読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大正大学の評判や口コミで魅力は?就職先には大企業もあるが就職率や就職状況は不明な部分もある

【スポンサードリンク】

大正大学は東京都豊島区にある大学で、池袋とかも近いのかな?という立地条件にあるため、非常にキャンパスの場所は良いのではないか?と思います。立正大学と名前が似ているため、混同する人もいるかもしれませんし、全国的な知名度はあまりないものの、学部が割と特殊で、特徴的な大学の1つになるのではないでしょうか?しかし、この大正大学はあまり話題になることが少ないため、大学の雰囲気とか評判を理解している人は少ないかと思います。したがって、前もって大正大学の雰囲気や口コミなどを知った上で、どういう大学なのか?を理解して受験をしていくと良いと思います。大正大学の立地条件は割と都心の近くにあるので、その点に関しては1つ魅力と言えるのではないでしょうか?大正大学のキャンパスの魅力はそれだけではありません。キャンパスそれ自体にも魅力もあると思います。大正大学のキャンパスの行き方や交通アクセスはどうなっているのでしょうか?

 

大正大学への行き方は1番簡単なのは都営三田線を使って、西巣鴨駅まで行くことでしょう。ここから徒歩2分なので、かなり近い印象だと思います。あとはJR埼京線板橋駅から徒歩10分なので、こちらも通いやすいかもしれません。バスを使う方法だと、池袋駅から通うことができます。池袋はJR山手線を始めとして多くの路線が通っている駅なので、かなり便利ではないでしょうか?池袋駅東口から都バスに乗って、掘割バス停で降りて、徒歩2分で着きます。それ以外にもまだいくつかの大正大学のキャンパスまでの行き方がありますから、オープンキャンパスや入試で行くときにはどの方法でキャンパスまで行くか?を考えていかないといけません。大正大学の立地条件は都心に近いと思うので、そこも魅力になるかと思います。大正大学の雰囲気はいたって普通の大学のキャンパスって感じがしますけど、恐らく正門からの道なのかと思いますけど、両側に木々が植えられている通り道があって、そこの雰囲気がすごい良い感じです。季節によって木々の色合いが変わるので、青山学院大学の青山キャンパスに近い雰囲気かもしれません。大正大学のキャンパスの雰囲気は大学って感じがとてもしますし、ビルキャンパスとはちょっと違った場所ではないでしょうか?

 

しかし、大正大学の魅力はそれ以外にもあるはずです。それが大正大学の口コミを見ればよく分かるでしょう。大正大学の口コミに実際にあるのは立地条件に関してのことで、やはり駅から割と近いところは評判が良いです。ここは大正大学の魅力として学生から見ても大きいのかもしれません。キャンパスの周りにはお店はそんなに多くはないが、静かで良い場所という口コミもあります、そして、歩いて池袋まで行けるので、やっぱり大正大学の立地条件としては学生の評判も良いということが言えると思います。ただ、魅力という意味で、伝えておきたい大正大学の評判はそれ以外にもあります。授業とかゼミに関しては学部学科によって状況も変わってくるかと思うんですけど、レポートを作るときなどに使える史料が多くあるので、そこは便利みたいです。図書館とかが充実しているということでしょうか?あとは卒論を書く時期になると、そのときのサポートが手厚く、1人1人に対してちゃんと面倒を見てくれるという評判もあります。そして、大正大学の就職に関する評判では在学生の声としては、OBやOGがあまりいないので、そこがちょっと・・・という感じです。大学のネームバリューがあまりないので、そこがどう影響するか?という部分もありますが、大正大学の評判に関して就職のものはそんなに悪い感じはしません。大正大学の就職先の企業などが見られますが、そこを見ると多いのは中小企業かな?って感じです。あと公務員も割と目につく印象です。ただ、大企業もちゃんと名前が載っています。大正大学の就職先における大企業としては例えばNTTドコモソフトバンクグループ、資生堂などでしょうか?数は少ないと思いますけど、ちゃんと大正大学の就職先の中にはそういう大手企業の含まれています。だから、頑張り次第ではそういった大手企業への就職も可能ということでしょう。

 

ただ、大正大学の就職状況とかの情報はちょっと薄いんですよね。進路状況の情報が少ないので、どの業界が多いか?とか、そういった大正大学の就職状況を判断するデータがあまりないです。そんなわけで、大正大学の就職率とかもちょっと分かりません。できれば詳細な進路情報を載せてほしいところですが、ただ、大正大学の就職支援の体制やキャリア育成に関しては細かく書いてある漢字なので、ホームページを見てみると、どういった力になってくれるのか?は分かると思います。大正大学はどうしてもネームバリューがないため、就職支援などに力を入れて就職率などのデータで学生をある程度引き寄せないといけない事情もあるかもしれませんから、裏を返せばちゃんと大学が協力してくれるということにもなるかもしれません。大正大学の就職率などを公開してくれれば良いんですけど、そういった情報がないので、なんともその就職支援の効果の程は分かりませんけど、大企業への就職可能性もあるので、大正大学の就職先としてはそれなりだと思います。大正大学の評判などを自分でも眺めながら、大正大学の就職状況などを想像していくと良いかもしれません。口コミでは大正大学の魅力は割と溢れている感じでしたが、自分でも調べてみてチェックしていけると良いのではないでしょうか?1番良いのは入試の前にオープンキャンパスなどで大正大学の雰囲気をチェックしておくことだと思います。大正大学について少しでも参考になればと思います。

 

大正大学を目指している方はリクナビ進学から資料請求ができることを知っておくと良いでしょう。ここで請求できる資料は大学案内として入試や学生生活についての情報が多く載っています。入試に関しては学部別、入試方式別などで必要な科目、配点、募集人数、日程などを記載し、非常に分かりやすく大正大学の入試について理解できるような内容になっているでしょう。また、過去の入試の倍率や合格最低点などを載せていると思いますから、それも大正大学を受験するうえで、受験する学部を決めるうえで参考になるでしょう。そして、大学入学後の情報も多く載っていると思います。大正大学ではいつもどんな授業を受けているのか?何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどういう雰囲気か?そして、卒業後の進路は?など、大正大学に入ったと後のことを考えたときに1番気になる情報、自分が大正大学に入ったときの姿を想像できるような内容になっているのです。そういった部分を知ると、今まで以上に大正大学に入りたい気持ちが強くなるかもしれません。そういった貴重な情報が詰まった大正大学の大学案内はリクナビ進学のトップページの検索窓に「大正大学」と入れて検索し、「パンフをもらう」というリンクをクリックして、必要事項を記入すると、自宅に届きます。無料なので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》リクナビ進学で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事