読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

山形県の公務員試験の難易度や採用予定者数は?面接と筆記の倍率は低いが人物重視の可能性が高い?

【スポンサードリンク】

 

山形県の公務員試験の大卒程度の難易度はどれくらいなのか?過去の実施状況を見ると、大分判断がしやすいのではないか?と思います。山形県の大卒程度の公務員試験の事務職はそれなりの募集人数で最終合格者も多いみたいです。平成27年度の試験結果では、最終的に66人が合格しているのです。山形県の行政職の公務員試験は一次試験が389人の受験で合格者が111人となっており、倍率は3,5倍です。標準という感じがするのではないか?と思います。この山形県の公務員試験の筆記試験の倍率ならば簡単ではないが、難しくもないという感じでしょう。そして、山形県の二次試験は111人の合格者のうち、109人が受験をしており、うち66人が合格しているのです。山形県の公務員試験は二次試験で終わりなので、割とすっきりとした試験内容と言えるかもしれません。山形県の公務員試験の内容については後で詳細を書きますが、割と受かりやすい自治体と言えるかもしれないですね。少なくとも山形県の公務員試験の倍率は全体では6倍くらいなので、結構低いほうになると思います。

 

山形県の公務員試験の倍率はすでに示したとおり、高くはありません。しかし、簡単には受からないでしょう。他の自治体と比べて相対的に山形県の公務員試験は受かりやすいということは言えなくはないと思いますけど、油断はできません。やはり筆記試験の対策もそうですけど、面接が重要ですから。もちろん、山形県は筆記も倍率はそこそこですから、ちゃんと筆記対策はしないといけませんけど。でも、山形県の公務員試験に受かるには面接が鍵になると思うんですよね。山形県の面接の倍率は2倍もありません。1倍台後半なので、これも標準か、やや低いくらいか?という感じです。でも、全員が受かるわけではないです。平成27年の場合だと109人中66人が受かっているということは、43人は落ちているわけですから。だからこそ、筆記と違って受かるための必勝法が存在しない面接は難しいのです。それは山形県も例外ではないということになります。だからこそ面接の倍率は低いけれども山形県の公務員試験では面接はかなり重要と言えます。倍率を見る限りは人物重視というという感じはしないですけど、恐らく山形県の公務員試験の面接の配点はそこそこ高いのではないか?と思われます。どれくらいか?は分かりませんけど、筆記試験と比べたら高くても不思議ではないのです。山形県の公務員試験の難易度は一見すると高くないが、低いとも言えないとは思います。では、山形県の公務員試験ではどういった試験内容が実施されるのか?についても知っておいてほしいと思います。

 

山形県の公務員試験の試験内容としては一次試験が筆記試験で、教養試験と専門試験になります。そして、二次試験は論文試験があるようですが、それとは別に適性検査、個別面接があるようです。論文試験は日程としては一次試験でやるような書き方が受験案内ではされていますけど、採点自体は二次試験みたいなのです。そして、山形県の公務員試験の二次試験では2回目があるみたいで、そこでは個別面接と集団討論をやることになっていて、非常にハードな内容となっています。したがって、二次試験だけで日程を分けてやるということになるので、かなり大変でしょう。いろいろな人物試験が混ざっているという意味では、山形県の公務員試験は人物重視とも思える内容になっているのかもしれません。これらの試験内容を見ると、やはり面接や集団討論が鍵になりそうです。山形県の公務員試験の受験案内はまた内容が変わる可能性もありますから、自分でも最新のものを確認しておいてください。ちなみに山形県の採用予定者数はこの年は50人ですね。だから66人という最終合格者のうちにどれだけが採用されたか?は分かりません。山形県に受かったけど選ばなかったという人もいると思うので、その人がどれだけいたか?によって、最終合格者のうち、採用される人数が決まりますからね。でも、山形県の公務員試験の採用予定者数は割と多いんじゃないか?と思います。年によっても変動はあるでしょうけど、50人は結構多いので、それによって山形県の公務員試験の倍率も下がっているのかもしれません。

 

山形県の公務員試験の筆記の倍率は標準くらいで、面接の倍率はやや低いくらいなので、山形県の難易度は高くないですし、受かりやすいかもしれませんけど、簡単に受からないと思って気を引き締めた方が良いでしょう。山形県の公務員試験に受かるには面接の倍率は低いけれども、やはり面接が重要だと思います。複数回ありますし、集団討論もあります。そして、適性検査もあるので、全体的には人物重視の雰囲気があるのです。そういったことを踏まえて、山形県の筆記対策もしながら、面接などの対策のことも考えていけると良いでしょう。山形県の職員採用試験に受かるにはやはり面接でどれだけアピールできるか?にかかっていると思いますから。山形県の公務員試験の難易度は高くはないです。でも、受かるためには筆記試験の勉強も面接試験の練習もしっかりやって、着実に合格していくことが必要になります。

 

あわせて読みたい記事