読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

市役所上級とA日程の難易度は?面接や筆記の倍率とボーダーはB日程とC日程よりも易しい?

【スポンサードリンク】

市役所上級の試験というのはどれくらいの難易度なんでしょうか?呼び方がいくつかあると思うんですけど、市役所A日程と一緒なのではないか?と思います。市役所A日程っていうのは、地方上級と同じで6月の最終週に行われる試験になると思います。7月に行われるのが市役所B日程、9月に行われるのが市役所C日程になるでしょう。市役所A日程の難易度がこの中だと1番高そうにも思えますが、そうとも言い切れません。市役所上級の難易度は市役所A日程と同じというか、この2つは呼び方が違うだけで同じものと思って良いと思います。というか、市役所試験の中でも地方上級に規模が近い自治体の採用試験を市役所上級と呼んでいて、市役所A日程で開催するということになると思われます。市役所上級の難易度は地方上級よりも易しいです。市役所上級の倍率は乳地方上級とあまり変わりませんが、筆記の問題のレベルが易しい場合が多いです。さらに、市役所上級は市役所B日程やC日程よりは簡単と言える側面もあります。それは市役所A日程は採用予定者数が割と多いケースが目立つからです。相対的に市役所B日程やC日程は採用予定者数が少ないケースが多いです。多くても15人くらいとかですかね?それくらいが多い気がします。

 

しかし、市役所A日程は採用予定者数が地方上級並に多い場合も多く、そこが市役所上級と呼ばれている所以なのかもしれません。市役所A日程は募集人数としては20~50人くらいと幅広いと思います。割と多めです。そこが規模の大きめの自治体ということになるのでしょう。市役所上級の募集人数は多めのところが多いので、ここは1つチャンスと言えると思います。そして、募集人数が多いと倍率が下がりやすくなります。逆に募集人数が極端に少ないと倍率が上がってしまって、受かる確率がとても下がってしまうのです。だからこそ、市役所上級の難易度の方が市役所B日程、C日程よりも易しいということが全体としては言えます。全ての自治体がそういう比較になるわけではないですけど。ただ、そういった状況ならば市役所の職員になりたいならば、市役所A日程が特に受かりやすいということになります。市役所A日程の倍率は恐らく高くても20倍いくか?どうかじゃないですか?低いところは5~10倍くらいだと思います。一方、市役所B日程やC日程は低くても10~20倍くらいはありそうです。高いところになると50倍以上とかもあるので、本当に難しい試験になるでしょう。そして、市役所B日程やC日程では面接の倍率が高くなりやすいので、そこがポイントになると思います。複数回の人物試験の実施により、面接の回数が多くなり、倍率が高くなるというのが市役所試験なのです。

 

市役所A日程は相対的に筆記試験が難しく、面接試験は簡単ということが言えると思います。市役所A日程の筆記のボーダーの方が高いでしょうね。市役所A日程はたいてい教養試験と専門試験になりますが、市役所B日程とC日程は教養のみのところが多いです。問題の難易度の市役所A日程の方がレベルは高いと言えるでしょう。しかし、地方上級よりは簡単だと思います。市役所A日程の筆記試験のボーダーというのは何点か?は予想できませんけど、55~60%くらいが多いのかな?と思います。一方、市役所B日程とC日程は教養のみですが、筆記試験の倍率は低い場合が多いです。2倍を切るケースもあります。平均は2倍から3倍いかないくらいだと思います。そうなると、50~55%くらいが筆記試験の合格ラインになりそうです。市役所A日程の筆記のボーダーは何点か?っていうのは予想が難しいですけど、高い点数を要求されることはまず無いと思います。問題のレベルは市役所A日程は普通くらいでしょうから、地方上級よりは簡単です。地方上級と市役所上級の違いの中で1番顕著なのは、筆記試験の問題のレベルになるでしょう。他は似ているところも多いですけど、市役所上級と地方上級の違いでは筆記試験の難易度が違います。あと、出題科目も微妙に違いっている場合があるのです。専門科目が少なかったり、各科目の出題数が違ったりすることもあります。そういった違いが市役所上級の難易度と地方上級の難易度の違いにもなっているんですよね。一般的には地方上級の方が難しいですから、同じ日程ならば市役所上級の方を受けるという手もありますが、地元を受ける人が多いので、そうなると選択の余地は余りありません。出身地や住んでいるところで自動的にどこを受けるか?決まりますから。でも、出身地や住んでいるところ以外を受けても良いんですけどね。

 

市役所上級の試験は筆記試験や面接試験の倍率や筆記試験の難易度、どれをとっても普通くらいの感じで、標準的な試験と言えると思います。そのためおすすめの試験種で、受かりやすい試験種の1つになるかもしれませんけど、市役所A日程と地方上級は日程がかぶっているので、どちらを受けるか?考えないといけません。どちらも地元の自治体が試験をやっていないとなれば、市役所A日程の方が難易度は易しいと思います。市役所A日程は面接の倍率も筆記も倍率も標準ですし、対策もしやすいと思うのです。地元以外を受けると志望動機などを考えるのが大変かもしれませんけどね。市役所A日程は難易度的には受かりやすいので、いくつか公務員試験の併願をするときの候補の1つになればと思います。結構、人気の日程ですから、受験者数は多いと思いますけど、受かる可能性がそれなりに期待できる場合も、自治体によってはあると思うので、自分が受けたいと思う市役所A日程の面接や筆記の倍率を調べていくと良いと思います。F

 

あわせて読みたい記事