リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大学を卒業して就職しない!時間持ちになれる隠居生活を望む若者は増えている!?

【スポンサードリンク】

若者の間で隠居を望む声が以前よりも増えていると言われています。隠居って何か?っていうと、お金のかかりづらい地域などに住んで、労働などに従事せずに暮らすスタイルのことを指しています。通常は定年退職をした高齢者がこの概念に当てはまることが多いとされていますけど、若者でもそういう生き方を選んでいる人が多くなってきているみたいなのです。それこそ大学卒業後に多くが就職をしている中、隠居生活を目指している人がいるくらいですから。ミニマリストという言葉が流行りましたが、お金がかけらなれないという事情もある中で、お金をかけない生活を志向する人たちが増えてきたということなのです。こういった生き方ってどうなの?って思う人もいるかもしれませんが、メリットはあるんですよ。1番のメリットは自由が増えることです。きつい労働をする必要性がないので、あまり贅沢な暮らしもできませんが、趣味がお金のかからないものだったり、贅沢な生活に興味がないという人であれば、こういう生き方をするのは割と可能だと思います。いろいろな人が言っていますけど、普通に最低限の生活をするくらいならば月に10万円あればなんとかなるんですよね。

 

都心に住むともっと必要かもしれませんが、お金のかかりづらい地域ならば月に10万円あれば生活は可能だと思います。そういった収入ならば正社員を選んで毎日きつい労働をしなくても十分達成可能な金額と言えそうです。実際、そこが隠居生活の最大のメリットでしょうから。お金持ちって言葉がありますけど、たいていの人はお金持ちになれないのです。それは正社員として一般的な生き方をしている人もそうで、そこである人は気付くわけです。お金持ちになれるならばなりたいけど、自分はまずなれないと。ならば、時間持ちになろうと思う人がいるのです。時間持ちという言葉はたまに使っている人がいますけど、自由な時間をたくさん持っている人のことを指しています。普通に働いていたら自由な時間はさほどありません。毎日仕事で忙しいという人が多いと思います。でも、稼ぎは少ないが労働時間を少なくすることで時間持ちになるということは割と達成可能だったりします。それこそ、先ほど挙げた月に10万円くらいの稼ぎで良いならば、自由な時間は大分増えるでしょう。金持ちではなく、時間持ちに価値を見出している人が増えてきたということは言えると思います。

 

人っていうのは、どうしても人並みを求めてしまうものだと思うのです。どれだけ辛いと思っていても正社員を多くが目指すのもその1つだと思いますが、人並みの生活がしたいという気持ちはどんどん平均を押し上げてしまいますよね。平均を求める人が増えれば増えるほど、平均を超えようとする人が多くなるわけだから、結果として平均そのものが上がってしまうということになります。オークションサイトで特定の品を落札したいと思う人が多ければ多いほど金額がどんどん上がっていく現象に近いかもしれません。だから、人並みを求めたい気持ちはどんどん、日々の生活を大変にしていくという側面があり、その流れはなかなか止まらない気がします。その中で人並みの生活には興味がないとか、そんなことよりも自由な時間や気楽な生活を手に入れたいと思える人は、こういったミニマリストや隠居生活にかなり向いていると言えるでしょう。隠居生活を勧めているわけではないですけど、1つの道しかないと思わない方が良いと思うんですよね。受験をするときに本命しか受けないって人もいれば、滑り止めを受けるって人もいますし、1つがダメでも別の道があるって人がいるわけなんです。

 

でも、今の世の中って大学を卒業したら就職することがとりあえず正解で、それ以外は間違いの選択肢、失敗の選択しみたいな風潮がある気がします。でも、そんなことは実はなくて、そっちの道の方が実は幸せに生きられたりする人がいるのです。受験の例で言うと、本命に落ちたが、第2志望以下の大学に入ってなんだかんだで楽しくキャンパスライフを送っているという人もいるはずですから。自分が当初望んでいた道のみが正しくて、それ以外は全部間違いとは思わない方が良いと思います。フリーターになることだって私はおかしいとは思わないし、そういう生き方が合っている人だっているはずですから。自分にはいろいろな生き方の選択肢があって、それぞれにいろいろな可能性があると知ることができれば、例えば就職活動が上手くいかなくて、人生おしまいだなんて考えになる人は少なくなると思います。その選択肢の1つとして隠居みたな生活があるわけですが、最近は働いている人でも定年退職を待たずに40代くらい退職して隠居のような生活をしている人もいますし、若者以外でもこういった生き方は増えつつあります。したがって、人生における選択肢を多く持つことは意味があると思うので、そこは知っておいてもらいたいと思います。

 

あわせて読みたい記事