読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

甲南大学の偏差値のレベルは?難易度や倍率で入りやすい学部は?センター利用のボーダーは何割くらい?

【スポンサードリンク】

甲南大学は近畿圏の中堅大学として有名で、非常に人気もあります。しかし、この甲南大学は最先端の学部も含めて、非常にバリエーションに富んだ学部構成をしており、どこを受けるべきか?迷っている人もいるのではないでしょうか?甲南大学を受けたいとは思うが、どの学部を受けたら良いのか?ちょっと難しいという人もいますよね。甲南大学は文系、理系ともに数多くの学部があり、今風のカタカナを使った学部もあるため、どこが良いのか?そもそも何を学ぶ学部なのか?が分かりづらいというケースも多くあると思います。そういった状況の中では甲南大学に入りたいという気持ちがあるならば受かりやすい学部を目指すというのも1つの手です。甲南大学で受かりやすい学部の候補として上がるのは知能情報学部です。ここは甲南大学の中でも偏差値が低い方ですし、甲南大学の中でもレベルもやや劣る感じです。そして、甲南大学の難易度を表すときにはセンター利用入試のボーダーを見ると分かりやすいです。1つの指標にもなるのではないでしょうか?では、実際の数字はどうなっているのでしょうか?

 

甲南大学のセンター利用入試のボーダーは何割くらいか?というと、だいたい7割~7割5分強くらいかな?という印象です。特に甲南大学の文学部、法学部、経済学部、経営学部などの主要学部のセンター利用の難易度やボーダーは何割くらい必要か?というと、このくらいになってますね。それと比較すると甲南大学の知能情報学部のセンター利用入試のボーダーはもっと少なくて済みます。甲南大学知能情報学部のセンター利用の得点率は7割くらいですね。だから、少し少なくて良いのです。また、センター試験併用型になると6割代前半で受かるみたいなので、甲南大学の中では穴場的なおすすめの学部と言えるかもしれません。甲南大学で入りやすい学部は1つの候補としてはこの知能情報学部ですが、甲南大学の偏差値を見ると法学部も候補になるかもしれません。甲南大学の法学部は偏差値が少しだけの他の文系学部と比べて劣ります。とはいっても、そんなに差はないのですが。また、偏差値はどこが出すか?にもよりますから、一概に比較は難しいですけど、例えば、パスナビの偏差値では甲南大学の中では少しだけ低く出ています。甲南大学の中で偏差値が低いからといって、受かりやすいとは限りませんが、1の目安にはなるかもしれないのです。それ以外の学部では文学部も狙い目かもしれないです。文学部は学科が多くあるため、偏差値などにばらつきが出るわけです。

 

甲南大学の文学部のセンター利用入試のボーダーを見ると7割台後半が必要なところもあれば、6割台のところもあるので、文学部全体で見たら甲南大学で入りやすい学部とは言いづらいですが、特定の学科だけに絞ったらそこは入りやすい学部の1つと言えるかもしれないのです。ただ、現実的には文学部の中で1番受かりやすいと思われる学科でも法学部と同じくらいですから、そこまで入りやすいという感じはしないかもしれません。そう考えると、甲南大学でも受かりやすい学部というのはあまりないかもしれないのです。甲南大学の難易度を測るのは難しいですけど、そこまで学部間の格差があるという感じではないんですよね。甲南大学の難易度は文系学部に限って言えば、そこまで偏差値などが抜けている学部もないですし、劣っている学部もないので、どこが受かりやすい、受かりづらいというのは甲南大学の場合には外面的な状況からは判断が難しいです。一応、候補を挙げましたけど、結局は過去問の傾向との相性とか、倍率とかにもよりますから。甲南大学のレベルは全体的に拮抗している感じなのです。でも、甲南大学の倍率を調べてみるとまた何か見つかるかもしれませんね。しかし、甲南大学の倍率を最新年度で調べてみましたが、あまり差はないですね。全体的に3~4倍で収束しています。ちなみにこれは一般入試の前期の話です。センター利用とか、後期日程になれば倍率も変わってくる可能性もありますけど、1番受験者数が多いと思われる前期日程では文系の学部は概ね3~4倍の間で差が見出しづらいです。

 

しかし、甲南大学の知的情報学部の倍率は2016年度は2.6倍と少しだけ低くなっています。したがって、これもわずかですけど甲南大学で入りやすい学部の1つと言えるかもしれません。でも、甲南大学の倍率は前期日程の一般入試に関しては差は言うほどないので、今後もこの傾向が続けば受けたい学部を探して、そこを受けるというのが良いと思います。自分でも甲南大学の倍率で細かい正確な数字が知りたい方は調べてもらいたいと思いますし、後期日程やセンター利用の倍率が気になる方は調べてみましょう。甲南大学に入りたい人は3科目をとりあえず偏差値55あたりに近づけられるようにすると良いと思います。学部によってはそこまでなくても十分受かるかもしれませんが、それくらいあれば確率がかなり上がりますから。甲南大学に受かるにはもちろん勉強は必要ですが、目標としてはそのあたりの偏差値を目指していくと良いでしょう。甲南大学の難易度の目安としてはそのあたりの偏差値が模試でとれていれば合格の確率も高いと思うので。あとは過去問をやって傾向と対策をしていくことですね。甲南大学の入試のレベルに自分を合わせていく感じですか。甲南大学はレベルは中堅ですけど、簡単に受かるわけではないので、しっかりと対策をしていきましょう。非常に人気のある大学なので、ライバルは多いので頑張って勉強をしていくことが大切です。

 

甲南大学に入りたいという方、気になっている方はリクナビ進学から資料請求ができます。ここで行える資料請求は大学案内ですから、甲南大学に関する魅力的な情報が多く載っています。甲南大学の入試情報に関しては、学部別や入試方式別に必要な科目、配点、募集人数、日程などを分かりやすくまとめていると思いますから、非常に貴重なものとなりますし、甲南大学の入試制度についてかなり理解が進むと思います。また、甲南大学に入学後のことに関しては、在学生などが普段受けている授業はどんなものか?そこで何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどういった雰囲気なのか?卒業後の進路は?などを学部別などで紹介してくれているでしょう。つまり、自分が甲南大学に入学したらどうい4年間をそこで過ごすのか?が分かりやすくなりますから、今まで知らなかった甲南大学に関する魅力に気付けて、今よりもさらに入りたくなる可能性もあります。そういった甲南大学の大学案内はリクナビ進学のトップページの検索窓に「甲南大学」と入れて検索をして、そこから「パンフをもらう」のリンクをクリックすると、必要事項を記入するページになります。そこに入力をして送信すると、自宅に届けられるでしょう。無料なので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》リクナビ進学で学校パンフをまとめて請求

 

 

あわせて読みたい記事