読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

慶應義塾大学で入りやすい文学部の偏差値は?倍率や合格最低点、ボーダーはどうなっている?

【スポンサードリンク】

慶應義塾大学の文学部は慶應の中では特に入りやすい学部とされている面もあります。その理由は単純に偏差値が慶應の中でも低いからです。慶應の文学部は偏差値が65あるか?ないか?くらいだと思います。文系の中では微々たる差かもしれませんけど、一応入りやすい学部ということは言えるのかもしれません。しかし、慶應義塾大学文学部は当然簡単な学部とは言えません。慶應義塾大学文学部の難易度は相当高いです。慶應義塾大学では入りやすい学部ということは言えるものの、一般的に見たらかなり難しいでしょう。慶應義塾大学文学部の偏差値はやや学内では低いですけど、英語と社会科で稼げるか?どうか、あとは配点が高い小論文でどれくらいとれるか?というのは大きいと思います。慶應義塾大学文学部の小論文の配点は意外と高いですよ。英語(ドイツ語、フランス語、中国語も選択可能)は150点、社会科(日本史または世界史)、小論文が100点となっているので、小論文も十分勉強しないといけないでしょう。文学部の小論文は難易度はそれほど高くないと言われることもあります。ただ、しっかりと慶應義塾大学文学部の小論文の対策もしていかないといけません。

 

慶應義塾大学文学部の偏差値は高いけれども、学内では低い方ということで、慶應義塾大学の中では簡単な学部とされています。しかし、だからどこでも良いから慶應に入りたいという人がこぞって受けにくる可能性もあるので、受験生のレベルは多少下がるかもしれませんが、もちろん本命で受けに来る人もいますから、難易度が高いのは間違いないでしょう。それでは慶應義塾大学文学部の倍率はどうなっているのでしょうか?慶應議塾大学文学部の倍率は2016年は4.1倍となっています。しかし、それ以前は3倍台が続いているので、例年並みならば慶應義塾大学文学部の倍率は3~4倍程度ということになると思います。この倍率は慶應の中では特別低いわけでもないし、高いわけでもないです。ただ、受験者レベルを考えると4倍という倍率は結構高く感じるかもしれません。慶應義塾大学文学部の受験科目は英語と社会科と小論文です。小論文でどれだけ差がつくのか?は分かりませんが、配点が高い英語はやはりできないと厳しいです。社会科は日本史と世界史だけですから、あまり差がつかない気がします。慶應を受ける受験生は社会科はみんな得意なんじゃないか?と思うんですよ。ある程度の点数は出せる人が多いと思うので、言うほど差がつかない可能性があります。そうなると、慶應義塾大学文学部の受験科目の中では英語が1番大事ですが、小論文もどこまでたいさくをしているか?で差がつきそうな気がするので、案外この2つが大切と言えるかもしれません。

 

したがって、慶應義塾大学文学部に受かるにはどの科目も重要ですけど、英語と小論文が特に合否を決める分かれ目になるかもしれません。慶應義塾大学文学部に受かるには英語と社会科で偏差値65程度は欲しいでしょう。そして、小論文においても対策をばっちりやっていかないといけません。慶應義塾大学文学部は受かりやすい学部とは言われているものの、かなり高い偏差値を維持しないと厳しいのです。そして、慶應義塾大学文学部の合格最低点はどうなっているでしょうか?2016年の慶應義塾大学文学部の合格最低点は350点満点中233点です。65%強くらいでしょうか?ただ、この数字は2016年が顕著なんです。2015年以前は210点前後が慶應義塾大学文学部のボーダーラインになっています。これはどういうことなのでしょうか?問題のレベルが簡単になったとか、それくらいしか思いつきません。ただ、先ほど言ったように、慶應義塾大学文学部の倍率は2016年に少し上がっています。それが原因で2016年の慶應義塾大学文学部のボーダーラインも上がったという可能性もありますが、1倍程度の上昇で、20点以上の合格最低点が上がるものでしょうか?こういった部分は少し分かりませんが、慶應義塾大学文学部の合格最低点は赤本などを解くときにも知っておいた方が良いでしょう。

 

こういった感じで慶應義塾大学では簡単な学部というのはほとんどないんですけど、文学部は相対的にそれに当たると思います。慶應義塾大学で入りやすい学部は文系の場合には文学部が候補だと思います。ただ、慶應義塾大学文学部は偏差値がやや他と比べて低いというだけであって、倍率や合格最低点はそれなりにありますし、まずは過去問で自分がどれくらいとれるか?を確認してみると良いでしょう。慶應義塾大学で簡単な学部と言われている文学部はどれくらいの難易度なのか?ということをです。慶應義塾大学文学部の難易度は高いはずです。問題のレベルも簡単ではないでしょう。しかし、どこまでとれるか?ということを過去問で確認しつつ、そこから弱点をどこまで底上げできるか?という部分に重点を置いて勉強をすれば、少しずつでも距離が縮まるはずです。慶應義塾大学文学部の偏差値などには囚われず、目標の大学に受かるために、少しでも点数が上がるために必要な対策をしていきましょう。

 

あわせて読みたい記事