リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

内定がもらえない原因や特徴は?内定がとれないは無能ではない!卒業までになんとかする方法

【スポンサードリンク】

就活で内定がもらえない原因はどこにあるのでしょうか?内定がもらえない人は無能と自分を思う人もいるかもしれないけど、運ゲーなんですからしょうがないです。内定を1個もらっている人だって、かなりの会社には落とされているわけですから。内定を5個も10個も1人でもらっているような人は別ですが、就活生の9割以上は内定を1個か2個くらいとるのが精一杯という感じじゃないでしょうか?つまり、何十社受けて、1個内定をとれた人も何十社には落とされているわけです。それは何十社受けて内定が0の人と戦績は全然変わらないわけ。無能度合いは一緒なわけですよ。だから、何十社受けて内定がもらえない人が無能ならば、1社から内定をもらっているひとも同様に無能でしょう。だから、内定もらえないことを無能だなんて気にする必要ない。あなた方は無能ではないと思うし、あなた方が無能ならば9割くらいの就活生も無能になります。だから、気にしなくていいんですよ。

 

就活で内定がもらえない原因はめぐりあわせや運の問題も当然にあります。これはしょうがないのです。言ってしまえば、内定をもらえない原因は自分の会社に対するアピールが足りなかった、アピールの方向性が間違っていたということでしょう。面接やエントリーシートなどで誰もが会社に対してアピールをしますよね。しかし、それが評価されなかったから、採用されなかったのです。でも、企業がどういう人間を欲しがっているか?っていうのは正確には掴めません。求める人物像とかも結局はすごい曖昧であれは情報として成立していないレベルだと思うのです。だから、企業がどういう学生を欲しがっているか?を確実に学生側が把握することは難しいのです。だから、たまたまそれに合致するようなアピールができた人は内定がもらえる可能性が高まるけど、そうじゃない人はいつまでも内定がもらえないのです。どこを目指していけば良いのか?確実に分からないという意味では、就活は運ゲーの要素が強いということになります。これは内定がもらえない人の特徴の1つかな?とも思うんですけど、自分のアピール内容と企業が求めている部分が一致していないというのがあります。しかし、それを一致させるのは困難です。

 

現実的に一致させるのが簡単なならば、こんなに悩まないですよ。企業の思惑として何を考えているのか?がわからないため、どうしてもアピール内容と企業が求めている学生の齟齬が起きるのです。そこを解消するには企業研究とかをするというのも手なんですけど、それはみんなやっているんですよね。1人で5個も10個も内定を持って行く人はともかく、1人で1個内定をとるのが精一杯な人は、恐らくここがあまりできていないと思います。でも、運がよければ巡り合わせなどの問題で内定を何とか取れることもある。でも、とれないこともあるのです。問題はここをどう改善するか?ですが、結局1つは根気よく就職活動をやるしかないというのがあります。これは何度も言っているようにめぐりあわせや運の問題もあるので、受ける企業数を増やせば、めぐりあわせによって内定がとれる確率も上がるからです。もう1つはスカウトを利用するというのもあります。スカウトっていうのは何か?っていうと、企業側が学生の適性から自社にスカウトをするってことですね。これは先ほどの内定もらえない原因の1つを摘み取る効果があるかもしれないです。というのも、先ほど内定がもらえない原因として学生が行っているアピールが企業に評価されていないっていう言い方をしました。それを別の言い方にすると、受けても評価されないような企業を受けて、時間を浪費しているということになると思います。

 

しかし、スカウトっていうのは企業からアピール内容を評価している学生に声をかけて誘うものなので、声がかかれば確実に評価されやすくなるということが言えるでしょう。つまり、結果的に評価されるか?どうか分からない会社を受けるよりも、評価されていると実感ができる会社を受けた方が効率的となるのです。ここが内定もらえない人の特徴の1つを改善するヒントになるかもしれません。スカウト専門のナビサイトというと「キミスカ」があるのですが、ここは学生の登録情報を見た企業が、実際に学生にメールを送り、自社を受けてみないか?を誘いを入れるシステムになっています。それによって選考の一部をパスして次に進めたりする特典がある場合も存在しており、かなりメリットがあるサイトかな?とも思えてきます。やはり自分のアピール内容が企業に評価されないかもしれないという不安を持ちながら受けるよりも、スカウトがきたってことは自分が評価されているんだ!内定をとるチャンスなんだ!と思って受けた方が、内定をもらえる確率も上がるでしょう。内定がもらえないで卒業してしまうかもしれない恐怖を味わっている人も多くいると思うんですけど、内定がとれる保証はないですけど、こういうキミスカのようなサイトを使ってみると状況が改善する可能性もあると思います。

 

内定がもらえないことは無能でもなんでもないと思います。運が悪かったという部分も個人的には大きいと思います。内定がとれない原因はいくつかあると思うんですけど、その中の1つにすでに示したようなものがあるのではないでしょうか?内定がとれない原因を特定するのは難しいですけど、多くの人に共通している可能性もあります。内定がもらえないで卒業してしまうのは非常に精神的にも厳しいでしょうから、なんとかそれを阻止するには内定をもらえない原因を考えて、卒業まで策を実行するということになるでしょう。その1つがとにかく数を多く当たるというもので、もう1つがスカウトを利用するというものになります。内定がもらえない人の特徴にもなっている可能性があると思うので、絶対に内定がとれるわけではないですし、スカウトだって絶対にくるとは言えませんが、1つヒントになる部分だと思います。キミスカのサイト内にはスカウトを獲得するコツとかも書かれているので、そういうのを参考にしてみると良いと思います。内定がもらえない人の特徴の1つとしてありえる話だと思うので、自分のアピールを評価してもらえるかもしれない会社を探すのではなく、評価してくれている企業を受けるというのが1つ内定をとれない原因を改善するのに必要かな?と思います。キミスカは無料で利用できるので、もし良かったら参考にしてみてください。

 

 

 

あわせて読みたい記事