リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

ライダースジャケットで似合わない人、似合う人の違い!サイズ選び、色選びでダサいと思われないために

【スポンサードリンク】

ライダースジャケットを着ている人は秋から冬にかけてよく見ます。他のアウターと違って、ライダースジャケットというのは、着られる期間が長いのが嬉しいかもしれません。というのも、秋から冬にかけてなので、かなり長い期間着られます。ライダースジャケットはインナーを工夫すれば秋でも、冬でも着られるのがポイントと言えるでしょう。しかし、そういったライダースジャケットの選び方はどうするべきでしょうか?すでに何着も買った経験がある人はともかく、初めて買う人はそういった部分がわかりづらいでしょう。ライダースジャケットは選び方によってかっこういい場合もあれば、ダサい場合もあるので、そこは気をつけたいところです。では、ライダースジャケットのサイズ選びに関して言うと、1つ重要なのは多少タイトなものが良いだろうということです。これは2つの意味合いがあります。1つ目はタイトなものの方がルーズなものよりは締まって見えるのでかっこういいということです。もう1つは多少きつい方が暖かく感じるという機能性の問題もあります。

 

ライダースジャケットが似合う人っていうのは、普通体型かやや細身かという人だと思うのですが、そういう人がややルーズなサイズ選びをしてしまうと、それがもろに影響すると思います。ライダースジャケットが似合わない人というのは結果的にそういうサイズ選びに関して失敗しているというか、ベストサイズを選べていない可能性もあります。ライダースジャケットがダサいと思われないようにするためには、このサイズ選びは本当に重要です。そして、ライダースジャケットはサイズがきついものを選んだ方が締め付け感があるので、インナーと合わせて、空間が生まれづらく、保温性につながることもあります。結果的に防寒具としての役割をより発揮しやすいのはサイズがきつい場合と言えるのです。だからこそ、ライダースジャケットのサイズ選びではややきついものを選ぶと良いかもしれません。試着した方が良いということですね。サイズ感はライダースジャケットでダサいと思われないためにかなり重要ということになります。あと、サイズ感とともにライダースジャケットは色選びも重要です。何色にするか?定番は黒やブラウン、キャメルあたりかな?1番は黒だと思うんです。黒は1番失敗しづらい色ではあると思いすけど、人によって似合う、似合わないっていうのはありますよね。

 

これも結局は試着をしてみるのが良いとは思いますけど、普段自分がどういう色の洋服をよく着ているか?またはどういう色の洋服が似合っているか?を考えると答えが出るかもしれません。ライダースジャケットでの色選びは主に黒、ブラウン、キャメルで、あとは青、グレー、グリーンとかもたまに見ます。私は普段は黒の洋服を着ることが多いですけど、ライダースジャケットを買うならば黒も良いけど、ブラウンかな?これも結構自分は似合うんじゃないか?と思っています。ライダースジャケットって革を使っているので、革らしさが出るのはこういう色かな?と思うのです。普段ブラウン系の色って着ない人が多いかもしれませんけど、ライダースジャケットは何色が良いか?というときには案外ブラウンはいけるかもしれません。こういう茶色は革を使った製品では映えると思うのです。ライダースジャケットは何色が良いか?というのは、選択肢が豊富な分、選ぶのは大変かと思いますけど、結局はライダースジャケットで似合わない選び方にならないようにしたいところです。ライダースジャケットが似合う人はこのサイズ選びや色選びでベストに近いものを選べている場合ではないでしょうか?あと、細かいところですけど、ディティールの部分もよく見ておいた方が良いです。襟の形やポケットの配置などでも、ライダースジャケットが似合う人とそうじゃない人に分かれる場合がありますから。ライダースジャケットでダサいと思われないためには、選び方においては見ないといけないポイントって結構多いのです。ただ、さらに考慮しないといけないポイントがあります。

 

同じ色やサイズのライダースジャケットでも似合わない人とそうじゃない人に分かれるのは、それ以外の部分でも違いがあるからです。例えば、胸の部分にポケットがついたものとそうじゃないものがあるんですけど、それでも見た目の印象は全然違いますから。ポケットは本来は機能的なものではありますけど、デザイン性も決定しうる要素なので、そこまで見てライダースジャケットの選び方を考えた方が良いでしょう。ライダースジャケットの選び方は主にサイズ選びと色選びがありますけど、どちらも重要です。自分に合っているものをいかに選べるか?ということが大切と言えると思います。さらに細かいディティールの部分で、デザイン性が決まるので、そこも無視できない存在と言えると思います。そういった中でライダースジャケットをかっこういいものを選んでいく必要があるわけです。あと、個人的には丈の長さも重要かな?と思います。他の人はどう感じるか?は分かりませんけど、私は丈の長さはやや短い方がいいかな?と思っているのです。ライダースジャケットでは丈の長さが60cmくらいがちょうど良いと思っています。これだと丈が短いと感じる人もいるかもしれませんけど、そこが良いんです。インナーの裾をチラ見せするのがオシャレポイントの1つになるかな?と思います。だから、ライダースジャケットのインナーの丈の長さはやや長めにして、ライダースジャケットの丈の長さはちょっと短めのものにすると、それができるので、そういうファッションがもしお好みならば、そういうライダースジャケットの選び方もあるということです。ライダースジャケットの選び方は色やサイズだけじゃないので、こだわるべきポイントはいくらでもあるわけです。だから、良いものを見つけていくのが大変なのです。

 

ちなみにライダースジャケットというのがレザージャケットとは限らないですね。レザージャケットの選び方における色やサイズのポイントはすでに述べたとおりになりますけど、ナイロンとか。サテンとか、いろいろな生地でライダースジャケットはありますから。レザージャケットの色選びでは似合わない人にならないために考慮した方が良いポイントとしていくつかを挙げさせていただきました。レザージャケットはハードルが高いですよね。レザージャケットは似合う人が多くないというか、自信を持って着られる人はそんなに多くないかもしれません。レザージャケット以外のモノに関しては、カーキとか、オリーブとかの色も増えてきますよね。こういった色は定番なので、色選びに関しては選択肢が1つ増えるということになります。こういう色は割と似合うと思います。同じく定番である黒よりも似合う人は多いかもしれないです。レザージャケットではそういう色ってほぼないと思うのですが、ミリタリー系のジャケットの場合にはそういった色は定番ですから、見ていて違和感も当然ないでしょう。レザージャケットを着て似合わない人が仮にいれば、そういう人はレザーじゃない別の生地のジャケットにしてみるという手もあります。レザーってさっきも言ったんですけど、ちょっとハードルが高いです。誰でも似合う人になるというわけではないので、難しいと思います。

 

そこで、選択肢を増やしてレザージャケット以外のものを着ると似合う可能性があるということになります。レザージャケットをダサいと思う人もいるかもしれないですし、そういう人は最初から選ばないと思うんですけど、選んでみたけど、自分で着てみたらレザージャケットはダサいと感じられるというような人はミリタリー系とかのジャケットに変えてみるという手もあるわけです。生地を変えると見た目の印象が大分変わるはずです。いろいろな候補を持っているとライダールジャケットでダサいという印象を生まずに、自分に合った選び方ができて、オシャレな格好ができるかもしれません。冬のアウターっていうのは、いろいろな選択肢がある中で、ジャケットというのは非常にかっこういいアイテムになると思います。しかし、ライダースジャケットが全員にかっこういいと言えるか?どうかは別なんですね。選び方次第のところもありますし。サイズ感とかは大切です。レザージャケットか?それ以外か?という部分も当然あります。ライダースジャケットは色やサイズ感の選び方が本当に重要なので、その点に関して慎重にならないといけません。値段が結構するものですし。ライダースジャケットでかっこういいものを選ぶなら、ダサいと思われる格好をしないためには、いくつもの要素を考慮して時間をかけて選んでいきましょう。選択肢を多くしていくためには売り切れとかがない段階で選びたいので、季節的には早めに行ってほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事