リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

青山学院大学と立教大学はどっちがいい?法学部と経営学部は歴然!偏差値や就職での違いおすすめは?

【スポンサードリンク】

青山学院大学立教大学ではどっちがいい?と思うのでしょうか?毎年この2つの大学は進学を悩む人が多いみたいで、W合格したときにどっちがいいのか?意見をYahoo知恵袋とかで聞いている人が多いです。雰囲気とかも似ている大学なので、ちょっと決めづらい面もあると思いますけど、どっちも有名大学で偏差値も高くて、良いところが多いと思います。青山学院大学立教大学では偏差値の違いは多少はあります。でも、難易度はそこまで違いはないかもしれません。偏差値は立教大学が全般的に上です。しかし、倍率は青学が上のケースも多く、青山学院大学立教大学では難易度はそれぞれ違った難しさを持っているということになります。でも、MARCHという括りで見れば対して変わらないかもしれませんが、MARCH内で順位をつけるときには立教>青学という構図が現在のところはあると思います。青山学院大学立教大学の違いは強いていうならばそういうところですかね?雰囲気も似ていますし、キリスト教系の大学として有名で、そういったところに憧れているからこそ、この2つで悩むというか、両方受けるのだと思います。青山学院大学立教大学の立地条件で言うならば、相模原キャンパスと新座キャンパスと除けば、どちらも副都心と言える位置にあります。青学が渋谷・表参道で、立教が池袋です。

 

青山学院大学立教大学の立地条件の違いはあまりないですよね。どちらも大学生に人気のエリアですから。個人的な好みを言わせてもらうと渋谷の方が好きですね。これは好みの問題なので、それぞれの感覚で良いのですが。学部ごとの比較で見るとどうでしょうか?青山学院大学立教大学の文学部ではどっちがいい?となると、これは文学部英米文学科ならば青学という声が多いでしょうね。しかし、それ以外の青学の学科ならば立教を推す声が多いのではないでしょうか?文学部は立教大学ではこれといって注目されている感じではありません。しかし、偏差値は概ね青山学院大学立教大学では立教の方が高いでしょう。しかし、青学の看板学部ということも言われている文学部英米文学科ならば青山学院大学を選ぶ人が多いと思います。青山学院大学立教大学の文学部は偏差値では立教だが、場合によっては青学を推す声が多いのでしょう。青山学院と立教の文学部はどっちがいいか?はケースバイケースとなるでしょう。青山学院大学立教大学の法学部ではどっちがいいか?これはほとんどが立教大学を選ぶと思います。法学部で立教と青山学院ではどっちがいい?ではほとんどが立教を選ぶでしょう。単純に偏差値が立教の方が高いというのもありますし、青学の法学部はMARCHの中では最下位という認識の人も多いと思われますから。

 

青山学院大学立教大学での経済学部はどっちがいいか?これはちょっと分かれるかもしれません。どちらの大学の経済学部は注目の学部というわけではないです。経済学部の偏差値では立教の方が青学よりも高いでしょう。したがって、やや立教大学が優勢ではないでしょうか?青山学院と立教の経済学部ではどっちがいい?というのは割と人によって分かれそうな印象ということになります。そして、青山学院大学立教大学経営学部ではどっちがいいとなるのでしょうか?これに関しては多くが立教でしょうね。立教大学経営学部は偏差値が近年かなり上がってきており、特に国際経営学科は上智大学レベルになってきています。したがって、青学の経営学部も良いんですけど、青山学院大学立教大学では経営学部ならば立教大学を選ぶ人が多いと思います。割とこの2つは格差があると思います。立教と青山学院の経営学部ではどっちがいいか?というときにはもはや看板学部という呼び声もある立教大学経営学部を選ぶ人が多いと思います。最後は理系の比較になります。理系に関しては青学は理工学部、立教は理学部なので単純比較は正直難しいと思います。立教大学理学部は理系だけど池袋キャンパスという都心での就学になるので、その点で人気を集めているかもしれません。

 

それ以外では青山学院大学の国際政治経済学部立教大学の異文化コミュニケーション学部など国際系の学部の比較もありますが、この2つでどっちがいい?というのはまた難しいですね。どっちも看板学部に近い存在ですし。この2つはやることが違うので、どっちがいいか?というのはあまり比較対象として厳しいです。W合格のデータも青山学院大学の国際政治経済学部立教大学の異文化コミュニケーション学部に関してはほとんどないでしょうし。学ぶ内容を吟味してそれで決めるのが良いと思います。あとは就職に関してですね。青山学院大学立教大学の就職率はどっちがいいのか?というと、正確に比較できるデータが恐らく存在しないのかな?と思います。よく言われているのは、青山学院大学立教大学の就職では男子学生はよくないということです。これは恐らくデータとしてあるのでしょうけど、単純に結果論だと思いますよ。そもそも大学選びの時点で就職を意識してきちんと考えている男子は青学とも立教も選ばないというか、選ばない傾向にありますよ。見た目の就職率がよくなければ選ばないでしょう。ただ、現実はそういったことの積み重ねにより、青学と立教の男子学生は相対的に就職への意識がそれほどではない人が集まりやすいということも言えるかと思います。全員がそうではありません。そういう人が明治、中央、法政とかよりは多くなりやすいということです。だから、就職を見据えた場合、女子なら青学、立教、男子ならば明治、中央、法政をおすすめする人も多いですからね。そういった流れが出来上がってしまうと、結果的に男女での就職率の差が青学、立教と明治、中央、法政などで二分されてしまうのです。

 

だから、結果論ならば男子学生でも女子学生でも青山学院大学立教大学に入っても就職が不利になるということはありませんが、そこを皆さんはどう考えるか?ということになります。青山学院大学立教大学では就職率を比べてもあまり意味ないと思います。どっちも学歴フィルターにはまずかからないでしょうし、有名大学なので、青山学院大学立教大学での就職の違いや不利になる、ならないというのはあまりないのでは?と思います。就職率では青山学院大学立教大学はどっちがいい?というのは男女どちらでもほぼ同じだと個人的には思います。青山学院大学立教大学では難易度も違いますけど、どっちも難しい大学ですし、どっちもおすすめできるでしょう。青山学院と立教で比較するポイントはいくつかありますが、似ている部分もあるので、どっちがおすすめか?というのは難しいですね。したがって、青山学院大学立教大学でどっちがおすすめか?というのは一概には言えません。学部次第ですし、いろいろな角度から見た場合に魅力が違いますから。

 

あわせて読みたい記事