読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

津田塾大学の評判は雰囲気は?立地条件はよくないが授業の魅力やメリットはある?

大学や学部の選び方
【スポンサードリンク】

女子大の中では非常に偏差値の高い、有名な大学と言えば津田塾大学です。この津田塾大学は従来は学芸学部しかありませんでしたが、今度総合政策学部ができて、それが千駄ヶ谷キャンパスで学ぶことになっているのです。津田塾大学は元々小平キャンパスがあったわけですが、それとは別に千駄ヶ谷キャンパスもあって、こちらも結構都心に近いため、人気が出そうな感じです。しかし、どちらがメインキャンパスか?というと小平キャンパスになると思います。総合政策学部は歴史が浅いので、千駄ヶ谷キャンパスについての評判は全然聞きません。これまで多くの学生が学んでいた小平キャンパスについては評判が多くありますから、学芸学部を受ける人はこちらを参考にすると良いと思います。津田塾大学の立地条件の評判としてはそこまで良いものはないみたいです。津田塾大学の小平キャンパスはアクセスがあまりよくないみたいなのです。キャンパスへの行き方はいくつかあるみたいです。西武国分寺線の鷹の台という駅が最寄り駅になっています。これ以外の大きな駅からも向かえるみたいですが、結構時間がかかるみたいです。鷹の台駅からは徒歩8分と書いてありますが、そこまで向かうのが結構大変みたいですから。

 

津田塾大学の学生の口コミでは小平キャンパスはあまりアクセスがよくないといった声があるので、そこが1つ特徴かもしれません。どこから通うか?によりますけど、比較的乗換えが多くなるケースもあるみたいです。そして、小平キャンパスの周辺は閑散としているというか、鷹の台という駅もそんなに大きくないため、何もないという口コミもあります。津田塾大学の小平キャンパス自体は雰囲気は独特な感じです。大学のキャンパスという感じはあまりしないかもしれません。学部が1つしかないので、そんなに広そうな感じでもないです。津田塾大学の小平キャンパスの雰囲気は1度確認しておくと良いのではないでしょうか?千駄ヶ谷キャンパスについては、情報が少ないので評判などは分かりづらいものの、千駄ヶ谷駅や国立競技場前駅、北参道駅などが最寄り駅です。千駄ヶ谷キャンパスの方が都会に近いと思うので、立地条件としては良さそうです。新宿駅にも近いですし、津田塾大学の学生の評判としては千駄ヶ谷キャンパスの方が人気になるのではないでしょうか?総合政策学部を受験する方はこちらの千駄ヶ谷キャンパスになるので、雰囲気などを知っておくと良いかもしれません。津田塾大学オープンキャンパスに行ってみると良いでしょう。

 

津田塾大学は女子学生には人気の大学で、魅力もかなりあるでしょう。女子大の中では知名度も相当ありますし、簡単には入れない大学です。津田塾大学に入りたい人はかなり勉強しないと難しいと思いますけど、魅力がかなりあると思うので、それをモチベーションにして頑張っていけるのではないでしょうか?津田塾大学では、実際どういう学生生活を送っているのか?ということも気になるでしょう。総合政策学部の口コミはほとんどないですけど、学芸学部に関しては口コミが結構あるのでそれも見ていきましょう。少し紹介すると、以下のようなものがあります。津田塾大学の授業内容に関しては評判が結構良いです。人気の高さが窺えます。学芸学部も学科によって学ぶ内容は異なりますけど、国際関係学科は英語教育に力を入れているという口コミもあります。そして、国際関係学科は1年生からゼミがあるという学生の口コミもあります。それ以外の学科ではゼミは1年生からとは限らないみたいですが、少人数の授業が多くあるみたいですね。元々学部が少ないですし、学生の数も多くないため、どうしてもそういった機械は多くなると思います。でも、そこが津田塾大学のメリットや魅力とも言えそうです。がっつり勉強したい人にとっては非常におすすめできる大学と言えるのではないでしょうか?

 

津田塾大学ではキャンパスの立地条件の評判はあまりよくないですけど、授業内容に関しては好意的な意見も多く見られます。面倒見が良い先生が多かったり、厳しい授業もあるという口コミもありますけど、あとは必修が多いという声もありますね。これも学科によるかもしれませんが。必修の授業が多いというのは、どこから多いと言えるのか?という基準も難しいところですけど、そういった授業が多いということは自由に選べる授業が少ないということも意味しています。自分でも津田塾大学の授業の魅力などを知るために口コミを検索してみてほしいと思います。ここに載せたのは一部ですから。自分でも津田塾大学で授業を受けるメリットを考えてみましょう。津田塾大学は持斎に魅力も多くて、人気の大学だと思いますけど自分で体験してみることも大切だと思いますから、津田塾大学オープンキャンパスなどに行っても良いかもしれませんし、自分でインターネットなどで調べても良いと思います。そういったこともしながら、津田塾大学について理解をしていくようにすると良いと思います。

 

津田塾大学に入りたい人、目指している人は「スタディサプリ進路」から資料請求ができるので知っておきましょう。これは津田塾大学の大学案内で、自分が津田塾大学に入学したらどういう4年間を過ごすのか?をまとめてくれていて、日々の授業はどういうものを受けて何を学び、サークルやゼミの雰囲気はどうなっていて、卒業後の進路はどうか?といった情報を主に掲載していると思います。津田塾大学で自分がどういうキャンパスライフを送っていくのか?を想像しやすくなると思うので、今まで知らなかった津田塾大学の魅力に気付けることができたりする可能性もあるので、今まで以上の津田塾大学に入りたいという気持ちが強くなるかもしれません。津田塾大学の大学案内では入試情報についての記載がある可能性もあります。津田塾大学での必要な科目、配点、日程、募集人数などの情報が分かりやすくまとめられているのではないか?と思います。また、過去の入試結果から倍率や合格最低点などの貴重な情報も載っている可能性があります。津田塾大学の受験を考えている人、興味がある人にとっては役立つ可能性が非常に高いと思います。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「津田塾大学」と入れて検索をして、「パンフをもらう」というリンクをクリックすると、必要事項を記入するページに移って、そこで住所や氏名などを入力すると自宅に届きます。無料なので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事