リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

履歴書の趣味で読書のジャンルの書き方は?推理小説やミステリー、漫画やライトノベルやファンタジーは良いのか?

【スポンサードリンク】

就活などにおいて履歴書に趣味の欄があると思うのですが、ここに読書と書く人も多くいますよね。こういった欄はできるだけ詳しく書いた方が良いので、「読書」のみではなく、「読書」とともに本のジャンルを書いた方が良いということも言えると思います。履歴書の趣味で読書のジャンルというとミステリーとか、ライトノベルとか、漫画とか、エッセイとか、そういったものになるでしょうか?そういったことを書かないと面接でジャンルについて問われることもあるので、どうせならば先に書いておいた方が良いだろうということも言えるのです。では、履歴書における読書のジャンルというのはどういうものでもいいのか?おすすめものがあるのか?について考えてみたいと思います。就活や公務員試験の履歴書では趣味の欄があると思うので、そこに読書と書く人も多くいるでしょう。その履歴書での読書のジャンルの書き方に関してはある程度具体的な方が良いと思うので、推理小説とやミステリーとか、一言を聞いて分かるような、連想できるような書き方が良いでしょう。推理小説やミステリーはメジャーな読書のジャンルですけど、ライトノベルってどうなんですかね?

 

履歴書の趣味の読書のでライトノベルと書く人はあまりいないです。だから、実際面接官や人事からしてみると、ライトノベルって何だ?って人もいると思います。若い人は知っている人が多いかな?と思います。私も知っています。ライトノベルっていうのは説明が難しいですけど、基本的には小説のスタイルをとっているが、絵を使う割合が多くて、内容がファンタジーとか、そういったジャンルのものを通称ラノベと読んでいると私は認識していますが、ちょっと違うかもしれない。実際、履歴書の読書のジャンルでライトノベルと書くと人事は疑問に思った場合には質問してきますが、そのときにライトノベルとは?をちゃんと説明できないと困るわけですから、説明できない人は書かない方が良いかもしれないです。あと、人事にとってのラノベの印象もどうなのか?は分かりません。実際、履歴書の読書のジャンルでファンタジー系のものは人事の印象が気になるところです。年配の人だと無理解のケースがあるんじゃないか?とか、そういった想像も生まれますから。よく言われるのは履歴書の趣味に漫画はNGということですが、読書のジャンルで漫画がダメと言われている理由も結局はイメージでしょう。なぜダメか?なんて誰も説明できません。あと、そもそも漫画は読書に入らないという意見を持っている人もいますから。

 

茉奈が読書に入らないか?どうかは正直言って、私は入ると思います。「読書」の定義を調べてみたら「本を読むこと」しか書かれていないので、漫画が本である以上は読書でしょう。読書じゃないというならば、漫画が本じゃないことを証明しないといけなくなるのでかなり困難ですが、人事がそういう考え方をしているか?どうか分かりません。自らのイメージで漫画は読書じゃない!と決め付けている可能性もありますから。そういったことが理由で、漫画は避けたほうが良いと言われているのでしょう。スーツは黒以外避けたほうが良いと言う言説と同じでしょうね。履歴書の趣味で読書のジャンルの書き方で悩む人は多くいると思いますけど、漫画というジャンルは読書に入らないと思っている人がいるかもしれないとなると、漫画と履歴書の読書のジャンルに書こうとしている人は避けたほうが良いのかもしれないです。履歴書の趣味で漫画は厳しいってことなんでしょうか?実際は分からないし、確かめようもないですけど。履歴書の趣味の読書で漫画がいけないとは言わないが、リスクがあるのは知っておいた方が良いです。ただ、その漫画について人事を驚かせられるくらいに熱く語れることができるとか、それが会社での仕事において十分に役立つ何かを得られるものである場合には書く意味があるのではないでしょうか?

 

就活や公務員試験の履歴書やエントリーシートの趣味で読書のジャンルまでとなると、やっぱり悩むと思います。履歴書の読書では推理小説とかはメジャーなので、何の遠慮もなく書けるでしょう。ただ、履歴書の趣味の読書ではライトノベルとかファンタジーとかは躊躇する人が出てきそうです。珍しいジャンルというか、就職ではあまり挙げられない読書のジャンルなので、どうしてもそういう気持ちになってしまうんですよ。私が実際に履歴書の趣味で読書のジャンルを書くときにライトノベルが好きだったら躊躇すると思います。履歴書の趣味で読書のジャンルの書き方で悩まないといけないっていうのは、ある意味日本特有のことなのかもしれないです。読書のジャンルだけじゃないですけど。人と違うことをするのを恐れるというのは、それを許さない、出る杭が打たれる風潮が存在することによるものでしょう。就職活動における悩みってほとんどそこじゃないでしょうかね?そもそも別に就職しなくても生きられる世の中なのに、何でこんなに就職を目指すのか?という理由も仲間外れになることが非難の対象になるからでしょう。フリーターとかであればもはや仲間はずれとも言い難い状況になってきてはいますけどね。就活や公務員試験における履歴書の趣味で読書のジャンルの書き方で悩むところもその一側面のように感じます。履歴書の読書のジャンルでミステリーは良いのにファンタジーは悩むとしたらそういう部分で無意識に判断している人が多いということなのでしょう。就職活動はその後の人生に大きな影響を与えますけど、本当に大変な時期なんでしょう。

 

あわせて読みたい記事