リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

箱根駅伝は関東の大学だけはおかしい?関西の大学が出ない、関東だけの大会の是非

【スポンサードリンク】

箱根駅伝が毎年1月に行われますが、正月の風物詩ということで、家の中で、または沿道で応援している人が多くいるのではないでしょうか?視聴率も毎年高くて、多くの国民が熱中しているスポーツイベントと言えますが、箱根駅伝は関東の大学しか出場できません。日本三大駅伝と呼ばれている中で、全日本大学駅伝出雲駅伝は関西の大学も出場できるようですが、箱根駅伝はそれができないのはどうしてか?関西の大学も出場を認めるべきではないのか?ということが度々話題になります。今年も優勝した青山学院大学の原監督が同様のことを言っており、箱根駅伝は関東だけではなくて、関西にも出場を認めれば、日本の長距離界のレベルアップにもつながるということを語っていました。箱根駅伝については、そういった思いを持っている人が多くいるということが言えます。この日本三大駅伝の中で、1番注目を浴びているのは恐らく箱根駅伝だと思うのです。関東の大学しか出られないある種のローカル大会が全国大会よりも注目を浴びるというのは、例えば、高校野球の甲子園よりも地方予選の大阪大会、神奈川大会、東西東京大会などの方が注目されているといった状況に例えられるかと思います。

 

実際、甲子園よりも地方大会の方が注目されているということはないかもしれませんけど、駅伝の場合にはそういう状況になっているのです。でも、どうしてそういうことになったのでしょうか?箱根駅伝は関東の大学だけというのはずっとそうなっているわけですけど、関西の大学が出ない理由は出場が認められていないからということになります。そのうえで関西の大学が出ないのはおかしいという意見を持っている人もいます。しかし、反対に関東の大学だけで良いという人もいるので、どちらが正しいか?は分かりません。ただ、箱根駅伝に関西の大学が出ないのを肯定する人は、大学のレベルの問題を上げる人が多いです。関西の大学の駅伝のレベルが関東と比べて低いということが言われており、そういう大学が出場するのは望ましくないという理由みたいです。関西出身の陸上をやっている高校生は関東の有名大学に進学する例が多くあるようですが、それは関東の大学じゃないと箱根駅伝に出られないからが理由と推測する人もいて、箱根駅伝に関西の大学が出ないという状況が改善されれば関西の大学にも有力選手が多く集まって、関西の大学の駅伝のレベルも上がるという人もいます。

 

それに仮に関西の大学のレベルが関東よりも低いとしても、箱根駅伝は予選会があるので、その予選会を突破できなければ本戦には出場できません。そうなると、実力が劣る大学は関東、関西関係なく出場できないので、箱根駅伝自体のレベルが下がることはないのです。逆に予選会を勝ち上がって本戦に出場したならば、予選会で下したチームよりはレベルが高いと言えますし、箱根駅伝に出場するレベルにはないとは言えないとなります。したがって、大学のレベルの部分は箱根駅伝が関東だけに限られないといけない理由にはならないという人も多くいます。ただ、箱根駅伝はずっと関東の大学だけで行われてきたのだから、そういう大会なんだという見方をしている人もいます。箱根駅伝のような関東ローカルの大会があってはいけないのか?というと、そんなことはないでしょう。サッカーで言えばユーロとか、チャンピオンズリーグなどはヨーロッパだけの大会になりますから。サッカーの場合にはそれぞれの世界の地域で別の大きな大会もありますし、クラブワールドカップなどもあるので、ユーロやチャンピオンズリーグを補完する大会があるといえばあるのです。しかし、駅伝の場合はどうか?というと、全日本大学駅伝出雲駅伝がそれにあたるのかな?と思いますが、この2つは全国大会だと思うので、補完ではないかもしれない。あくまでも関西限定の大会があれば、それは補完になると思いますけど。

 

実際、関東の大学関係者は箱根駅伝の全国大会化には反対の姿勢の人が多いかもしれないです。それは出場可能なチームが増えることで、自分の大学が出場できる確率が下がりますから。関西の大学関係者がどう考えているのか?は非常に気になりますが、今後も箱根駅伝が関西の大学が出ないという状況は恐らく変わらないと思います。やるべきなのは箱根駅伝の全国大会化ではなくて、全日本大学駅伝出雲駅伝の注目度のアップではないか?と思います。権威を高めていくって言うんですかね?それはメディアの力なども借りないといけないかもしれませんが、箱根駅伝が関東だけというのは今後も継続されるでしょう。関西の大学の出場が可能になるというのはあまり想像できないです。箱根駅伝は今後も関東だけの大会として存続していくと思われます。ただ、個人的に思うのはもう少し多くの大学が見たいかな?というのがあります。箱根駅伝は毎年20チームほど出られますが、予選会にはかなり多くのチームが出ています。箱根駅伝は全く見ないような大学も出場しているのです。そういう滅多に見られない大学を少しでも見たいというのが個人的にはあるんですよね。ただ、そうなると先ほど言ったように箱根駅伝の大会のレベルにもかかわってくるので難しいとは思いますけど。トップのチームと最下位のチームの実力差があまりにかけ離れていると、盛り上がりに欠ける部分もありそうですから。サッカーで言うと、ワールドカップのアジアの国の出場枠を減らした方が良いということが、日本人の中でも度々言われていたりしますから、大会辞退のレベルの問題っていうのも重要なんでしょう。それが権威にもつながっていくと思いますから。関西の大学のレベルを上げて、全日本大学駅伝出雲駅伝の優勝をコンスタントに果たしていくくらいになれば、見方もちょっとは変わってくるかもしれないですけどね。

 

あわせて読みたい記事