リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

資生堂に就職の倍率や難易度は高いが激務で忙しい?平均年収などの評判や口コミは?

【スポンサードリンク】

就職活動ではだいたい人気上位になることが多いのが資生堂です。資生堂は誰もが知っている超有名企業ですが、ここに就職する難易度は相当なものでしょう。資生堂への就職の倍率は約500倍とも言われており、非常に難しいです。誰もが知っている大企業なので当然ではありますが、資生堂の就職の難易度が高い理由は大企業だからではないと思います。それなりに働きやすい会社だと思うのです。それが後に説明する離職率などにも表れているのかな?と思います。資生堂への就職の難易度はとても高いですが、それだえ多くが目指す価値のある企業ということが言えるのではないでしょうか?資生堂は忙しいところもあるはずですが、人気になる理由は必ずあるでしょうから。資生堂という企業は就職の倍率が相当高いということで、大学名などの学歴は関係あるのか?というのも気になるかと思いますけど、関係してくる可能性は大いにあるのではないでしょうか?資生堂に就職している学生の大学名を見ると、私立だと早慶上智あたりが多いみたいで、国公立大学も有名なところが多くランクインしているみたいです。一見すると有名大学じゃないと厳しいのか?となるかもしれませんが、どうでしょうかね?資生堂へ就職するには学歴や大学名は重要かもしれませんが、高学歴じゃないと厳しいか?どうかは分かりません。これも結果論なので。

 

基本的に高学歴の学生、有名大学の学生は資生堂などの勇名企業を多く受けると思いますけど、世間一般では高学歴扱いされていない大学の学生はそもそもそんな大手企業を受けても受かるはずがないと、最初に諦めてしまっている人がいると思うんです。そうなると、高学歴の学生は資生堂などを多く受けるが、そうじゃない学生は資生堂などをあまり受けない可能性もあるんじゃないか?と思います。そうなると、有名大学とそうじゃない大学では採用実績に差が出るのは当然なわけです。受けている学生の数が違うならば、採用数に違いが出てくるのは当然で、そこは結果論と言える余地も残っています。真実は資生堂にしか分からないので何とも言えませんが、資生堂に就職するには高学歴の方が良いに越したことはないと思いますけど、有名大学じゃないとダメか?どうかは分からないのです。資生堂は大学名が多少なりとも関係はありそうですけど、そこまで影響するのか?はわからない部分もあるので。そもそも資生堂への就職は倍率が500倍なので、有名大学の学生でも受かる確率を考えたらかなり厳しいです。資生堂への就職の難易度はかなり難しいということをまず知っておくべきです。

 

そして、資生堂の就職に関しての評判も知っておくと良いと思います。例えば、資生堂の平均年収はどうなっているか?というと、約700万円となっています。世間一般からするとかなり高い数字です。男女で違うかもしれませんが、資生堂の平均年収は高いと言える水準と言えると思います。こういったところは資生堂に就職する魅力でしょう。資生堂は部門によっては激務も予想されますが、平均年収が高いというのはやはりメリットでしょう。そして、すでに話しましたが離職率が低いというのが1つの魅力にもなります。資生堂離職率は2%程度らしいので、やはりそれなりに働きやすい企業と言えるのではないか?と思います。離職率が低いという部分をそのまま素直に捉えて良いか?は分かりませんが、離職率が高い企業よりはマシなのではないか?と思います。それ以外の資生堂の評判を見ると、福利厚生がしっかりしているという声もあります。しかし、有給休暇についてはとりやすいという声とそうじゃない声もあります。詳しくは口コミを自分でも調べてみてほしいのですが、資生堂は部門がいくつかもあるはずなので、それぞれによって働いている状況というのは違っていると思います。間違いなく部門によって、資生堂での激務ぶりや忙しい程度が違うと思いますから。大企業は部門が多いので一概にどれくらい忙しいか?は言えませんけど、働く環境によっては激務の可能性はありますし、そこも口コミをチェックすることである程度分かると思います。あとは資生堂の口コミを見る限りでは有給休暇を取りやすいケースもあるということですし、あとは残業などは割とあるが、残業代は貰えるという声もあります。そして、女性からは育児や出産の休みに関しては恵まれているという口コミもあります。女性が多く働いているイメージのある資生堂ならではの魅力になるのではないでしょうか?

 

資生堂に就職すると忙しい面もあるようですが、ある程度働きやすい環境があるだけでも、人気になりやすいのではないでしょうか?資生堂に就職した後のことはやはり口コミなどを詳しく調べておくと良いと思います。激務なシーンもあると思いますし、忙しいと感じる瞬間がどうしてもあると思いますから、そういったことも知っておくと良いと思います。就職後のことは重要なので、評判はしっかりとチェックしておきましょう。どういう企業であっても、働いてみないと分からない部分というのは絶対にあるので、どれだけ調べても資生堂の評判は会社の一部分しか分からないこともあると思いますけど、自分なりにやれることはやってから受けると良いのではないでしょうか?倍率が高いですし、難易度も相当なものだと思いますから、就職するにはかなり難しいと思いますけど、憧れている人が多い企業だと思いますし、資生堂は平均年収なども高いですし、離職率も低いという特徴も一応あります。資生堂であっても忙しい面は間違いなくあるでしょうけど、激務なところはどの企業に入ってもある程度は存在してしまうので、しょうがない部分もあると思います。自分なりに資生堂の評判を調べたうえで、納得したうえで就職を目指して受けていくと良いと思います。

 

あわせて読みたい記事