リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

旅行会社への就職の難易度は?評判として激務で忙しい、給料が安い、将来性が心配という口コミもある

【スポンサードリンク】

旅行代理店などへの就職の難易度はどうなのでしょうか?こういった旅行会社への就職を希望している人は結構多いみたいです。旅行会社への就職は評判が気になるでしょう。就職先のことは事前によく知っていないといけませんからね。だからこそ、旅行会社の評判に関しては事前によく調べておいた方が良いと思います。しかし、難易度ということでいえば、大手の会社も多いですし、それなりに難しい可能性があります。ただ、旅行会社への就職を考えている人に1つ言っておきたいのは、今後の業界の将来性です。旅行っていうのは完全に娯楽です。生活必需品とかではないわけですね。今後、日本においては正社員も含めて、多くの人たちの給料は下がり続けるといわれています。そうなると、必然的に娯楽にお金を使う人間が少なくなりますね。今は新婚旅行に行かないカップルも増えてきていますし、行っても国内とか、お金がかからないところへの旅行が多くなってきていると思います。数十年スパンで考えると、旅行会社への就職は将来性があるのか?という点が非常に疑問です。旅行会社の将来性はあまり芳しくないという見方もできると思いますよ。旅行に行く人は一定割合はいるはずですけど、その規模は縮小傾向に鳴る可能性もあるのです。

 

未来のことは完全に予想するのは厳しいですけど、旅行会社への就職はそういう将来性のリスクもあるというのは知っておくべきでしょう。さて、旅行会社への就職の難易度というのは、一概には言えませんが、人気業界でもあると思うので、それなりには高いと思いますけど、大手の会社も多いので、そういったところにはかなりの学生からのエントリーがあるでしょう。華やかな業界というイメージもあるのか?やっぱり旅行会社への就職は人気が高いと思いますから。そして、当然考慮しておかないといけない部分としては旅行会社の給料が安いという点です。これは業界全体で言われていることですが、旅行会社ははるかに給料が安いという点がよく指摘されています。具体的な金額はそれぞれの会社で違うものの、業界全体を平均すると、他の業界と比べても旅行会社は薄給と言われることが多々あるのです。会社によってまた格差はあると思いますけど、中傷や零細になればなるほど、激務なのに給料が安いということが起きるわけですよね。旅行会社の仕事内容はきついと言われています。仕事がきついのはどの業界、どの会社でも変わらないかもしれませんけど、今後の旅行に対する需要低下の懸念を踏まえると、今よりもさらに激務になる可能性もあります。そうしないと生き残れない会社っていうのが絶対にありますから。

 

旅行会社は激務と言われていのでその時点できついですけど、その激務度合いが今後さらに加速する可能性があるということなのです。旅行会社はきついのはしょうがないです。仕事内容がきついのはどこもある程度共通していますから。しかし、問題は将来性とのリンクの問題で、旅行会社の将来性がそれほど期待できない場合、激務に耐えられるか?我慢できるか?という問題があります。将来性があるから、今我慢していれば、将来は出世して、給料が上がって、という未来予測ができれば、激務にも耐えられる可能性はありますけど、そういう展望が見えないと、今の激務に耐える精神力すら生まれに可能性もあります。旅行業界の全ての会社が将来性がないわけではないです。上手く時代に対応して経営戦略を考えて、安定させられていくところもあるでしょう。しかし、全ての会社がそうなるのは無理でしょうから、どうしても不安定な経営を迫られて、旅行会社の中でも激務が必至になってしまうところもあります。そして、そういう旅行会社は将来性という点でもあまり期待できないので、働くうえでのモチベーションも生まれづらいのです。旅行会社への就職では給料が安いというのは大前提になりつつありますから、まずはそこを覚悟しないといけないのと忙しいという点も無視できないでしょう。旅行会社の評判としては20日連続で休みナシの勤務をしたという報告もネット上にありますし。予想以上に旅行会社はきつい仕事と言えるかもしれません。働く企業による部分もあるとは思いますけど。

 

旅行会社への就職は難易度自体はそこそこかな?とは思いますが、仮に入れてもやはりそこからが問題でしょう。旅行会社の評判はネット上を探せば多く見つかりますから、やはり見ておいたほうが良いと思います。旅行会社への就職は年収が低いということ、旅行会社は忙しいという点、旅行会社への就職は将来性があるのか?主に3つですね。いろいろな旅行会社への就職の口コミを見てけば、失敗も少なくなると思いますから。あと、気になるのは転勤かもしれません。これも会社によって違いがあると思いますけど、これは割と頻繁にある会社もあるようです。旅行代理店などの旅行会社は転勤がつきものというイメージもあるかもしれませんが、現実はそうなっていることもよくあります。これは避けて通れないでしょう。ある程度大規模な転勤が旅行会社への就職ではありうるということになります。これも旅行会社への就職に関する評判の1つになりますけど、転勤は旅行代理店は避けられないでしょう。転勤が好きな人ってあまりいないと思いますけど、旅行会社の評判としてあるのは転勤が半年から1年の間にある可能性もあるということみたいです。でも、ここは会社によりけりの部分も大きいですけどね。

 

旅行会社への就職ではやはり年収が低いことが挙げられ、大手の会社でも薄給に近い状態になることもあるようです。中傷や零細の旅行会社の年収の安い具合ってどうなってしまうのか?ということですが、リクナビとかマイナビならば初任給は調べられると思うので、事前に応募する会社を決めるときには見ておきましょう。旅行会社では給料が安いというのは非常にきつい面でもあると思いますが、仕事内容の問題もありますから、旅行会社への就職は難易度とそこが釣り合っていない感もあるかもしれません。難しい業界ではないかもしれないけど、簡単に就職できる業界でもないでしょうから、旅行会社への就職は難易度の割に待遇がイマイチと感じる人が多いのではないか?と思います。旅行会社は忙しい、給料が安い、将来性が微妙という現状があると思われますから、そういった状況を踏まえてこういう業界を受けていくか?旅行会社の口コミはいろいろなものを見ておいた方が本当に良いと思います。その口コミの一部をここでも紹介しましたが、実際に働いてみた人の経験をもとに受けるか?どうか決めていくと良いでしょう。

 

あわせて読みたい記事