リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

面接の逆質問がない場合、思いつかない人は意欲さで評価されよう!いくつ、何個用意すれば良いのか?

【スポンサードリンク】

就活などの面接では必ずといっても聞かれるのが逆質問になります。これは多くの人が聞かれているが、何を質問すれば良いのか?分からないという人もいるのではないでしょうか?無理矢理質問を考えることにもなるのかもしれないですけど、面接における逆質問が思いつかないという場合にはありませんと答えるのも1つの手ですが、そう答えてしまうと99%評価を下げてしまうことになるでしょう。つまり、これは茶番かもしれないですけど、単なる質問をしても良い機会として捉えるのではなく、質問をしないといけない機会と捉えた方が良いと思います。実際、ほとんどの人は無理矢理考えているでしょう。面接での逆質問はない場合でも捻って、考えてなんとか質問をしているケースも多くあると思います。面接で逆質問がない場合には聞きたくもないことを質問することになりますが、なんとか考えていったほうが良いと思います。あと、もう1つ困ることがあって、面接における逆質問はいくつ必要なのか?というと、複数いる場合もあるのです。そこがまたこの問題の大変なところでもあるのです。

 

面接における逆質問がない場合には1つ考えるのも大変かもしれませんが、複数考えておいた方が良い場合もあるというのはいっておきたいと思います。それはどんな場合か?というと、面接官が「最後に何か聞いておきたいことはありますか?」と質問して、自分が答えます。その回答が面接官からありました。その後、「他にはないですか?」とか、「もう大丈夫ですか?」と聞かれる場合があるのです。このケースでは2つ目以降も質問ができるチャンスがあるという風にも捉えられますけど、逆に言うともう1つ聞かないといけないのか?という事態にもなります。さすがに面接の逆質問でいきなりありませんと答えるのは印象よくないですけど、2回目でありませんと答える、またはもう大丈夫です。みたいな感じに答えるのはそんなに印象は悪くないと思うのです。他にないか?もう聞いておきたいことはないか?と言われて、さらに追加で質問をした方がより意欲的に見えるという部分はあるかもしれないので、質問をすることがあるあらばした方が良いとは言えるかもしれません。面接での逆質問は意欲を見せることも1つの目的なので、評価してもらうには意欲的に見える姿勢というのがどうしても必要なのです。したがって、2個目、3個目とかも考えておいた方が良いとは言えると思います。でも、質問ならば何でも良いというわけでもないので、そこが難しいです。

 

よく言われているのは、調べればすぐに分かるようなこと、面接官が答えようがなことを聞くと、それは評価を下げる要因になるとされています。だから、難しいのです。面接の逆質問で意欲的だと評価されるには、適切と言える質問の内容になっていないといけないのです。だから、面接で逆質問が思いつかない人は苦労するわけですよね。で、実際こういった面接の逆質問はない場合には何を聞けば良いのか?というと、候補はいくらでもあると思います。先ほど言ったように、こういう面接の逆質問は意欲を見せることが重要なので、面接官から見て意欲が見える質問ならば何でも良いわけですよ。面接の逆質問ではアピールを狙いたいですからね。では、具体的にどういった質問が良いのか?というと、例えば特定の事業にかかわりたいとか、特定の職種をやりたいという希望をすでに持っている場合、どういう人がそれを任せてもらえるのか?どういう適性を持っている人が選ばれるのか?などを「聞くと良いかもしれません。こういった質問はすでに入社した後のことを考えており、自分の希望を通すためには、より良い環境で働くためには今からどうしたら良いのか?ということを聞いているわけです。つまり、その会社で働くうえでの向上心を持って、能力や適性を高めようとする姿勢が見えるため、こういったものを面接の逆質問で聞けば意欲的という見方をしてもらえるかもしれません。ただ、こういった質問にはリスクもあるので注意をしておきましょう。それは何か?というと、面接官が答えられるとは限らないことです。分かる範囲での回答になるというケースもあるかもしれませんけどね。

 

先ほども言ったように調べたらすぐに分かるようなことと聞いても答えようがないことは質問してはいけないのですが、その間のバランスととった質問を考えるというのは意外と大変だと思うんですよ。しかも、面接での逆質問は何個か用意しておいた方が良いとなれば余計に手間がかかります。ただでさえ面接の逆質問は思いつかない人が多いのに、いくつも考えていかないといけないのは厳しいですからね。実際、こういう面接の逆質問は何個くらい必要なのか?というと、1つの企業に対して1つは最低用意しておきましょう。多い方が良いですけど、1つあればとりあえずは良いと思います。面接での逆質問はアピールのチャンスなので、ありませんと答えてしまうのはもったいないのです。したがって、意欲を見せて評価してもらえるような逆質問を考えていくと良いと思います。面接の逆質問の評価は1番最後になることも多いので、それで全ての印象が決まる可能性もあるとなれば、面接の点数や合否に大きな影響を与えやすいのは間違いないでしょうから、本当に真剣に考えていきましょう。

 

あわせて読みたい記事