読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

龍谷大学の偏差値や難易度は?倍率は区々で入りやすい学部や簡単な学部は?

【スポンサードリンク】

関西の有名私立大学で龍谷大学がありますが、ここは難易度はどれくらいなのでしょうか?関西では中堅大学として知名度が高く、仏教系の大学なのでしょうか?したがって、関東で言うと駒澤大学という位置づけになるかもしれません。偏差値も近いと思いますから。この龍谷大学は学部が結構多いので、学生数も相当います。龍谷大学の偏差値は概ね50~55の間くらいです。学部学科によって難易度が違います。特に龍谷大学で入りやすい学部は宗教系のところになります。駒澤大学みたいに宗教系の学部はないですが、文学部にそういった学科があり、そこは龍谷大学の中でも偏差値は低めです。龍谷大学では入りやすい学部といったらそこが間違いなく該当すると思います。龍谷大学文学部の真宗学科と仏教学科は偏差値が40あるか?ないか?くらいではないか?と思いますから、龍谷大学のその他の学部と比べると難易度はあまり高くないと言えるのではないでしょうか?その他の学部は概ね偏差値が50はないと厳しいといわざるを得ないと思います。

 

龍谷大学の難易度はすでに紹介したところ以外では、そんなに変わらないです。特別難しい学部というのはないと思いますし、簡単な学部というのもないと思います。文学部の歴史学科日本史学専攻とかは偏差値がちょっと高いですが、それ以外はどの学部も50~55ないくらいでしょうか?あとは受験科目とか、倍率や配点などによって龍谷大学の学部後との難易度は変わってくる可能性があります。龍谷大学では文学部、法学部、経済学部、経営学部、社会学部、国際学部、政策学部、理工学部農学部がありますが、偏差値は文系の場合にはほとんど変わらないので、簡単学部もそうはないということを考えると受けたい学部を受けるのが良いかもしれません。龍谷大学で入りやすい学部があるとすれば、それは過去問を解いたときの相性とかまで考慮しないと見出せないのではないか?と思うのです。したがって、龍谷大学の難易度は学部別にはそんなに差がないということが言えると思います。しかし、龍谷大学に受かるにはどういった方法を選ぶか?も重要です。センター利用入試で受ける場合にはどのくらいがボーダーラインになるのか?合格最低点はどのくらいか?というのは目安として知っておくと良いと思います。一般入試以外の選択肢も考えておいた方が良いと思いますから。

 

龍谷大学のセンター利用入試のボーダーラインというのは文系学部でいえば7割前後になっています。龍谷大学では偏差値も割と横並びですけど、ボーダーラインも割と横並びです。龍谷大学のセンター利用入試では中期日程はちょっと高いんですけど、前期日程に関しては7割くらいがボーダーになることが多いです。学科が多い文学部については7割5分以上必要なケースも出てきます。全体を見渡すとどの学部も概ね7割前後が龍谷大学のセンター利用のボーダーラインになっています。龍谷大学を受けるときにセンター試験の出題形式が割と得意な人とか、十分このボーダーラインを越えられそうだという人はセンター利用入試でも受けてみても良いかもしれません。龍谷大学の一般入試の合格最低点はパスナビなどのサイトを調べると見つかる可能性があります。あとは龍谷大学のホームページにも合格最低点は載っているでしょう。そういったものを参考にしてみるのも良いと思います。そして、龍谷大学の倍率はどうなっているでしょうか?こちらも気になると思います。年度によって変わる数字なので参考程度に見てもらいたいですけど。

 

龍谷大学の倍率はというと、センター利用入試はボーダーラインを参考にしてもらいたいので除きますが、一般入試の方はというと、これといって傾向はないです。学部別に結構違っています。龍谷大学って、A、B、Cの3つに分かれていてそれぞれでスタンダードや高得点方式などに分かれていて、入試方式がかなり多いんですよ。学部別にも倍率は違いますが、それぞれの多少奈入試方式ごとにも違っているので、もうこれは説明のしようがない部分もあります。簡単に龍谷大学の倍率について述べると、低いところが2倍くらいで、高いところは10倍を超えるようなこともあります。詳細は龍谷大学のホームページやパスナビなどのサイトをご覧になってほしいと思いますが、ここから何が導き出せるか?というと、受験する学部や入試方式によって受かりやすさが全然変わる可能性があるってことです。倍率がこれだけそれぞれでの学部、入試方式で異なっていると鳴ると、どの学部をどの入試方式で受けるか?によって合否の結果がかなり変わります。しかも、この数字は過去のものなので、今後倍率の傾向がまた変わる可能性があります。倍率をチェックすると龍谷大学の入りやすい学部がなんとなく見えてくるかもしれません。倍率は入りやすさに影響は一応与えると思いますから。ただし、3倍と4倍くらいの違いだったらあまり変わらないかもしれませんけど。3倍と8倍くらい違えばまだしも。龍谷大学の倍率は受験希望者は一応チェックしておくと良いでしょう。

 

龍谷大学は偏差値はそこまで高くないですし、難易度も中堅大学になると思います。しかし、簡単な学部と言えるところはなかなかないですし、真面目に勉強をしないとなかなか受からない大学ではあると思うので、龍谷大学に受かるにはやはり赤本を使って過去問演習をやっていくことが重要になります。参考書や問題集を使って基礎学力を上げるということも重要ですけど、やはり龍谷大学の傾向やレベルに対応した対策も必要ですから。龍谷大学の入試問題のレベルや傾向を確認する意味でも、いずれ赤本はやってみてください。龍谷大学の難易度は特に高いわけではないですが、3科目で偏差値が最低でも50くらいはないと厳しいでしょうし、現実的には53とかそれくらいはあった方が良いと思うので、龍谷大学に入りたい人はしっかりと勉強をしていきましょう。

 

龍谷大学に入りたい人、興味がある人は「スタディサプリ進学」を利用して資料請求をしてみると良いのではないでしょうか?ここでは龍谷大学の大学案内を請求することができます。この大学案内には龍谷大学に入ったらどういう4年間を過ごすのか?についての学生生活に関する情報が特に満載でしょう。龍谷大学での普段の授業はどんなものを受けて、何を学ぶのか?ゼミやサークルの雰囲気はどうか?卒業後の進路はどうか?などの龍谷大学に自分が入ったらどういうキャンパスライフを毎日送るのか?というのが想像しやすい情報が詰まっているでしょう。こういった資料を読めば、龍谷大学に対する理解が深まって、より入りたい気持ちが強くなるかもしれません。また、龍谷大学の入試に関する情報も載っていると思われます。龍谷大学の入試について、必要な科目、配点、募集人数、日程などを学部別、入試方式別などで分かりやすくまとめてくれていると思います。そういったものを見ておけば、龍谷大学の入試についてかなり理解ができるのではないでしょうか?倍率や合格最低点が分かるデータなども載せてくれている可能性がありますから、かなり貴重な大学案内になると思います。スタディサプリ進路のトップページに「龍谷大学」と入れて検索をして、「パンフをもらう」のリンクをクリックすると、必要事項を記入するページになります。そこに入力をして送信すれば、自宅まで届けられると思います。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事