読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

平塚市の公務員試験の難易度は筆記は簡単だが、面接の倍率が高すぎ?人物重視で難しい

【スポンサードリンク】

神奈川県の平塚市というのは湘南のイメージ、海のイメージがある街かな?と思いますけど、この街の公務員試験では、非常に多くの人が受験をしています。受験者数は本当に地方上級の政令指定都市にも近いのかな?と思えるほどですけど、ちょっと正確には分かりません。1番新しい平成27年度の試験では応募者が559人とはなっていますけど、受験者数の正確な数字が分かりません。したがって、ちょっと微妙なところではありますけど、応募者がこれだけ多いならば受験者数もある程度は多いと思われます。そして、一次試験の合格者数は257人ですから、倍率はどうなんですかね?平塚市の筆記試験の倍率は正確な数字として出ないのですが、応募者559人のうち、何人が受験したか?によります。全員が受験したのが最大になりますが、その場合で計算すると2倍強って感じになります。だから、平塚市の筆記試験の倍率はかなり低いですよ。全員が受験したと仮定した場合でも、2倍強くらいなわけですから、この数字でも低いくらいなので。

 

そうなると、現実的な平塚市の筆記の倍率は実質は2倍以下ということになるかもしれません。筆記試験の倍率がそれだけ低いとなると、筆記試験は相当簡単ということになるかもしれません。平塚市の一次試験は書類選考みたいなので、一般的な教養試験や専門試験とは書かれていないので、その分難易度も違うでしょう。でも、倍率からすると、受かるのはそんなに難しくないのかな?と思えてきます。平塚市の難易度では筆記は易しいが、面接試験などはやはり難しいということが言えるのではないでしょうか?平塚市の公務員試験の難易度は人物重視っぽい感じがしています。そして、平塚市の公務員試験の二次試験はどうか?というと、二次試験の受験者数は明記されています。239人となっており、合格者は103人です。だから、平塚市の二次試験の倍率は2倍強くらいですね。2.3倍くらいでしょうか?恐らく人物試験になると思いますけど、面接などが2倍を超えてると、ちょっと難しく感じるかもしれません。そして、平塚市の三次試験は82人が受験して、65人が合格しています。この三次試験は倍率はかなり低いですね。それは良いんですけど、平塚市の公務員試験の難易度の高さでいえば、やはり試験が長いところも1つあると思います。なかなか終わりが見えないのです。平塚市の公務員試験の難易度はここを1つのポイントとして高いといえそうな気がします。平塚市は四次試験もあって、こkでは64人が受験をして26人が合格しています。ここの倍率は上がりましたね。そして、最終合格者が22人となっているので、まだもう1回試験があったのではないか?と思われます。

 

平塚市の公務員試験は5回くらい選考がある可能性があるということになりますから、非常に長い試験になります。平塚市の職員採用試験の難易度はかなり高く見えますね。やはり平塚市の倍率が全体で相当高いと思われるからでしょう。一次試験の受験者数が正確には分からないので何とも言えないものの、最高で25倍くらいはあるんですかね?これはこの年の理論上ありえる最高の数字になりますけど、現実はそこまではいかないと思います。それでも平塚市の倍率は20倍近くはトータルである可能性があるので、20人に1人しか受からないかもしれないとなると、やっぱり狭き門ですね。特に平塚市の筆記の倍率は最高でも2倍強くらいなので、高くはないのですが、平塚市の面接などの倍率が問題です。二次試験以降は面接などの人物試験になるでしょうから、そこがかなりポイントになってくると思います。平塚市の二次試験以降のみの倍率に絞ると10倍くらいあるんですよね。そうなると、平塚市は面接重視って感じではないでしょうか?面接重視の自治体は平塚市だけじゃなくて、いろいろなところでもありますけど、平塚市に関しても面接などの倍率が高いでしょうから面接重視と言えるかと思います。平塚市の公務員試験の難易度はやはり難しいと思います。平塚市の職員になるには、この長い選考を戦って、最終合格を掴まないといけませんが、今後どうなるか?は分かりませんけど、恐らく同じような傾向に今後もなっていくのではないでしょうか?

 

 平塚市の公務員試験の内容は一次試験が書類選考、二次試験がディベートとなっているので、恐らく集団討論みたいな感じでしょうか?三次試験がSPIによる適性検査、四次試験はグループワークと個人面接、五次試験が個人面接です。だから、ある意味一次試験から人物試験っぽいですね。これが事務職の平塚市の公務員試験の内容です。平塚市の公務員試験は一般事務A-Ⅱというのが恐らく多くにとって関係のある試験です。これは平塚市の事務職では採用予定者数が1番多いです。毎年、平塚市の採用予定者数は一般事務のA-Ⅱは20人くらい募集されています。平塚市の公務員試験は面接などの倍率が鍵を握っているでしょう。面接以外にもいろいろな人物試験でじっくり見られるわけですから、平塚市の公務員試験の難易度は高そうですね。平塚市の公務員試験はかなり人物重視です。面接は四次試験と五次試験ですが、それ以外の人物試験をどう攻略するか?が課題でしょう。受験案内は自分でも確認して、最新の情報を把握しておいてください。年度によっては平塚市の試験内容が変わる可能性もありますから。そういった確認をしてから、その年度の公務員試験の対策を整えていきましょう。

 

あわせて読みたい記事