リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

専修大学ネットワーク情報学部の偏差値は?難易度や倍率は低めで入りやすい学部の1つ

【スポンサードリンク】

専修大学のネットワーク情報学部の偏差値は専修大学の中でもかなり低い方です。日東駒専のレベルを逸脱しているのではないか?と思える数値です。恐らく50くらいじゃないですか?50切っているケースもあるかもしれないです。専修大学のセンター利用入試の難易度を見ると、ボーダーラインはどの学部も3科目のメインの入試方式で70%くらいが多いです。一部7割台後半が必要なところもありますけど、69~72%くらいの間に収まっていると思います。しかし、この専修大学のネットワーク情報学部のセンター利用入試のボーダーラインは低いですね。3科目のメインと思われる入試方式で67%です。わずかですけど低いです。専修大学の偏差値と比べてもネットワーク情報学部は低いですし、センター利用入試においても入りやすい学部と言えるのではないでしょうか?ただ、専修大学って他の学部も総じて難易度が落ちてきている側面もあるので、ネットワーク情報学部が抜きん出て受かりやすいとは言えないと思います。少なくともセンター利用入試のボーダーでは専修大学の中でネットワーク情報学部が入りやすい学部ということが言えるとは思いますけど、その他の学部も偏差値は高くないのです。だから、入りやすい学部といってもわずかかもしれないんですけどね。

 

それが何を意味するか?というと、専修大学全体としてレベルが落ちてきているということかもしれませんね。専修大学では人間科学部の偏差値は高いが、それ以外は何ともいえない状況になってきています。その中でも、相対的にネットワーク情報学部は専修大学でも受かりやすい学部の1つかな?という気がするのです。この専修大学ネットワーク情報学部の受験科目は、一部だけ紹介しますが、前期全学部と前期個別A日程に関しては英語、国語、地歴公民数学の3科目です。ただ、配点が珍しいのです。英語と知的公民数学(日本史、世界史、政治経済、地理、数学)は100点ですが、国語は現代文のみで50点となっています。つまり、合計が250点なのです。また、数学の出題範囲は数Ⅰ、数A、数Ⅱで割と狭いですね。この2つを受ける人が多いんじゃないかな?と思いますけど、あとは前期個別F方式というのもあり、こちらは数学と英語の2科目入試になります。数学は数Ⅰ、数A、数Ⅱ、数B(数列、ベクトル)となっていて、配点は数学が200点、英語が100点の300点満点です。こういった入試方式もあるので、数学が得意で、国語が苦手な人はおすすめと言えるでしょう。専修大学ネットワーク情報学部の受験科目はちょっと特殊ですけど、やはり国語が現代文のみで50点という配点が驚きでしょう。私は100点未満の配点って大学入試で初めて見ました。

 

こういった状況から、専修大学ネットワーク情報学部は国語は古文なし、漢文なしでも受けられることになります。専修大学では他にも古文なし、漢文なしで受けられる学部学科、入試方式があるかと思いますけど、専修大学はこの配点の低さにも表れているように、国語が苦手な受験生が受けやすい大学かもしれません。少なくとも専修大学では入りやすい学部の1つと言って良いかと思うんです。そんなに他の学部と難易度に差があるわけではないけど、専修大学ネットワーク情報学部の難易度は少しばかりは下がるのではないか?と思います。専修大学に入りたい人は1つの選択肢として、このネットワーク情報学部を考えてみても良いかもしれないですけど、このネットワーク情報学部は恐らく文理融合の学部なのではないでしょうか?数学と英語のみで受験できる入試方式があることからも、理系の要素を含んだ学部のように思います。したがって、入学後にそういった分野の勉強もするかもしれないということは頭に入れておきましょう。しかし、専修大学ネットワーク情報学部の偏差値はやや低いですし、狙い目かもしれません。専修大学ネットワーク情報学部では入りやすい入試方式が他にもあるかもしれませんから、気になる方は自分でも見ておいてください。そして、倍率はどうなっているのか?も注目でしょう。

 

専修大学ネットワーク情報学部の倍率は総じて2~3倍という感じがします。あまり高くないです。専修大学はその他の学部の倍率もそんなに高くないですけど、その中でも専修大学ネットワーク情報学部の倍率は高くないと言えると思うので、入りやすいと学部と言えると思います。専修大学ネットワーク情報学部の難易度は一般入試もせんたーりようもどちらも相対的に高くはないと思います。したがって、チャンスのある学部でしょう。文系とも言い難いのかもしれないですけど、受かりやすい学部として専修大学のネットワーク情報学部のボーダーなどは調べてみてほしいと思います。センター利用のボーダーラインはすでに示した数字が目安になるのではないか?と思いますけど、一般入試の方の専修大学ネットワーク情報学部のボーダーはそんなに異常な数字でもないでしょうし、偏差値を見た限りでは受験生のレベルがそんなに高いとも思えないので、チャンスは大きいのではないでしょうか?専修大学ネットワーク情報学部の偏差値はそれこそ大東亜帝国の方が近いレベルかもしれませんし、専修大学では入りやすい学部と言えると思うので、知っておいてほしいと思います。いろいろな学部がありますけど、その中で1つ参考になる学部かな?と思います。本気で受験を考えている人は事前に専修大学ネットワーク情報学部の合格最低点とか倍率などのデータも自分で是非確認しておいてください。それ以外の学部の情報と比較してから受けるか?どうかを決めると良いと思います。

 

専修大学についてよく知るにはリクナビ進学から資料請求ができるので、それを利用してみると良いのではないか?と思います。ここで請求できる資料は専修大学のパンフレットで、入試や学生生活についての情報が多く載っています。入試に関しては学部別に、入試方式別に必要な科目、配点、募集人数、日程などを分かりやすくまとめ、過去の入試結果から倍率や合格最低点なども見やすく収録してくれているのではないでしょうか?そして、専修大学に入学したらどういう4年間をそこで過ごすのか?についての情報も多く載っているでしょう。学部ごとに普段はどういう授業を受けて、そこでは何を学んでいて、サークルやゼミでの活動や卒業後の進路などについての情報も載っているかと思います。自分が専修大学に入学したら、どういうキャンパスライフを送るのか?が想像できるような、専修大学の魅力に気付けて、今まで以上に入りたくなる可能性があるような内容になっている可能性があります。少なくとも、このブログ内で紹介した情報よりは大分詳しく、濃い内容が載っていると思うので、専修大学について詳しく理解したい方には特におすすめと言えるでしょう。専修大学の資料を請求するにはリクナビ進学のトップページの検索窓に「専修大学」と入れて検索し、「パンフをもらう」をクリックし、必要事項を記入すれば自宅に届きます。無料なので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》リクナビ進学で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事