リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

国士舘大学の偏差値や難易度は?入りやすい学部は?倍率やボーダーラインは学部ごとに違う

【スポンサードリンク】

国士舘大学を受験するという方、受けようか?と迷っている方もいるかもしれません。国士舘大学はいわゆる大東亜帝国と呼ばれる大学群の一端を担っており、よく國學院大學大東亜帝国に入っているのではないか?という人もいますが、これは違います。國學院大學は予備校とかの扱いではもう少し上のランクで、成城大学成蹊大学明治学院大学あたりと同じグループになることもあります。国士舘大学は中堅大学ということになると思いますが、知名度もかなりあって有名大学になるでしょう。国士舘大学の偏差値は45~50くらいになるのではないか?と思いますけど、学部学科によって難易度が違っています。国士舘大学でも簡単な学部というか、入りやすい学部が存在していて、相対的に難しい学部もあります。どこを受けるか?によって国士舘大学に受かる難易度は変わってくるので注意です。国士舘大学で入りやすい学部は21世紀アジア学部になるでしょうか?ここが偏差値では1番低いと言えると思います。

 

国士舘大学の中では偏差値的には1番簡単な学部になりそうです。割と最近できた学部で、芸能人なども通っているイメージです。変わった学部名になるかもしれませんけど、国士舘大学で狙い目の学部というとここになるでしょうか?逆に1番難しいのはどこになるのか?というと、体育学部は偏差値高いです。どの予備校の偏差値を見るか?にもよるかもしれませんが、私はパスナビという情報サイトを見てみましたが、国士舘大学では1番偏差値が高い学部です。特に体育学部の体育学科が偏差値が高いです。体育学部とか、そういうところはあまり難易度は高くないと思われるかもしれないですけど、国士舘大学といえば体育学部というイメージもあると言えるくらいに有名なので、普通に難易度も高いということになるのだと思います。全部の学科ではありません。体育学科が難しいのです。それ以外の学部はほぼ同じくらいかな?という気がします。国士舘大学では文学部、法学部、政経学部経営学部といった文系学部の偏差値はそこまで変わらないかもしれません。学科まで見て比較をすると変わるケースもあるかもしれませんけど、学部全体での比較ではそこまでではないでしょう。国士舘大学に入りたい人はどの学部を受けるか?決めないといけませんが、体育学部は難しいケースもありますし、比較的簡単なのは21世紀アジア学部と言えるのではないか?と思います。

 

国士舘大学ではセンター利用のボーダーラインを知っておくと良いでしょう。センター利用入試で受ける人もいそうですし。しかし、これも学部学科まで見ると全然数字が違うので、参考程度に見ておきましょう。だいたい6割~7割くらいです。したがって、学部学科によっては6割を越えるくらいでセンター利用入試に受かる可能性があるということになります。しかし、希望の学部学科ということになると最大で7割以上いるケースもあるのです。国士舘大学のセンター利用入試のボーダーラインは毎年変わるので、参考程度に見ておきましょう。国士舘大学のセンター利用入試のボーダーラインはやはり体育学部はやや高めで、7割以上必要なケースが多いみたいです。そして、国士舘大学の受験科目についてですけど、一般入試の話をすると、前期、デリバリーと中期、後期で微妙に受験科目が違います。詳しくは国士舘大学のホームページを見てもらいたいですが、簡単に説明すると前期が3科目で、デリバリー、中期と後期が2科目となっているようです。ちなみに国語は古文と漢文は出題されません。現代文のみとなっているようです。今後変更があるかもしれないので、自分でも最新の国士舘大学の受験科目を学部学科ごと、入試方式ごとに見てもらいたいですが、だいたいこんな感じです。ちなみに体育学部は実技試験が含まれるようです。

 

国士舘大学に入りたい人は偏差値や受験科目、過去の倍率などを参考にして受ける学部学科を決めないといけません。そこで倍率も重要でしょう。国士舘大学の倍率は学部学科により差があります。これも今後変わる可能性があるので参考程度に見てもらいたいですが、21世紀アジア学部は1倍台となっていますから、やはり比較的受かりやすいです。逆に高いところは学部全体で4倍とか、5倍くらいあるので、国士舘大学の中でも難易度は結構差があるというのが分かると思います。厳密に言えば、どの学部学科を受けるか?ということと同時に、どの入試日程で受けるか?によっても倍率は変わってきますから、そこまで注目しないといけないということです。国士舘大学に入りたい人は3科目、または2科目で偏差値が50程度あれば可能性は出てきます。センター利用入試になればボーダーラインは6~7割くらいなので、そのくらいとれれば十分合格が望めるということにもなります。一般入試の方に関しては、国士舘大学の合格最低点もちゃんと見ておきましょう。国士舘大学の合格最低点については大学のホームページやパスナビに載っていると思いますから。合格最低点を見ながら赤本を解くなどする必要もあると思いますし、必要なデータとして知っておくと良いでしょう。国士館大学は偏差値が50あるか?ないか?くらいだと思うので、中堅大学になると思います。簡単とは言えないが、難しいとも言えないというレベルではないか?と思いますから、勉強しないと入れないということはいえても、入るのが難しいということでもないかもしれないのです。感じ方は人それぞれなので、何とも言えませんが、自分の今の学力によって国士舘大学の難易度は変わってきます。国士舘大学に受かるには必要な学力というのがありますし、それは偏差値で測ることもできると思います。実際に過去の入試問題を解いて、合格最低点を越えるか?というところも重要ですけど、最初は目安として偏差値を国士舘大学に受かるレベルにまで上げるというのが必要になってくると思います。

 

あわせて読みたい記事