょう。しかも、面接が多いので、武蔵野市は面接重視ということも言えるかと思います。武蔵野市が面接重視の自治体というのは、武蔵野市の面接などの倍率を見ればなんとなくわかると思います。筆記支援はほとんど足きり同然というくらいでしょうけど、実際は足きりにすらなっていないのです。武蔵野市の姿勢としては、面接や集団討論を通じて、人物本位の採用を行っていくという思惑であると思います。人物重視の自治体は多いですけど、武蔵野市の場合にはその難易度が高すぎるでしょう。この武蔵野市の面接の倍率はただものではありません。

 

武蔵野市に受かりたい人は面接重視ということを理解して対策をしないといけません。面接などの対策をしっかりやることは前提ですが、しっかりやっても受かる人間はごに一部なので、ほとんど人間は二次試験以降で落ちるということになります。運ゲーともいえそうな採用試験かもしれませんが、武蔵野市の公務員試験の難易度は全国の中でも相当でしょう。東京都の自治体だから、受けてくる人は多いです。独自日程なのかな?だから、チャンスを増やすために、受けられるところは全部受けるつもりで、受験生が殺到するのかもしれません。その結果、こういったとんでもない高い倍率になるということがあるので、本当に注意してかからないといけないのです。しっかりと対策をしても受からない確率の方が高いと言えると思いますけど、本当に大変だと思うので、他併願先の自治体の試験と合わせて、やれることを全力を尽くしていきましょう。武蔵野市の採用試験に受かるのはかなり難しいですから、他の試験で内定を取れるように、ここは受かったらいいなくらいの気持ちでいければ良いかもしれません。第1志望の人は是非頑張ってもらいたいですが、それ以外の試験種が本命の方は、そちらに注力しつつ、武蔵野市の試験の対策をしていくと良いと思います。武蔵野市の公務員試験の難易度はかなり難しいので、武蔵野市の公務員になりたい人、採用試験に受かりたい人は特に面接試験が大変なので、それを理解して受験をして、対策をしていってください。武蔵野市の筆記の倍率はそうでもないけど、面接の倍率はとんでもないですから。武蔵野市の面接の全体の数字を見たら、なかなか現実的に厳しいということが分かるのではないでしょうか?

 

あわせて読みたい記事