読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

第二外国語でドイツ語を選ぶ理由は?発音や文法の難易度が高い?評判は微妙か?

【スポンサードリンク】

大学に入って第二外国語としてドイツ語を考えている人もいるのではないでしょうか?ドイツ語は結構難しいと聞きます。難易度が高いのです。第二外国語はどれも基本的に難易度は高いですけど、ドイツ語は中でも難しいと感じるかもしれません。第二外国語でドイツ語を選ぶ人はドイツが好きとか、そもそもドイツ語に何らかの魅力を感じている人が多いのではないか?と思います。つまり、積極的な理由でドイツ語を選ぶ人が多いのかもしれないのです。しかし、ドイツ語を消極的な理由で選ぶ人はあまりいない気がします。何でもいいからドイツ語を選ぶという人は少ないのではないか?と思います。それはやはり第二外国語としてドイツ語は難易度が高いということもありますし、ドイツに興味がないのであれば、使用頻度も少ないです。ドイツ語を使うのはドイツ以外にもあります。スイスやベルギーなどが代表的でしょうか?ただ、これらの国は多言語国家で、公用語が1つではないのです。その中の1つにドイツ語があるということなのです。

 

ドイツ、スイス、ベルギーなどの一部の国のみで使われている言語ということなので、どうしても使用頻度は少ないです。そこを第二外国語でドイツ語を選ぶときの評判として挙げている人もいます。有用性を考えるとイマイチなのかもしれないです。英語以外で言うと、フランス語、中国語、スペイン語などの方が使用頻度は高いでしょう。したがって、第二外国語でドイツ語を選ぶ理由があるとすると、やはりドイツやドイツ語などへの魅力を感じているということが中心になるのかもしれません。ただ、ドイツ語はなんとなく格好良いイメージもあるので、それで選んでいる人もいるかもしれないですけどね。第二外国語を選ぶ理由は人それぞれですし、どれが正解と言うつもりはないですが、ドイツ語は難易度が高いと言われているので、どれでも良いと考えている人は選ばない方がいいかもしれません。ドイツ語が具体的にどう難しいのか?というと、スペイン語の難しさに似ているかもしれません。例えば、名詞が男性と女性で分かれているところはスペイン語らしい部分です。ただし、ドイツ語では中性もあるらしいので、そこはさらに厄介です。または動詞の活用の仕方や変化が不規則で理解しづらいとか、挙げればいろいろな難しい部分はあるみたいです。

 

でも、第二外国語でのドイツ語は理系でもとっている人がいるみたいなので、文系だけではなくて、理系にも比較的人気というか、受け入れられていると言えると思います。それだけ第二外国語の中でもドイツ語は評判と言える面もあるわけです。でも、第二外国語で人気なのは中国語でしょう。それに次ぐのがフランス語、スペイン語かな?って感じがします。ドイツ語はほぼ大学でも選べると思うので、第二外国語としてはマイナーではありません。メジャーな分類になると思います。しかし、メジャーな第二外国語だけを集めて、その中で比較するとマイナーな方になるかもしれないです。やはり将来性や使用頻度を意識して選ぶ人が多いと思うので、そういう人はドイツ語はあまり選ばないのかな?と思います。簡単だったら単位がとりやすいとかで人気も出たかもしれませんが、難しいというのが大きいと思います。あとはドイツ語の発音が難易度が高いという声も聞かれます。第二外国語の発音に関しては中国語とかは難しいという印象ですけど、ドイツ語も難しいのでしょうかね?第二外国語としてドイツ語を選んだ人の評判を聞いている感じだと、確かに簡単そうな感じはしません。発音が割としやすいのはスペイン語です。ドイツ語は文法も発音も難易度が高いということで、やはり第二外国語の中ではあまりおすすめできないかもしれませんドイツやドイツ語が好きで積極的な理由がある人は良いですけど、消極的な理由で選んでいる人は他のが良いんだろうなと思います。

 

私は第二外国語でドイツ語を選んだわけではないのですが、他の人の意見を聞いていると難易度が高いということが言えるでしょう。意外と文系のみではなくて、理系も第二外国語でドイツ語を選んでいるということを言いましたが、イメージとして格好良いという部分は確かにありますよね。かっこういいか?どうかの基準は主観ですけど、私のイメージだとドイツ語やフランス語はかっこういい感じがしますけどね。そういうイメージみたいなもので、第二外国語を選んでいる人もいるのではないか?と思いますけど、そうなるとドイツ語は人気なのかもしれないです。単位がとれないと意味がないので、難易度って重要だと思います。第二外国語を本気で極める気がないのであれば、難易度で選ぶのもしょうがないかもしれません。第二外国語でドイツ語は理系でも文系でも選んでいる人はいるということですが、自分でもドイツ語の評判は調べてみましょう。難易度が高いか?どうかのみではなくて、使い勝手はどうか?使用頻度はどうか?などいろいろな角度から、第二外国語のドイツ語の評判を自分でも検索してみてください。第二外国語ではそれぞれ何を選ぶか?で個性なども出るかと思いますけど、1度選ぶと恐らく変更はできないと思いますから、慎重に検討してから選ぶようにしてくださいね。

 

あわせて読みたい記事