読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就職に有利な学科!工学部は就職に有利、強いが最強は機械工学科と電気電子工学科

就職活動 大学や学部の選び方
【スポンサードリンク】

理系の場合にはどの学部を選ぶか?で就職に有利か?不利か?がかなり決まるとされています。文系の場合にはあまりそういう差はないです。文学部は就職に不利とされている風潮はありますけど、文系では学部よりは大学名の方がよっぽど重要です。理系では大学名自体も重要になることもありますけど、それと同じくらい学部名が重要でもあるのです。さらに学科も重要です。文系では学部までは見ても学科まではちゃんと見ないケースもあると思いますけど、理系はそこはちゃんと見ているんじゃないですか?工学部といっても就職に有利な学科とそうじゃない学科があります。工学部の何学科か?で就職の可能性は全然違うと思った方が良いと思います。でも、工学部は就職では最強と言われる面もあるのです。工学部は就職には有利と言われていることもありますから、実際高校生の時点で理系の学部に進学することを決めている人は工学部や理工学部を選ぶ人も少なくないでしょう。それは理系の仕事内容は大学、または大学院で学ぶことと直結することが多いため、どの学部に在籍していたか?で業務への貢献度や潜在能力を測れる部分が大きいのです。

 

でも、工学部が就職に有利といっても全てのケースでそうなるか?は分かりません。確かに工学部は就職に強いでしょう。それは全体的な傾向としては言えるかと思いますが、細分化された学科次第で企業からの見方は異なってくると思います。工学部の機械工学科や電気電子工学科の就職先は幅広いと言われています。そういう分野で学んできた学生がその学力を生かせる場所が多くあるというのも理由の1つでしょう。日本というのは製造業が大変発達しており、大企業、中小企業を問わず、非常に多くの企業が存在しています。そこで欠かせないのが彼らなんでしょう。工学部の機械工学科や電気電子工学科の学生は活躍する場がとても多いということになります。一方、工学部でも化学系や建築系の場合にはその活躍の場は相対的に少ないと言えるかもしれません。化学系だと薬学部があるというのもありますが。理学部が相対的に就職は不利とされている理由もここになるかもしれません。工学部が就職に強いというのは全体としては確かに言えるかと思いますけど、学科によってその有利の傾向には差があるというのは知っておくべきでしょう。だから、これから大学や学部を選ぶ人は工学部ならどこでも就職に有利とは思わずに、学科までこだわるようにしましょう。工学部は就職に有利な学科を選ばないと意味がないということなのですね。就職を見据えて学部選び、学科選びをする人にとっては。

 

工学部は就職先としては大手企業も候補にかなりなると思います。工学部は就職では最強という呼び声もあります。最強か?どうかは分かりません。薬学部や医学部もありますから。ただ、工学部は就職では最強の部類には入るとは思いますけどね。工学部でも機械工学科と電気電子工学科の就職先はひくてあまたでしょう。選択肢が広いわけですよ。特に日本においては有利ですね。日本と言えばやはり自動車産業がかなり大きな存在ですが、そこで欠かせないのがこの2つの学科です。自動車産業は裾野が広いですし、従業員数も多いので、これからを担う人たちとしてすでに大学の工学部で機械工学科や電子工学科を学んでいるというのはかなり大きいのです。あとは電化製品やIT器機を作っている会社も同様で、彼らの力を最も生かせる場と言えるでしょう。そういう企業はNECパナソニック、シャープなど大企業であるケースが多く、社員数が多いだけに需要も多くなるということも言えるのではないでしょうか?そういった点から工学部は就職では最強ということも言えなくはないかもしれないのです。自分が目指す大学の工学部の電気電子工学科や機械工学科の就職先の具体的な企業を調べてみると良いかもしれないです。そうすれば、どういった企業に就職の可能性があるか?というのがなんとなく分かると思います。

 

工学部は就職には有利ですが、そこで4年間学ぶということも考えないといけません。これは全員に当てはまることではないですけど、工学部は勉強自体はあまり面白くないという声も聞かれます。したがって、工学部は就職には強いとしても、興味がない人が入ってしまうと、卒業まで苦労することになるかもしれません。それに結局はそこでそのように過ごすか?というのも就職には影響しますから、入ってしまえば良いというものでもないのです。工学部の機械工学科や電子工学科は就職には有利で強いですけど、ちゃんと真面目に勉強はしておかないといけないでしょう。工学部で就職に強い学科としてはこのあたりを覚えておけば良いと思います。逆に工学部の化学系や建築科などは就職に不利まではいえないかもしれないが、就職先としてはそんなに需要が高いわけではないので、工学部の他の学課と比べると就職に差が出るということもあるかと思います。工学部で就職に強い学科を探している人はこの機械工学科と電気電子工学科は第一候補でしょう。工学部で就職に有利な学科という基準で学科選びをするのが間違いとは言いませんが、先ほども言ったように就職のためだけに大学に入るわけではないので、学ぶ内容などの他の要素も勘案してほしいとは思います。工学部の電気電子工学科と機械工学科の就職先はやはり最強ということも言えると思うので、おすすめの学部学科とは言えるものの、これから大学へ進学をするという人は、そこで4年間学ぶことは必ず考慮しておきましょう。大学生として楽しくキャンパスライフを送るために。

 
あわせて読みたい記事