リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

バレンタインの義理チョコは男は嬉しくない?いらない?女もあげない、勘違いされたくないという葛藤を抱える

【スポンサードリンク】

若い男性は気になっている人も多いかもしれないのが、毎年のバレンタインです。このバレンタインでは義理チョコという文化もありますが、この義理チョコは嬉しいのでしょうか?それとも、義理チョコならば嬉しくないのでしょうか?バレンタインでは義理チョコは嬉しいか?どうかは、貰う側の感覚の問題もありますけど、誰から貰うか?によっても違うのではないでしょうか?全く同じ人がバレンタインの義理チョコをもらっても、ちょっと気になっている人からもらうのと全く気になっていない人から貰うのでは全然違うでしょう。したがって、バレンタインにおける義理チョコが嬉しいか?どうかは誰からもらうか?にもよると思います。義理チョコをあげる方としても、悩む人は多いと思います。義理でもあげるべきだろうか?何か勘違いされるんじゃないだろうか?と思っている人もいるかもしれないです。義理チョコっていう文化がなぜ生まれたのか?よく分かりませんけど、男性にとっても女性にとってもちょっと悩ましい問題になることもあるのですから、毎年バレンタインの季節は大変ですよね。

 

バレンタインにおける義理チョコが嬉しいか?どうかは誰から貰うか?によると言いましたが、そうなると人によってはあまり嬉しくないというケースもあるということになります。それは表情に出したり、言葉で言うことはないでしょうけど、結果的にそう思われているような相手にあげる必要性もよく分からなくなってきます。付き合いということになるかもしれませんが。バレンタインにおける義理チョコが嬉しいか?どうかは感情的なものでありますから、どうしようもありません。全てのチョコレートに同様の感情を抱くというのは現実的にありえないです。だからこそ、女性としてもバレンタインにおける義理チョコはあげないという人もいるのではないでしょうか?バレンタインにおける義理チョコはげないという主義の人は、基本的には本命の人にしかあげないか?そもそもバレンタインでチョコレートなどをあげるつもりがないというケースもあります。もらう男性側としても、バレンタインにおける義理チョコはいらないと思っている人もいるようですから、思惑が一致している部分も一部あるということになります。バレンタインにおける義理チョコが嬉しくないと思っている男性もそれが本心か?どうかは分かりません。例えば、お返しが大変だからという理由ももっともらしいが、本心ではない可能性があるのです。実は嬉しいと思っているが、照れ隠しのためにツンデレになってしまっているのでしょう。

 

女性としても義理チョコとしてあげたが、実はちょっと相手が気になっているというパターンもあるかもしれないのです。ただ、女性としてはそこははっきりさせておいた方が良いと思うんですよね。先ほども言ったように、バレンタインの義理チョコで勘違いされるのが1番困るのではないですか?だから、義理チョコは義理チョコとはっきりさせないといけないのです。基本的に義理チョコは恋愛感情のない相手に送るという前提で酢~、義理だと伝えておけば相手が勘違いをすることは少ないとは思います。ただ、そういったことを確実に伝えておかないと、バレンタインにおける義理チョコが義理チョコという認識ではなくなる可能性があります。相手にとっては本命とは思わないかもしれないが、義理とも思われないかもしれないのです。何とも微妙な感じですけど、バレンタインの義理チョコで勘違いをされないためには、やはり義理だときちんと伝えておく。それか本命以外には渡さない!バレンタインの義理チョコはあげないという姿勢でいるのが良いかもしれないです。義理チョコとなると作る手間も相当かかりそうですよね。人数も多そうですし、本命のみならばそこは手間がかなり削減できて、本命に時間をかけられます。

 

男性の中にはバレンタインにおける義理チョコはいらないと思っている人がいるということ、女性としても義理チョコで勘違いをされたくないということ、義理チョコはあげる側ももらう側もいろいろな葛藤を抱えている場合があるということで、何のために存在しているのか?分からなくなってきます。社交辞令の1つみたいなものなんでしょうか?挨拶をするみたいな感じで、2月14日だけはそれがさらに加わるみたいな雰囲気は職場とかにはありますよね。逆に学校においては義理チョコの文化とかってあまりない印象です。1度浸透してしまうと、バレンタインの義理チョコをあげないというのもなかなか難しいです。特に職場だと人間関係の問題がより一層ありますから。バレンタイン義理チョコを貰って嬉しくない人もいると思いますけど、嬉しい人も逆にいると思います。義理だと分かっていてもね。だから、あげる意味がないわけではないのだが、別にモノを渡す必要もないのではないか?という気もしてくる。あげる側としても、バレンタインの義理チョコを嬉しくないと感じるのか?どうかは察知できません。調べることもできません。義理チョコの存在は男女で困惑の状況も生んでいることを踏まえると、バレンタインそれ自体の意義もそうですけど、義理チョコの存在についても考える必要があるかもしれません。

 

あわせて読みたい記事