読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

警視庁の採用試験の受かる人、落ちる人の特徴や原因は面接での嘘や空気を読む力?

【スポンサードリンク】

警視庁の採用試験に受かるにはどういったことが必要なのでしょうか?筆記試験と面接試験があるので、一概にこれが必要というものを提示するのは難しいですけど、だいたいの目安になるものはあるかもしれません。警視庁の採用試験では筆記試験はシンプルに学力で、これは時間をかけて努力すれば必要な点数は取れて、一次試験は通過できると思うんですよ。ここは受かるにはどういう能力や要素が必要か?というのは割とはっきりしていると思います。しかし、問題は二次試験で、警視庁の採用試験に受かるには面接を通過しないといけません。警察官は信頼がどうしても必要なので、面接は他のどの公務員の試験種よりも厳しく見られていると思った方が良いでしょう。警視庁の面接に受かるには何が必要か?というのは、採用基準に該当するものなので、それは内部の人間しか知りえないものでしょう。漠然と信頼のおける人物とか、警察官として、首都の治安を守る人間としてそん色ない人間といった、非常に曖昧な言い方しかできないんですけど、逆の言い方をすると、面接において信頼を損なう発言を避けるというのはあるでしょう。

 

ここは警視庁の採用試験に受かるには?という部分で必要になってくると思います。多くの人は信頼されるにはどうしたら良いか?を考えると思いますが、1つの答えはありません。人が人を信頼する瞬間と言うのは、何がキーになっているか?は分かりません。それぞれで違うからです。しかし、人が人を信頼しなくなる瞬間っていうのは、なんとなくイメージできるというか、共通項がありそうなですよね。こういうことを言ったら信頼されなくなるのではないか?ということです。信頼を損なう行動とか、発言っていうのはなんとなく想像がつくでしょう。そうなれば、そういったことを慎むというのが意外と大事なのです。信頼されるには?ばかりを考えていると、足元の基本的なことが疎かになるというか、信頼を失う状態を避けようとする努力ができなくなる、しようという意識が起きづらくなるということが言えるのです。普通に考えたら、人から信頼されえるよりも、人からの信頼を失わない方が簡単だと思うんですよ。前者は何をどうやれば?という部分が見えづらいため、努力の方向性が定めづらいです。しかし、人から信頼を失わないようにするには?というのは、なんとなく方向性が分かると思うのです。だから、いきなり警視庁の面接において信頼を勝ち取ろうとする努力をするのは、受験勉強において基礎を固める前に、いきなり難問にとりかかるようなものかもしれないのです。

 

警視庁の面接においては嘘というのが1つポイントになります。就職試験では嘘をつく人は大量にいるはずです。嘘をつくのが良いか?悪いのか?というのは、面接官の気持ちを考えると一概には言えない問題だと思うんです。全ての質問に正直に答えるのが良いということではないと思います。志望動機で「金のため」と答えるのが嘘をつかないということになりますが、これで受かるでしょうか?厳しいのかもしれません。警視庁の採用試験に受かる人は信頼のおける人間という他に、信頼を失わないような人間という言い方もできるかと思いますけど、その嘘の部分の考え方が1つ重要になると思います。結局、空気を読む力とか、そういった部分になると思うんですけど、多数派の考えによせることが重要だと思うんですよね。警察官は正義のために働いているわけですが、世の中にはそれぞれが考えているいくつも正義があるはずなんです。その中でどれが正しいか?とか、本来は決められないが、多数決でこれが真の正義だ!といったものが存在しており、それに向かって警察官もその他の公務員も働いているという現状になるのではないでしょうか?そうなると、警視庁の面接に受かる人というのは、そういった空気を読める人、面接官にとって、市民にとって望ましい警察官っていうのは、その発言内容などから多数派に寄り添っている人、空気が読めるという言い方も適当かもしれませんが、結局そこだと思います。

 

警視庁の警察官に受かるには信頼のおける人物が必要だということで、信頼を勝ち取るには、信頼を得ることを考えるのではなく、逆転の発想で信頼を失わないことが結果信頼につながるという見立ての方が良いかもしれないということを言いました。警視庁の採用試験に落ちる人はそこができていないというか、信頼を得るために何が必要か?面接でどういった発言をすれば信頼につながるのか?といった部分を探し求めている傾向があるあもしれません。しかし、警視庁に落ちる人の原因としてはそこがあるかもしれないのです。何が信頼になるか?っていうのは誰も確実なことは言えませんけど、信頼を失わない心がけは結構アドバイスができると思うのです。それも結構曖昧なことになりがちですけど、できないよりはマシだと思うのです。警視庁の面接に受かる人になるための1つのポイントがさっき言ったことことです。すごい曖昧な言い方になって申し訳ないですが、世の中の多数派の価値観、正義感に合わせられる人物ってことですね。自分の正義感があっても、それを主張しすぎないというか、主張しても良いんですけど、その結果警察官としての組織には向いていないと思われたらアウトです。

 

警視庁の警察官も当然組織の中で動くので、勝手に動かれたり、和を乱すような発言などは困るわけです。だから、警視庁だけに限りませんが、警視庁に受かる人の特徴としては自分の正義感を捨てる覚悟が必要なのでしょう。何のために警察官になるのか?という部分にもつながるかもしれませんけど、警視庁の採用試験に受かる人の特徴としてはそこはあると思うんですよね。そこを無視して我を主張しすぎると、警視庁の採用試験には受からない傾向が出てきそうな気がします。警視庁の採用試験に落ちる人の特徴や原因にもなると思いますけど、組織に従順な人間が雇用されるうえでは重要で、かつ警察官は世の中の国民意識に従順でないといけない部分が少なからずある気がします。全部を空気を呼んだ発言をしないといけないというわけではないですけど、自分の価値観や正義感を重視してしまうと、それが警視庁の採用試験に落ちる原因になることも珍しくないかもしれません。そういった部分で信頼を損なわないようにする。それが信頼の獲得につながり、警視庁で受かる人の特徴という部分にもなるかと思うのです。警視庁の採用試験に受からない人の原因などはいろいろなものがあると思いますけど、これ!とか確実に言えるものがあまりないのかもしれないのです。警視庁の面接に落ちる人は嘘を一切つかないというのもダメなのかもしれません。警視庁の面接では嘘をつく、つかないにかかわらず国民の意識にあわせる意識じゃないと厳しいのかもしれないですね。警視庁の面接に受かる人のは、上手く嘘をつくっていうか、ばれないという意味で嘘が上手いというわけではなく、嘘をつくべきところで嘘をつけるか?どうか、そこが重要なのではないでしょうか?

 

あわせて読みたい記事