リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

神奈川大学経営学部の偏差値や難易度は?評判や口コミ、受験科目やボーダーラインについて

【スポンサードリンク】

神奈川大学経営学部はちょっと珍しいんですけど、学科が国際経営学科しかありません。国際経営学科というのは割とよくある経営学部の学科になりますが、国際経営学科のみというケースは非常に珍しいでしょう。経営学科があって、国際経営学科などのもう1つの学科があるということが多いと思うので、神奈川大学では経営学部=国際経営学科ということになっています。その神奈川大学経営学部の偏差値はどれくらいか?というと、だいたい50くらいかな?という感じです。入試方式によっては50強くらいはありそうですけど。したがって、神奈川大学経営学部は偏差値は50くらいになると思われるので、難易度としてはそこまで高くはないということが言えるでしょうか?神奈川大学経営学部のセンター利用入試のボーダーラインを見てみると65%くらいという数字が出ています。これは3科目と4科目いずれもです。65%というと、大東亜帝国の上位大学学部くらいになると思います。

 

神奈川大学経営学部の難易度はそれくらいになるかな?と思うのですが、神奈川大学経営学部はセンター利用入試でも受けることができますから、こういった選択肢もありでしょう。神奈川大学経営学部のセンター利用のボーダーラインは調べるところによって数字が違う可能性もありますけど、パスナビだと3科目が65%で、4科目が64%となっています。このくらいが必要だということになります。そして、神奈川大学経営学部の受験科目について調べてみると、前期と後期に分かれていますが、さらにA方式とB方式にも分かれています。前期と後期のA方式では3科目入試となっており、英語、国語、地歴公民数学です。地歴は公民は日本史、世界史、地理、政治経済で、数学は数Ⅰ、数Ⅱ、数Aの出題となっています。そして、国語は漢文が出ません。現代文と古文のみです。これが神奈川大学経営学部の受験科目のうち、前期と後期のA方式です。しかし、神奈川大学経営学部の受験科目には前期B方式というのもあります。こちらは秋ほど科目から任意の2科目を選択して受験します。したがって、科目数が少ないのが特徴です。しかし、英語に関してはリスニングが入るのでそこが注意点です。

 

しかし、神奈川大学経営学部の受験科目のうち前期B方式は2科目入試となるので、それによって合格率が上がるケースも多くあるのではないか?と思います。英語(リスニングあり)、国語(漢文なし)、地歴公民数学から2科目を選んで受験できるので、非常に受けやすい、苦手科目を受けないで済むという点はメリットに感じるのではないでしょうか?これが?神奈川大学経営学部の一般入試の受験科目です。配点は前期と後期のA方式が350点満点で、前期B方式が200点満点となっています。神奈川大学経営学部を受験する際にはどれを選んで受験するか?というのも重要です。それによって神奈川大学経営学部の難易度も変わってきますから。神奈川大学経営学部に受かりたいという場合には受かるにはどれを選ぶべきか?という入試方式の選択も重要なのです。こういったところが神奈川大学経営学部に受かるには?で考えないといけないポイントですね。そして、神奈川大学経営学部の魅力やメリットについて事前に知っておくとより勉強のモチベーションが上がるかもしれません。神奈川大学経営学部の偏差値などの情報はすでにあるとしても、入った後にどういう学生生活を送るのか?というのが重要ですから。

 

神奈川大学経営学部の評判について調べておくことも重要になります。神奈川大学経営学部の評判を調べるといろいろな情報が見つかります。例えば、国際経営学科ならではということで単なる経営学を学ぶことに終始しない点が特徴的です。神奈川大学経営学部は経営学を中心に異文化や外国語も交えた勉強をしていくという口コミが在学生や卒業生からあります。あとはIT、マーケティング、会計、スポーツにまで範囲は及び、経営学をかなり広くワールドワイドに学ぶことができるという点が神奈川大学経営学部の評判としてはあります。神奈川大学経営学部の口コミとして他にあるのは、立地条件が悪いということです。神奈川大学は横浜キャンパスが有名ですが、経営学部に関しては平塚キャンパスに通うことになります。ここが懸念材料になると思うのです。神奈川大学経営学部の在学生や卒業生の口コミでは、かなり通いづらいみたいです。というのも、最寄り駅からバスを使って長旅になるみたいで、30分以上かかるみたいです。したがって、平塚キャンパスに通うというのは結構交通の便が大変だというのは知っておくと良いと思います。でも、何で文系の中で経営学部は平塚キャンパスなんでしょうね?そこは気になるところですね。

 

神奈川大学経営学部の口コミは自分でも探してみて、神奈川大学経営学部の魅力やメリットなど、あとは大変なところなどを知ってほしいと思います。そのうえで受験を考えていくと良いかもしれません。神奈川大学経営学部の偏差値などを調べることも重要ではありますけど、神奈川大学経営学部そのものについても知ることは重要ですから。神奈川大学経営学部の口コミなども調べておいて、あとはデータ的なものですね。神奈川大学経営学部の倍率や合格最低点なども知っておくと役立つと思います。過去問を解くときなどは神奈川大学経営学部の合格最低点があると便利ですから。神奈川大学経営学部の倍率に関しては他の学部とそこまで変わらないと思いますけどね。神奈川大学経営学部の合格最低点やボーダーラインは赤本などを解いて、自分の合格可能性を知るときに特に有効ですから、調べておけると良いでしょう。あと、受験科目などについても自分でも念のために見ておきましょう。重要なところなので、記載ミスなどがあるかもしれませんから。それに年度が替わると受験科目が変わったりすることもありますから。神奈川大学経営学部を受かりたい人は是非頑張ってください。

 

あわせて読みたい記事