読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

青梅市の公務員試験の難易度は面接対策が重要!倍率は?志望動機や自己PRの考え方は?

【スポンサードリンク】

東京都の青梅市の公務員試験では、多くの受験生が受験する可能性があります。青梅市は毎年20~30人くらいの採用予定者数を予定しているようなので、チャンスが大きいと言えるでしょう。さて、この青梅市の公務員試験は面接試験がありますから、そこで志望動機などを話していかないといけません。事前に青梅市では面接カードなどを記入して、それに基づいて面接が行われるかと思いますけど、そこでも志望動機や自己PRは必須でしょう。青梅市の公務員試験の面接の倍率はどうなのか?というのも気になりますけど、面接カードから面接は始まっていますからね。青梅市は採用予定者数がそれなりにあるといっても油断できません。青梅市の公務員試験の難易度は簡単ではないと思いますが、やはり二次試験の面接における志望動機は確固たるものを作っていかないといけないのです。青梅市の面接での志望動機は合格に至るための基本的な軸になりますから、ここを真剣に考えて面接対策をしていきましょう。青梅市の公務員試験の難易度はどちらかというと二次試験以降に大きくなるかもしれませんから、自己PRや志望動機はあらかじめ時間をかけて考えていってほしいと思います。では、青梅市の公務員試験の志望動機の考え方はどうすれば良いのでしょうか?「青梅市役所の採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2017」にはそのヒントが載っているので、見てみると良いと思います。

 

青梅市では、以下の人物を求めています。

●笑顔で親切心を持ち市民から信頼される職員
 青梅市に愛着を持ち、自らも地域の一員としてまちづくりを進める職員を求めます。
●人との繋がり、組織の和を大切にする職員
 規律性があり、職員の和(チームワーク)を重んじ、組織に貢献する職員を求めます。
●経営感覚を備えた職員
 長期的展望の視点に立ち、費用対効果を追求して、業務に取り組む職員を求めます。
●課題解決に向け積極的に行動する職員
 常に向上心を持ち、行動力のある職員を求めます。

 

こういった人材を青梅市は求めているので、それを面接での志望動機や自己PRに組み込めば良いのではないでしょうか?青梅市の公務員試験の難易度で難しいところがあるとするならば、結構当たり障りのないことしか書いていないので、ヒントにどこまでなるか?という部分かもしれません。ただ、この中で割と使えそうなのは人との繋がり、組織の和を大切にする職員と課題解決に向け積極的に行動する職員となるでしょうか?志望動機を語るときには「青梅市の求める人物像のページを拝見しまして・・・」みたいなことを言ってからにすると、この人ちゃんとそこまで調べているんだな!という印象を与えられるかもしれません。さて、人との繋がり、組織の和を大切にする職員というのは、大学生ならばサークルやアルバイト、ゼミなどが題材になるでしょう。そこでの行動によって組織としての和を保ち、結果に結びつくような試みや働きが出来たならば、青梅市が求める人物像に合致していると言えるのではないでしょうか?青梅市の面接対策での志望動機や自己PRの考え方においては特に簡単というか、思いつきやすそうな題材の1つですね。さらに課題解決に向け積極的に行動する職員というのも、青梅市の面接での志望動機などを考えるときには使えそうな気がします。というか、全般的に就職試験の志望動機では使えますよね。

 

そうなると、この課題解決系の自己PRとかはまさにかぶりますよ。他人とかぶるのがいけないとは言わないが、この中だと難しいと思われる経営感覚を備えた職員とかをもとにした志望動機とか、自己PRは良い意味で浮くと思います。青梅市の面接の倍率は2倍弱くらいなので高くはないのですが、差別化をしないとなかなか光るものを見出してもらえない可能性もあると思うのです。そして、こういった視点の志望理由はなかなか考え付かないと思うんですよ。アルバイトとかをしていると、そういうエピソードもあるかもしれませんから、話せる人もいるかもしれません。こういう題材の方が他社との青梅市の面接の志望動機や自己PRでは差別化ができると思うんですよね。青梅市の志望動機を考えるときには、まずは最初に自己PRを作ることが重要です。そのときに青梅市が求める人物像をヒントにしていくと、どういう題材が良いのか?どういう能力、経験などを話せれば良いのか?が分かると思います。そのうえでその自己PRを持っている自分が青梅市が求めている人物像に合致する人間だということができます。そうなると、青梅市が求めている人物像に合致する人間なのだから、青梅市で働けば貢献できるはずですから、青梅市が志望する理由にそのままなるわけです。青梅市の面接対策ではこういったことを考えていかないといけないのですが、そういったときの自己PRから志望動機につなげるときのヒントにしてほしいと思います。

 

青梅市の公務員試験の難易度はどちたかというと人物重視に偏っている可能性もあるので、青梅市の公務員試験の面接対策は重要です。特に志望動機と自己PRの考え方1つで合否が分かれることもあるので、しっかりと構築する必要があります。青梅市の面接対策での志望理由や自己PRの考え方はいくらでもあるので、良かったら参考にしてほしい程度のものですけど、青梅市が求めている人物像に合致するか?どうかは、公務員の適性にかかわってくる部分なので、そこにちゃんと当てはめて作ってきた人は評価が高くなるかもしれないですね。青梅市の公務員試験の面接の倍率はそれなりにあるでしょう。青梅市の過去の面接の倍率は2倍ないくらいかな?という感じです。今年もそういった状況になるとは限りませんから、ちゃんと気を引き締めていきましょう。青梅市の面接対策は余裕を持って早めに行ってほしいと思いますし、入念に行っていきましょう。

 

あわせて読みたい記事