読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

関東学院大学の偏差値や難易度のレベルは?倍率は低くて入りやすい学部は法学部!

【スポンサードリンク】

関東学院大学は神奈川県の金沢八景にある大学で、文系のみならず、理系の学部も充実しているのが特徴です。文系の学部も多いですけど、理系の学部も非常に多くて、総合大学としてはかなりの規模になっていると思います。関東学院大学は法学部、経済学部、社会学部、国際文化学部、教育学部、人間共生学部などが文系学部としてあります。そんな関東学院大学をこれから受験しようと思っている方は、その入試情報についても知っておいた方が良いでしょう。関東学院大学では偏差値は45前後くらいの学部が多いでしょう。だから、関東学院大学の難易度はそんなに高いわけではないですね。大東亜帝国よりは下のランクになるのかな?と思いますが、関東学院大学のレベルはそこまで高いわけではないですが、一般入試などで受ける人は勉強をしないといけないでしょう。関東学院大学で偏差値が高い学部というのは、相対的に抜けている学部という意味ではあまりないですね。文系学部に関しては、多くの学部で関東学院大学の偏差値はそんなに離れていないと思います。そして、関東学院大学では受かりやすい学部っていうのもそんなにないかもしれません。

 

それは既に紹介したように関東学院大学ではレベルの差が学部によってそんなにないからです。関東学院大学では入りやすい学部を探すよりも受けたい学部を探したほうが良いのではないか?と思います。ただ、一部ちょっと難しいところもあるので注意は必要です。関東学院大学のセンター利用入試のボーダーを見ると、文系学部はたいてい50~60%の間くらいですが、7割を越えるケースも一部あります。センター試験との併用型は除いて、センター試験のみで合否が決まる関東学院大学のセンター利用入試の得点率は一部だけちょっと高い学部学科があるので、そこは関東学院大学の中でも難易度が高いと言えるかもしれません。関東学院大学の中ではそういった難しいところもありますから、そこを受けるときには注意をしてほしいと思います。関東学院大学で偏差値がちょっと高いが教育学部で、ここは先ほど言ったようにセンター利用入試の得点率も高いですから。逆に一応、関東学院大学で入りやすい学部を言っておくと、偏差値では法学部って感じですかね?関東学院大学の法学部の偏差値は他の学部よりも多少低いです。言うほど差があるって感じではないですけど。しかし、チャンスがより大きな学部ということは言えると思います。

 

関東学院大学では入りやすい学部は文系は法学部になると思います。ちなみに関東学院大学の法学部のセンター利用入試の得点率は何割か?というと、センター利用の単独入試では47%という数字がパスナビに載っています。関東学院大学のセンター利用入試のボーダーは何割か?というと、先ほど言ったように多くは5~6割くらいなので、やはりここは低いですよね。関東学院大学センター試験のボーダーや得点率が低い、入りやすいのは法学部ということが言えるでしょう。関東学院大学では受かりやすい学部は一応存在しますが、そういったところにこだわる必要もないと思います。関東学院大学の受験科目などを考慮して、あとは自分の興味のありそうな領域や今後のことを考えて大学選びをしていくと良いかと思います。現時点で特にこれといって興味のある学問領域がないとしたら、これから興味を持てる可能性もあるので、いろいろな学部で学ぶ内容を調べてそれで選ぶのも良いかもしれません。

 

関東学院大学の倍率に関してですけどその点においてもやはり法学部は入りやすい学部と言えるでしょう。関東学院大学の倍率は調べてもらえれば前年のデータが分かると思いますが、多くの学部学科、入試方式で1倍ですね。高くても2倍ちょっとというのが文系の多くの学部となっているのです。そして、関東学院大学法学部の倍率は一般入試もセンター利用も1.0倍から1.2倍くらいが多いです。かなり低いです。この点を見ても関東学院大学で受かりやすい学部は法学部ということも言えると思います。関東学院大学の倍率は学部別、学科別、入試方式別に大学のホームページやパスナビに載っていると思うので気になる方は別の学部についても調べてみてください。関東学院大学の倍率は全体的にそんなに高くないですから、そこは覚えておきましょう。そして、関東学院大学を受ける予定の方、受けるかもしれない方は受験科目などは1度調べておきましょう。関東学院大学では受験科目が学部学科、入試方式によって違っているので、それを調べて理解をしてから受ける学部を決めると良いと思います。関東学院大学のレベルや難易度も理解して、そのうえで受験先を決めていくと良いでしょう。関東学院大学は偏差値もそんなに高くはないですし、難しいとは思いませんが、一般入試で受験をする方はきちんと対策をして、過去問をやって、万全の体制で臨んでいきましょう。関東学院大学では入りやすい学部も存在していますが、どこを受けるか?はいろいろな要素を考慮して、自分で決めていきましょう。関東学院大学は文系も、理系も選択肢が豊富にあるので、どの学部学科を受験するか?は慎重に決めていきましょう。

 

関東学院大学を目指している方、ちょっと興味を持っているという方は「リクナビ進学」から資料請求ができるので、知っておくと良いと思います。ここで手に入る資料は関東学院大学の大学案内で、入試やキャンパスライフの情報が満載です。入試情報については各学部ごと、入試方式ごとに必要な科目、日程、配点、募集人数などを細かく、分かりやすく載せていて、かつ過去の倍率や合格最低点なども載っている可能性があります。また、関東学院大学に入ったらどういうキャンパスライフを送るのか?について、在学生が普段どんな授業を受けて、何を学んでいて、ゼミやサークルではどういう風に過ごしていて、卒業したらどういう進路を歩むのか?などを学部別などで教えてくれているのではないでしょうか?そういう情報を見ると、自分が関東学院大学に入学したときの姿を想像できたり、今まで知らなかった魅力を理解できたりして、より一層入りたい気持ちが強くなる可能性もあるかもしれないです。リクナビ進学のトップページの検索窓に「関東学院大学」と入れて検索をすると、「パンフをもらう」というリンクがあるので、そこをクリックして必要事項を記入すると、自宅に届けられます。無料なので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》リクナビ進学で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事