読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

サイバーエージェントの難易度や倍率と顔採用、学歴フィルターは?評判や離職率はどうか?

就職活動
【スポンサードリンク】

誰もが知っている有名企業であるサイバーエージェントに受かるにはどうしたら良いでしょうか?サイバーエージェントは難易度は高いでしょうから、そこに受かるにはいろいろなことが必要だと思うんですけど、挙げたらキリがないでしょうね。まず学歴に関してですけど、高学歴や有名大学の方が良いのか?については、そっちの方が良いかもしれないが、それは必須ではないということでしょう。サイバーエージェントでは採用人数がかなり多いです。200人くらいと言われています。つまり、高学歴の人がサイバーエージェントに採用されている例もあれば、そうじゃない例もあるだろうということがこの採用人数からは想像できるわけです。社長が青山学院大学出身なので、青学の学生は有利か?というと、そうでもないと思います。サイバーエージェントに入りたい人は学歴はとりあえず大学卒業を果たせれば問題はないと思います。大学名で優劣が生まれないとは言えませんけど、そんなに致命的な差にはならないでしょう。サイバーエージェントの採用人数の多さからいって、高学歴や有名大学だけを採用していると考える方が不自然です。

 

そして、多くが気になっているかもしれない顔採用についてです。難易度の高いサイバーエージェントに受かるにはかわいい、かっこういい人じゃないと無理なのか?と思っている人もいるかもしれません。男性社員はあまりメディアに露出しませんけど、女性社員はよく出ていますよね。確かにサイバーエージェントの女子社員は可愛いと思える人が多いが、それって数多くいるうちのわずかな人たちですよね。テレビとか、雑誌とか、ウェブサイトに出ている女子社員って、間違いなく選んでいますよ。あえて可愛い人たちをサイバーエージェントの社内で選んでいると思うので、そりゃサイバーエージェント=可愛い人が多いというイメージは生まれてしまいますよね。ただ、それはサイバーエージェントの中にはかわいい女子社員がいるというだけの話であって、全員がそうであるということではないでしょう。サイバーエージェントでは顔採用があるか?については何とも言えませんが、顔が採用、不採用に影響を与えているというのは、どの会社も関係なくあると思います。それは意識してやっているとは限りません。印象が面接やエントリーシートの結果を大きく左右するはずなので、顔はやはりその要素としては大きいはずなのです。

 

だから、サイバーエージェントに顔採用はあるかもしれないが、それは別の企業も同じだろうということですし、かわいい人ほど有利というのは言えるかもしれませんが、それは有利、不利を決めうる要素の1つでしかないのです。だから、サイバーエージェントに入るにはルックスがよくないといけないわけではないです。顔がよければ有利にはなるが、それは話すのが上手いから有利になるのと一緒なわけですね。有名大学の方がFランク大学よりも有利になるかもしれないのと一緒ということです。だから、仮に顔に自信がなくても、他で武器があればサイバーエージェントに入るには?という必要な要素を満たしている可能性があります。サイバーエージェントの難易度はかなり高いと言えますけど、それ以外にサイバーエージェントの評判はそれなりには良さそうですよね。全員がそう感じているか?どうかは分かりませんが、メディアに登場する社員はすごい楽しそう、充実していそうです。まるで有名人クラスの扱いの人もいますからね。そういう評判を持っているのがサイバーエージェントになるとは思うのですが、サイバーエージェントは入るための難易度は高いです。倍率が相当ありそうです。具体的なサイバーエージェントの倍率は公開されていないと思いますから、推測しかできませんが、恐らくサイバーエージェントは学歴フィルターがあるのではないでしょうか?大企業なので、有名大学じゃないといけないわけではないが、一定のランクより下は学歴フィルターで不可能になってしまう可能性もあります。だからこそ、サイバーエージェントに入りたいとしても学歴フィルターがそれを阻むことも考えられるのです。

 

したがって、学歴フィルターを除けばサイバーエージェントの倍率はある程度の数字には収まっているのではないか?と思います。サイバーエージェントの倍率は15~20倍くらいという記述もありますが、この数字はどこまで信憑性があるのか?は分かりません。ちなみにサイバーエージェントの年収は平均で600万円台となっているようです。これは新卒で入社したばかりの人からもっと上の人まで含めての平均の年収でしょう。サイバーエージェントの年収は高いのか?というと、世の中の平均からすると高いが、大企業の割にはという感じかもしれません。それは離職率がある程度あるので、それによって年齢が上の社員が残りづらくなっているからということも原因かもしれないのです。サイバーエージェント離職率は2割程度とされています。だから、サイバーエージェントは評判としては良いものもあるが、辞めていく割合もそれなりにいるというのは知っておくべきでしょう。サイバーエージェントは倍率はそれなりに高いはずですけど、受からないというレベルではないかと思います。サイバーエージェントは学歴フィルターがまず重要かもしれませんし、その後も選考がずっと続くでしょう。そんな難易度が高い会社になりますから、入るには相当苦労がいると思います。サイバーエージェントの難易度はざっとこんな感じです。個別に評判などをもっと詳しく調べても良いと思いますし、平均の年収についてももっと情報があるかもしれません。

 

サイバーエージェントに就職するには難易度が極めて高いというのは知っておく必要がありますが、そもそもこの会社で良いか?どうかというサイバーエージェントの評判は調べておくと良いです。離職率がそれなりにある会社なので、良い評判とともに悪い評判も調べておくと、入社して失敗するリスクが少しでも減るでしょう。サイバーエージェントは採用人数がかなり多いですから、いろいろな人が集まるってことが言えると思います。だから、それがサイバーエージェント離職率にも影響を与えている可能性はありますし、いろいろな人が採用されているならば、いろいろな人にチャンスがあるということです。そうなると、サイバーエージェントは顔採用があるのか?とか、高学歴じゃないとダメなのか?とか、いろいろな不安もあるかもしれませんが、結局は総合的な評価になるので、入りたい人は自分に自信がなくても受けてみる価値はあるかもしれません。ただ、サイバーエージェントは学歴フィルターがあるかもしれないので、そこは要注意なんですが、注意してもどうにもならないですね。そして、何度も言うように社員の平均年収など以外のサイバーエージェントの評判については逐一チェックして、まずはそこを受けるか?どうかの選択から始めないといけません。それは他の企業にも言えることですから。仮に受けることになったときにはその作業が企業研究になることもあるので、積極的にやっていくと良いとおもいます。

 

あわせて読みたい記事