リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活の作文の採点基準や書き方は?ですますの方が良い?起承転結は必要?頻出のテーマは将来の夢や将来の自分について

【スポンサードリンク】

就活では作文を書かされる機会があると思います。作文というのもしばらく書いていない人が多いと思うので、難しいでしょう。作文の書き方というのは、論文とはとかちょっと違う部分もあるので知っておきたいところです。作文は基本的に主観的に書くものだと思います。論文は客観的に書くものですが。作文は客観的なことを書いてはいけないということではないですが、テーマがそもそも結構主観になりやすいものが多いんですよ。例えば、就活の作文で頻出のテーマだと将来の夢とかですかね?あとは仕事とは何か?とか、結局その人によって見方が全然違うようなもの、主観的な内容になりがちなテーマが多いと思うので、だからこそ正解というものが存在しないわけです。その正解が存在しない作文で合否が決まるとなると、意外と作文の難易度は高いと言えると思います。就活では面接に該当するものですね。面接も正解がないものですからね。筆記試験とかは正解があるから、それを目指して努力することができるが、面接は難しいです。

 

就活における作文というのも同様の性質のものなので、意外と難易度が高いと思ったほうが良いかもしれないです。ただ、就活の作文の採点基準が分からないので、もしかしたら内容はあまり関係ないのかもしれません。内容がどこまで採点基準で重視されているのか?は分かりませんから、どういうことを書けばより望ましいのか?という部分をどこまで考える必要があるのか?という問題は難しいです。企業の中でこういうことを書いてほしいという正解があるのか?ないのか?普通はそんなものはあまり気がします。反社会的なこと、常識的に逸脱しすぎているものなどは減点の対象になる可能性が高いです。ただ、そうじゃないものは客観的に優劣がないので、全く無関係とは言いませんけど、合否に与える影響は少ないかもしれません。おまけにこういう作文って頻出のテーマが決まっています。先ほどの将来の夢や将来の自分はどうなっているか?などは恐らく定番です。参考書などにも書き方が載っていると思うんですよ。したがって、内容面も同じようなものになりがちで、差が生まれづらいかもしれないのです。そうなると、尚更内容以外で就活の作文の採点基準が設定されている可能性があります。

 

就活における作文は将来の夢や将来の自分などでテーマが頻出だと内容も同じようなものになりやすくなるので、作文の書き方における採点基準の割合が高いかもしれません。就活の作文の書き方でいうと、ですますなのか?だであるなのか?で迷うと思いますが、これはどっちでも良いと思います。通常、どっちじゃないといけないというルールはない気がするのです。ただ、個人的には作文ならばですますの方が自然かな?という気がします。ここはそんなに採点基準には関係ない気がします。私であれば就活の作文ではですますを使いますけど、だであるでも構わない気はしますけどね。そして、起承転結を意識すべきなのか?ということですが、これは意識しても良いと思いますよ。起承転結を意識して書くと、作文のストーリーに起伏ができますから、読み応えのある文章になりやすいというのは言えるのではないでしょうか?起承転結が意識されていないと、ずーっと同じようなことが書かれている印象になってしまうかもしれません。ただ、作文では起承転結の転の部分はなかなか難しいかもしれないのです。だから、無理矢理起承転結にもっていこうとする必要はない気がします。就活の作文の書き方は起承転結にしても構わないとは思うが、そうじゃないといけない決まりはないと思います。これも就活の作文がですますなのか?だであるなのか?という部分に似ているかもしれませんが、確実に正解と言える書き方にはならないと思うのです。そして、作文で個性が出るのは書き出しです。ここを工夫することで、読み手にとっての第一印象を力強く埋め込めますから。

 

就活の作文の書き出しというのはあまり意識していない人も多いかもしれませんけど、重要な部分になると思います。就活の作文における書き出しというのは読んでいる方にとってもかなりファーストインプレッションとして重要です。点数にもかかわりそうですね。就活の作文においては採点基準に書き出しとかはないと思いますけど、無意識にかかわっている部分だと思います。就活の作文では書き出しにも気を遣って書いていくと良いと思います。そして、終わり方、締め方も同様に考えていけると良いです。就活の作文の書き方としてはですますか?だであるか?という部分や起承転結の部分などが該当しますが、これじゃないといけないという決まりがあるものではないので、書きやすいスタイルをとるのが良いと思います。就活の作文はテーマが頻出のものがいくつかありますから、将来の夢や将来の自分についてなどが多いのかな?と思いますけど、それを参考書やネットの情報などで調べて、書き方をある程度頭に入れておくと良いと思います。特に就活の作文における起承転結は慣れていない人は使わない方が良いかもしれません。構成が変になるかもしれませんから。普段からそういう文章を書いている人は良いと思いますけどね。だから、そうじゃない人はあまりそういったことは意識しないで書いていくと良いかと思います。

 

あわせて読みたい記事