リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

学歴フィルターの基準や境界線で首都大学東京、横浜国立大学、千葉大学、埼玉大学はどうなのか?

【スポンサードリンク】

学歴フィルターは主に私立大学の基準で語られてしまうので、国公立大学はどうなのか?というのが分かりづらいのではないでしょうか?学歴フィルターの国立大学と公立大学のボーダーや基準はどうなっているのか?境界線はあるのか?就活をしている学生ならば多く気になるでしょう。実際、国公立大学も私立大学との比較がある程度はできるはずなので、学歴フィルターの基準として判断ができると言えばできるとは思います。例えば、首都圏で言うならば首都大学東京横浜国立大学千葉大学埼玉大学あたりは気になる人もいるのではないでしょうか?東京大学一橋大学東京工業大学あたりはまず大丈夫でしょうけど、それ以外の大学になると学歴フィルターはどうなのか?というのは気になる人も多くいると思います。国公立大学の学歴フィルターの基準としては、私立大学ほど明確ではないですけど、私立大学ではMARCH以上ならばまず大丈夫だろうということが言われているので、客観的に見てMARCH以上の国公立大学ならば学歴フィルターは問題ないと言えるのではないか?と思うのです。

 

そして、すでに紹介した首都大学東京横浜国立大学千葉大学埼玉大学あたりは学歴フィルターのボーダーや基準としては大丈夫なのか?というと、これらの大学は基本的にはMARCHよりは上でしょう。偏差値やレベルが、というよりは企業の見方として、評価としてですね。埼玉大学が微妙かもしれませんが、残りの首都大学東京横浜国立大学千葉大学は学歴フィルターの境界線よりはまず上にあると言えると思います。この3つは早慶レベルまではいかないが、上智大学くらいはあると言われています。したがって、普通に考えたら学歴フィルターでも問題にならないレベルだと思います。埼玉大学は学歴フィルターの基準やボーダーではどうなのか?というと、これも私の推測ですけど、多分大丈夫じゃないですか?埼玉大学はMARCHぐらいだと思うので。ただ、首都大学東京横浜国立大学千葉大学でも学歴フィルターではじかれる可能性自体はあります。概ね大丈夫だとは思いますけど、一部の大手企業は東京一工と早慶くらいしか採用してないというケースもありえます。そういう企業はかなり稀ではありますが、本当に一部の企業はそういう学歴フィルターになっていることもあるので注意をしてほしいと思います。

 

学歴フィルターは国立大学や公立大学はボーダーや境界線がどうなっているのか?非常に分かりづらいと思います。私立大学に関してはだいたいMARCHや日東駒専というラインが多数派ではないか?ということが言われていますけど、国公立大学の学歴フィルターのボーダーや基準と言うのは本当に分かりづらいです。そもそも学歴フィルターに関しては企業は公開しないので、MARCHや日東駒専という情報もどこまで信憑性があるか?も分かりませんけどね。国公立大学の学歴フィルターのボーダーや境界線も推測の域ということはあらかじめ知っておいてほしいです。確実なことは分からないので、申し訳ないですけどご了承ください。1つの意見として聞いておいてもらいたいです。その推測を含めた意見で言うと、就活における学歴フィルターでは横浜国立大学首都大学東京千葉大学埼玉大学は恐らくボーダーや境界線より上になるケースが多いのではないか?と思います。ただ、学歴フィルターの仕組みも一様ではないと思います。このランクより上は良いが、下は門前払いみたいな杓子定規で行っている企業だけではないのです。

 

学歴フィルターのやり方は企業によって違っていることがあるのです。今言ったように、ボーダーや境界線を設けて、それより下の大学の学生は門前払いというケースもあれば、ランクごとにチャンスの確率を分けているケースもあるので知っておきましょう。というのも、これは一部の企業が使っていると言われる学歴フィルターのやり方になりますけど、Aランク、Bランク、Cランク、Dランク・・・などのように、大学ごとにランク付けがされており、会社説明会の開催のお知らせをA、B、C、D・・・という風に順番に日時をずらして送っていくという仕組みのケースもあるようです。このケースではAランクの大学が1番参加しやすいですね。1番最初にお知らせがきますから。しかし、D楽の大学とかになると、すでにA、B、Cランクの大学の学生にお知らせが届いた後にようやく届くので、自分が参加しようと思ったときにはすでにかなり埋まっている状態にあるということです。つまり、このようなケースでは有名大学じゃない学生はその会社の説明会に参加できない、門前払いというわけではないが、参加できる可能性が極めて低くなっているということになります。最初100からスタートした枠が、自分らのところに届いたときには5くらいしかないかもしれないからです。こういう仕組みで学歴フィルターが行われていることもあるので知っておきましょう。学歴フィルターの仕組みというのはそれぞれの企業によって違っているので、全部が同じと考えない方が良いと思いますし、門前払いされるケースとは限らないのです。こういったところも就活をしながら実践していくと良いのではないでしょうか?

 

就活をするときにはナビサイトを使って行うのが一般的ではですが、ナビサイト結構いろいろなサイトがあるので、あなたがいつも使っているサイトよりもよりメリットが大きいところもあり、そういった存在も知っておいてほしいと思います。例えば、「キミスカ 」というナビサイトがありますけど、ここは従来のナビサイトと違って、企業側が登録している学生を検索し、気に入った学生がいればスカウトを送って、そこから就活をスタートさせるという特徴があります。この変わった特徴により、実は大きなメリットがあるのです。従来のナビサイトは学生が企業を検索し、気に入った会社にエントリーして選考を受けていきますが、企業が学生を気に入るか?どうかは分かりませんし、結果的に学生は自分が受けた会社に関心を持ってもらえず不採用になることも多くあります。したがって、自分に関心を持ってもらうということが就活では非常に重要になります。それが可能になるのがスカウト型のキミスカなのです。というのも、キミスカではスカウトを企業が送らないと始まらないのですが、スカウトが着た時点で会社が自分に少なからず興味を持っていることが確定します。関心を持っていない学生にスカウトは送りませんから、スカウトが着た企業を受ければ、自分に関心を持っている会社を受けることができるのです。

 

自分に対して少なからず関心を持っていることがすでに分かっている企業を受けることができるということは、内定が出る確率が少しでも高い企業を受けることができるので、ここは大きなメリットになります。従来のナビサイトにはないメリットで、スカウト型のナビサイトにしかない魅力となるので、ここはキミスカを利用するとき知っておきたいメリットです。やはり自分のことを少しでも気にかけてくれている企業を受けられるメリットは他のナビサイトにはない大きな魅力なので知っておきましょう。そして、こういったナビサイトは多くの就活生は知らないので、周りのライバルに差をつけることにもつながります。他の学生よりも優位な状況で就活ができると思いますから、そこも大きいでしょう。そして、従来のナビサイトを使っている人はそこを使いながらキミスカを併用することができますから、こうやってタイプが違うナビサイトを組み合わせることで内定を取るにあたってのリスクの分散にもなります。トータルで見るとかなり魅力が大きいと思うので、本気で内定が欲しい人にはおすすめと言えると思います。無料の会員登録をすると利用ができるので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事